ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 29日

気持ちいい記事。

Excite エキサイト : スポーツニュース

やっぱり日本を応援する立場としては同じ材料でも前向きに捉えた記事を読みたかったので、単純に気持ちいいです。

本番で狙いが的中するかどうかを心配しても仕方ありません。先ずは「迷わずに布陣を機能させようとする気持ち」が一つになれば、それでいいじゃないか、と思っていたので、この記事を読んで安心しました。記事通りであることを信じたいと思います。

そして、本番で布陣が十分に機能することを祈ってます。


最強システム完成だ!『王様のボランチ・中田英』 [ 03月29日 08時05分 ] サンケイスポーツ

 日本代表合宿(28日、さいたま市内)06年ドイツW杯アジア最終予選・30日のバーレーン戦(埼玉ス)に向け、サッカー日本代表はMF中田英寿(28)=フィオレンティーナ=が先発で初めてボランチ(守備的MF)に入る『新3-5-2』布陣を実戦披露した。浦和東高との練習試合で主力組先発の前半はオウンゴールの1点に終わったが、これでもOK! 初めて単独指令塔で中田英と共存するMF中村俊輔(26)=レッジーナ=らは万全を強調。FW陣の決定力向上は急務だが、イラン戦とは違う手応えで勝たなければならない戦いに挑む。
 降りやまない冷たい雨の中、スコア1-0…。前半出場の主力組は、みじめなほどずぶぬれだった。シュートはことごとく枠を外れ、1点もオウンゴール。不安は解消されていない? いや、グッショリ重くした練習着を確信に変えた。
 「オフェンシブハーフということでは、よかったと思う。ボランチではなくてね」。ジーコ監督がニヤリと『ボランチ・中田英』の評価を口にした。イラン戦の敗北から前日までのピリピリムードはなし。表情には自信が回復していた。
 開始9分。俊輔から渡ったボールを、後方から右サイドへ約30メートルのキラーパスを送ったのが中田英。必死に追いついたMF加地がクロスを上げ、FW鈴木と競り合った相手DFのオウンゴールで先制した。
 布陣は3-5-2。昨夏のアジア杯を制し、1次予選を勝ち抜いたあの形だった。もちろん、FW陣の決定力不足は大きな問題。ただ、日本代表でボランチとして初先発する中田英を起点に、2トップに通ったボールは10回以上。これぞジーコ監督の笑顔の源だ。
 「イラン戦前の紅白戦のような混乱は、見てもらって分かるようにないですね」とDF宮本。イラン戦では、FWにボールが渡ることさえ少なかった。バーレーン戦は違う。中田英が中盤の底から右MF、トップ下など盛んにポジションチェンジ。「ボランチではない」とジーコ監督がいう通り、あらゆる位置から厳しすぎるほどのキラーパスを繰り出した。
 俊輔は連動して、中田英と逆の前後左右に動いた。ボランチに下がっても実質的な“王様”は中田英。俊輔は「そりゃあ点は入った方がいいけど、攻めの形ができたことが収穫。ヒデさんが自分の後ろにつくのは初めてだけど、どういうプレーをするか分かった」と守備に忙殺されたイラン戦との違いを生む新コンビに手応えをみせる。
 日本サッカー協会の分析担当者は、バーレーンの守備はボールにつられ、自由に動く選手を見失う傾向があるという。3、4、5バックと変える自在性も確認。想定外の2トップに苦しんだイラン戦の二の舞いの心配もない。自由に動く中田英は、そんな相手にピッタリの存在でもある。
 「とにかく勝って勢いをつければ、いい結果がついてくると思う」とジーコ監督。そう、とにかく勝つこと。1位タイの相手に万が一負ければ勝ち点4差。ドイツは一気に遠のく。そして、勝利を導くのは『王様のボランチ・中田英』しかいない
[PR]

by azatsu0422 | 2005-03-29 20:34 | スポーツ


<< 感情論を闘わせる前に。      「メディアの恣意性」は、読み手... >>