ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 27日

郵政族議員は自民党に不要となった。

郵政族議員は、郵政関係者の既得権を守るために選ばれた人たちですから、郵政民営化法案を葬るのが仕事なので、愚直に仕事をしているのだと思います。

でも、党の総裁が民営化を掲げて就任した時点で、自民党にいながら民営化阻止の使命を果たすことに自己矛盾が生じたわけです。

そのような自己矛盾を4年間も続けておきながら、今さら「小泉強権政治」やら「強引な政治手法」と評する筋合いじゃないでしょう。4年間の間に離党を含めて身の処し方に筋を通すべきでした。しかも、先日の選挙で郵政票がなくても自民党は勝てることが判ったのですから、自民党にとっても郵政族議員は邪魔なだけです。


午後の閣議決定目指す 郵政法案で政府与党協議会 [ 04月27日 07時03分 ] 共同通信
Excite エキサイト : 政治ニュース

 政府、与党は27日昼、郵政改革に関する協議会を首相官邸で開く。自民党は協議会での郵政民営化関連法案の了承を受け、政調審議会と総務会を午後に相次いで開催し、国会提出へ了承を取り付ける方針。政府は同日中に臨時閣議を開き、法案の閣議決定を目指す。
 協議会には竹中平蔵郵政民営化担当相ら関係閣僚と自民、公明両党の幹事長、政調会長らが出席し、同法案に関する合意文書に署名。小泉純一郎首相が、今国会の会期内成立に向けて協力を要請する予定だ。
 一方、自民党の民営化反対派でつくる郵政事業懇話会も27日昼に総会を開き、政府案に反対する姿勢をあらためて確認する見通しで、党内の対立は一段と激化している。
 自民党の郵政改革合同部会は26日夜、法案骨格をめぐる政府との修正合意を確実に実現することを前提に関連法案を了承した。


自民部会が郵政法案了承 修正実現を前提 [ 04月27日 00時04分 ] 共同通信
Excite エキサイト : 政治ニュース

 自民党は26日夜、党本部で開いた郵政改革合同部会で、郵政民営化関連法案について、骨格をめぐる政府との修正合意を確実に実現することを前提に了承した。27日午後の臨時総務会で法案提出の最終的な了承を得る方針で、これを受け政府は同日中に閣議決定する構え。4月中の法案提出は確実な情勢となったが、郵政関係議員の反発は根強く、国会審議での対立再燃は必至だ。
 公明党は26日の政調全体会議で国会提出に向けた対応を党執行部に一任、事実上、法案を了承した。
 自民党の合同部会には竹中平蔵郵政民営化担当相も出席。民営化関連6法案の全文を提示し、理解を求めた。法案には日本郵政公社を4分社化し、持ち株会社は民営化から10年間の移行期間中に、郵便貯金銀行と郵便保険会社の全株式を売却することや、金融のユニバーサル(全国一律)サービスを維持するため基金を設置することが盛り込まれている。


<郵政法案>「一部修正」前提に了承へ 自民合同部会 [ 04月26日 21時46分 ]
Excite エキサイト : 政治ニュース

 自民党は26日の郵政改革関係合同部会(園田博之座長)で、郵政民営化関連法案について「一部修正」を前提に了承することを決めた。園田氏は席上、政府と党執行部が25日まとめた合意文書について「法案、省令、政令に反映させる」と発言。対応を座長に一任するよう求め、事実上質疑を打ち切った。執行部は27日の総務会で最終的な了承を得る考えだが、反対派は猛反発しており、混乱は必至の情勢だ。政府は党の了承が得られれば、同日中に法案を閣議決定する。
 園田氏は終了後、与謝野馨政調会長らとともに渡辺好明・郵政民営化準備室長を党本部に呼び、合意文書の内容に基づき27日までに法案を修正するよう指示した。合意文書にある、民営化会社の経営状況などを3年ごとに検証し、検証結果を「国会に報告する」との記述について、「報告」の文言を修正し国会の関与をより強めることが検討されている。
 政府側は合同部会で初めて法案の全容を提示したが、反対派は合意文書の内容が、法案にほとんど盛り込まれていないことに反発。竹中平蔵・郵政民営化担当相は「国会答弁や政省令で対応する」と理解を求めたが、反対派は「(法案の)条文で書かれなければ信用できない」と批判した。
 園田氏は午後10時半ごろ「時間がない。法案修正を前提に部会として了解したい」と宣言し、議論を打ち切った。
 反対派は合同部会終了後、民営化法案への対応について(1)党議拘束がかかっても自主投票する(2)郵政事業懇話会(綿貫民輔会長)が同法案の対案として策定した「日本郵政公社改革法案」を独自に国会に提出する――ことを確認した。【尾中香尚里】


自民が法案了承手続き 政府は27日閣議決定方針 [ 04月26日 19時40分 ] 共同通信
Excite エキサイト : 政治ニュース

 自民党は26日夕、党本部で郵政改革合同部会を開き、郵政民営化関連法案の了承手続きに入った。党執行部は27日午後の臨時総務会で4月中の法案提出を最終的に了承する方針で、部会の議論もそれまでに決着させる考え。政府筋は同日中に閣議決定する考えを示したが、郵政関係議員の反対姿勢は依然として強硬で、28日にずれ込む可能性もある。
 公明党は26日の政調全体会議で国会提出に向けた対応を党執行部に一任、事実上、法案を了承した。
 自民党の合同部会には竹中平蔵郵政民営化担当相も出席。民営化関連6法案の全文を提示し、理解を求めた。法案には日本郵政公社を4分社化し、持ち株会社は民営化から10年間の移行期間中に、郵便貯金銀行と郵便保険会社の全株式を売却することや、金融のユニバーサル(全国一律)サービスを維持するため基金を設置することが盛り込まれている。


閣議決定は27日以降に=郵政民営化法案で首相 [ 04月26日 13時07分 ] 共同通信
Excite エキサイト : 主要ニュース

 自民党は26日午前、武部勤幹事長ら幹部が国会内で郵政民営化法案の党内手続きについて協議し、法案を諮る総務会の同日中の開催を見送る方針を決めた。これにより法案の閣議決定は27日以降にずれ込むことになった。この後、首相官邸で武部氏の報告を受けた小泉純一郎首相は「もう少し動きをみよう」と党内手続きを見守る考えを伝え、閣議決定の先送りはやむを得ないとの認識を示した。
 幹部協議では27日午後に臨時総務会を開き、法案を最終的に了承する段取りとともに、それに先立ち郵政改革合同部会、政調審議会の党内手続きを順次進めていく方針を確認した。
 首相は同日午前、官邸で記者団に「相変わらず反対が強く、執行部もてこずっているが、懸命な努力をしている。努力を見守りたい」と述べた。


党の努力を、政府も重視してもらいたい=郵政法案で自民幹事長 [ 04月26日 12時55分 ]
Excite エキサイト : 経済ニュース

 [東京 26日 ロイター] 自民党の武部幹事長は、きょう中の郵政民営化法案閣議決定について政府の意欲が強いことに関して、「今、執行部や郵政関係合同部会が真剣に取り組んでいる。このことを政府としても重視してもらいたい」と述べた。
自民党役員連絡会終了後の記者会見で述べた。
政府・自民党5役は25日に郵政民営化法案について基本合意したが、自民党郵政改革関係合同部会での了承が得られず、党内手続きが滞っている。
しかし、今朝の閣議後の記者会見で細田官房長官は、郵政民営化法案の閣議決定は明日にずれ込む前提で考えていないと述べ、26日中の閣議決定を目指す方針に変わりがないことを明らかにした。
政府方針に対して、武部幹事長は、合同部会での意見集約に努力しており、「政府も理解してもらわなければならない」と述べ、官邸への配慮を求めた。
さらに「最終的には法案成立が大事で、できるだけていねいに合同部会での意見集約を図っていくというのが、政調会長らの考え方だ。(われわれ5役も)バックアップしている。時間がかかっても、今日中にまとめる努力をしてもらいたい」と述べ、午後5時からの合同部会での法案了承に期待を示した。
一方、民営化反対派が党議拘束をかけるべきではないと主張していることについては、「(民営化は)自民党の政権公約だ。きちんと党内でまとめて、決まったことには、それに沿って参加してもらうということでしょう」と述べた。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-27 08:09 | 政治


<< ローズに同情。辞めるのはフロント。      カネの落ち方は、結局は同じ? >>