2005年 04月 02日

25本で宇宙旅行?

Excite エキサイト : スポーツニュース

新庄の実力と立場なら、25本塁打というのは「挑戦目標」というより「必達目標」。これに宇宙旅行をプレゼントするとは、HISさん余裕あるんだなぁ。プレゼントしても話題性やシナジー効果で十分に宣伝効果があるということでしょうね。


新庄ド派手1号満塁弾…勝利に届かずも納得の一発 [ 04月02日 08時05分 ] サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、日本ハム5-7オリックス、1回戦、オリックス1勝、1日、札幌ドーム)プリンス新庄が魅せた。六回一死満塁。ルーキー光原の138キロ、真ん中ストレートを豪快にひっぱたく。バットを天に突き上げるお決まりのフォロースルーもばっちり。打球は弾丸ライナーとなって、左翼ポール際中段に突き刺さった。
 今季1号が、ド派手な満塁弾だ。勝利には一歩届かなかったが、ワンサイドの試合にうんざりのファンにチケット分の満足感を与える一撃。負け試合ではほとんどコメントしないプリンスも、納得の一発に、広報を通じて思わず絵文字コメントを繰り出した。
 まさに汚名返上弾となった。26日のソフトバンク戦(ヤフードーム)、28日の西武戦(札幌ドーム)では、いずれも満塁で凡退。過去、日本で5本、メジャーで2本のグランドスラムを放った“満塁男”が、今季“3度目の正直”で、ファンの期待に応えた。
 「そろそろ1本打ちたいな」
 実は、試合前に控えめながらアーチを予告していた。フリー打撃でいい感じをつかむと、通常はフリー前にしか行わないロングティーを敢行。1号満塁弾を予告するかのように、左翼ポール際に3発ほうり込んでいた。
 宇宙旅行へのカウントダウンも始まった。CM契約を結ぶエイチ・アイ・エスは、新庄に“今季25本塁打で宇宙旅行をプレゼントする”と約束。その第1歩が満塁弾となり今後に弾みもつく。
 七回の守備につく際、沸き起こった“ツヨシ・コール”に、右手を4度突き上げガッツポーズしたプリンス。第2号は絶対に勝利に結びつけるつもりだ。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-02 11:31 | スポーツ


<< ホッとしました。勢いが続きます...      「再評価」っていうか・・・。 >>