2005年 03月 30日

隠居したんでしょ?

Excite エキサイト : スポーツニュース

平穏な場を引っかき回してでも話題を提供して世間の注目を集めようとする性癖は、性分の自己顕示欲と相まった、旧態依然たるシェアと売上至上主義の民間メディアの職業病のようなものでしょうけど、とにかく鬱陶しくて、疲れます。私のような傍観者でも疲れてしまうだけに、当事者(選手や監督)がお気の毒に思えてなりません。

ポルノサイトで金もうけ?自分でブラウザ開いて確認したの?まさか敏腕記者でならした人が、自分でウラを取らずに他人のコメントでモノを言ってませんか?

かつて、コンプライアンスなんてクソ食らえとばかりに、社会問題になるような強引な勧誘で部数アップをした新聞は、どこ?

報知新聞の駅売り版にHな記事を載せてないの?

かつて「11PM」とか、当時の青少年には十分ポルノになるような、セクシーなコーナーのある番組で深夜番組の視聴率を稼いだのは、どの局?

そういうメディアグループの中核企業のトップは誰だったの?良く言うよ・・・(疲)。

巨人のV逸のせいで視聴率三冠王を奪われた・・・?(疲)

そんな言い方で選手や監督への激励になるの?尊敬できない「肩書きだけ」の人間から権力や威光を振り回して尻叩きされても、受け手の感情には虚しさか憎しみしか無いのでは?

そもそも、巨人の成績と視聴率は完全相関するの?

確かに私も20年前まではTVで巨人戦を観ない夜は無かったし、10年前までは惰性で観ていたけど、今は巨人がどうだろうが観ませんよ。勝ったところで理屈抜きでつまらないもん。結果だけならニュースを観れば済みますし。少なくとも、私みたいな人が1/3位、いそうな気がします。

こういう「ご隠居」が現場を引っかき回すほど、本人と夕刊紙と週刊誌以外の全員がシラけるのです。どうか、お願いですから余生はずっと「鳴りを潜めて」お過ごし下さい。


G救済はやっぱり渡辺前オーナー?激励会で大爆発 [ 03月30日 17時05分 ] 夕刊フジ

 やはり巨人の“主役”はこの2人だった!?

 しばらく鳴りを潜めていた巨人・渡辺恒雄前オーナー&日本テレビ・氏家斉一郎会長コンビが大爆発。清原の開幕4番が確定し、落ち着いたかにみえたムードが、一気にひっくり返った格好だ。
 29日に行われた巨人軍激励会。あいさつに立った渡辺前オーナーは、「凶悪事件が増えており、中国からは蛇頭(じやとう)が来ている。(清原のようにダイヤモンドのピアスなどをしていると)耳ごと盗まれる心配がある。清原君は強そうに見えるから、暴力団の方が逃げちゃうけど、高橋(由)君や元木君のように優しい顔をした選手は、ご注意いただきたい」とブチ上げた。
 はっきり言って、ハチャメチャである。シャレにもなっていない。渡辺前オーナーが清原のピアスを快く思っていないことだけは、はっきりわかる。かつて、中村紀洋(当時)獲得に乗り出した際、ノリの金髪にケチを付けたときと、前オーナーの思考は変わっていないらしい。
 渡辺前オーナーは話しながら、清原に視線を送ったが、番長はこわばった表情でシカト。キャンプからここまで機嫌よく過ごし、開幕4番も確定的で、いざスタートダッシュをかけようとしたところで、冷水を浴びせられたようなものだろう。
 さらに、「ポルノサイトで金もうけするような人間をオーナーにしないために、三木谷さんの楽天に来てもらったわけで、拝金主義者を排除してよかったと思っている。だから、楽天にはエールを送りたい」と、持論のライブドア・堀江社長批判を展開した。
 散会後も報道陣を前に、「もしレンタル移籍の制度があれば、(楽天に巨人の選手を)貸したいくらいだよ。各球団から1人ずつ貸すとかさ。楽天を勝たせるためなら、あらゆる努力をしたいけど。八百長はできないからなあ(当たり前です!)」と続けた。
 乾杯のあいさつを務めた氏家会長も、強烈だった。「われわれは10年間、視聴率三冠王としてテレビ界に君臨していたが、去年はホリエモンと四つにわたったテレビ局(フジ)に奪われた。三冠王に返り咲けるかどうかは、一つにかかっている。ジャイアンツが優勝するかどうかだ。巨人が優勝して、日本テレビが浮かび上がる」と語気を強めた。
 昨年は、V逸と、巨人戦中継が史上最低の平均視聴率12.2%に落ち込むのとがリンク。緊迫感が漂う開幕直前に、視聴率アップという重い十字架を改めて背負わされたようなものだ。
 この2大巨頭の存在、G党にとっては、はた迷惑のような、やっぱりこの2人がいないと始まらないような…。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-03-30 18:11 | スポーツ


<< ホッとしました。ひと安心…。      サッカー報道をバッシングしたい! >>