ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 01日

天才が一人いても、チームは強くならない。

Excite エキサイト : スポーツニュース

私はサッカーのこと良く知りませんが、「一人じゃ、サッカーは出来ない。」ってことなんでしょうね。

素人評論で恐縮ですが、中田選手って、「物凄く性能がいいけど、スィートスポットが狭くて使い手を選ぶマシン」って印象があります。えてして、プロ好み、玄人好みなんですが、なかなか開花しにくくて安定した結果を出しにくいツールって、ありませんか?聞いた話の受け売りですが、「ストラディバリウスは名器だが、本来の音を十分に出すには弾き手を選ぶ、とても難しい楽器である。」とのこと。…そんな感覚です。

中田選手の持ち味が存分に発揮されるようなメンバーばかりのチームになるか、中田選手がパフォーマンスの低下を覚悟してでも、スィートスポットを広げてチームの現実に対応するのか?・・・そんな判断なのでしょうね。少なくとも、そんな彼がチームをキャプテンとして仕切るのは、彼自身にとって重荷なのだと思います。


中田、勝ってなお苦悩…チーム“まとめ役”も孤立一途 [ 03月31日 17時05分 ] 夕刊フジ

 決勝点はオウンゴールによる幸運なものだったが、ジーコ監督は「強いプレッシャーをかけ続けたことで生まれたもの。皆の気持ちが乗り移った立派な1点だ」と話した。監督更迭の可能性もあった窮地のバーレーンを1-0で下し、日本がW杯アジア最終予選で貴重な勝ち点3を加えた。ジーコ監督が胸を張ったように、後半の選手の闘志には、中田英寿(フィオレンティーナ)を中心に目を見張るものがあった。だからこそ、ジーコジャパンは今後に「中田問題」という大きな禍根を残した。
 前半の日本代表は寝ているようだった。前半だけでCK6本、FK14本。セットプレーを蹴る中村のキックはことごとく跳ね返され、何も起きなかった。だが、後半は左の三都主(浦和)が前に張り続け、右の加地(F東京)が突破を繰り返し、バーレーンのロングフィードには中沢(横浜M)がことごとく空中戦に勝った。
 FWの決定力不足だけがそのままだったが、明らかに選手の目の色が変わった。ジーコ監督はハーフタイムに技術的なアドバイスしか送らなかったというから、選手個々の「勝たなくてはW杯に行けない」という自覚が意識を変えさせたのかもしれない。変身をリードしたのは、ボランチで福西とコンビを組み、2人で襲い掛かるような激しい守備を見せた中田の体を張ったプレーだった。
 象徴的なシーンは、試合終了間際だった。中村(レッジーナ)が“軽いプレー”でボールを失うと、三都主が「とられるな!! この野郎!!」と叱責し、中村が言い返して一触即発の状態になった。これも興奮状態ゆえの衝突だったが、中村の頬をなで、間に入って収めたのは中田だった。
 三都主は「一方的に怒った。キレた。言った後はすっきりしたけど言い過ぎた」と反省したが、仲裁役やそのプレーぶりでチームを鼓舞した姿といい、やはり中田のチームであることを実感させた。
 だが、中村が単独司令塔に入った3バックシステムでは、この日のバーレーン戦を含めて昨年5月から13戦負けなし。オウンゴールの起点も中村のFKだった。中田、中村をトップ下に両立させたイラン戦に敗れ、ジーコ監督は改めて「イラン戦の4バックは中盤を変えるためではなく、あくまで3バックの1人、田中(磐田)が出場停止だったから」と話し、今後は3バック、中村の1人司令塔にシステムを固定するつもりらしい。ボランチの本職、小野(フェイエノールト)の出場停止が解ければ、中田の居場所はなくなってしまう。
 ジーコ監督は「中田はどのポジションでも全身全霊をかけて戦うことができる。彼のような選手がもっと生まれれば、日本はさらに強くなる」と話したが、会見でボランチが中田にとってベストのポジションであったかを問われると、「あなたはボローニャでボランチに入った中田を見たことがあるか」と激昂した。中田の使い方が最も大きな問題であると、指揮官も感じているのだろう。
 かつて中田とプレーした元代表選手は「彼をフォローできる選手が今の代表にはいないから、彼が苦しんでいるのが手にとるようにわかる」と話す。イラン戦から帰国するテヘラン空港では、中田がチームメートから離れ、元代表主将の井原正巳氏と長く話し込む姿があった。
 「サッカー観が違いすぎる」「マスコミへの対応もひどすぎる…」。かつてはタブーだった“王様批判”もチーム内で公然となされている。中田は孤独だ。「どういう形であれ、勝って終われてよかった。次もその次も厳しい試合になる」と中田は話したが、彼が頑張れば頑張るほど苦悩は深まるようにみえる。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-01 13:30 | スポーツ


<< 公共放送の経営陣は、無報酬で働...      メディアの食いモノにされてる。 >>