2005年 07月 28日

良かった!昇格して欲しい!

野茂投手がヤンキースに昇格してRジョンソン投手と刺激し合い、目の覚めるピッチングで往年の「ドクターK」が復活して、野茂投手の投げる試合で松井秀選手がホームランを打って、ヤンキースがワールドシリーズを制したら・・・そんなドラマチックな展開を期待しています。


野茂不安のヤ軍入り…トーリ監督「様子みてから」 [ 07月28日 17時05分 ] 夕刊フジ
Excite エキサイト : スポーツニュース

 【ニューヨーク27日=久保木善浩】デビルレイズを解雇された野茂英雄投手のヤンキース入りが決まった。27日、ヤンキースがマイナー契約を結んだと発表。マイナーでの登板を経てメジャー昇格を目指すことになるが、トーリ監督は「チームの助けになってくれれば」と話した。コマ不足に泣く先発陣強化に期待は高まるが、デビルレイズで結果を残せかなった野茂がヤンキースで再生できるのか、不安は残る。
 野茂は6月に日米通算200勝を達成したが、デビルレイズの若手切り替え策の影響で16日に戦力外通告を受け、25日までに申し込みがなく解雇された。しかし、期待されたパバーノやライト、ブラウンの戦線離脱で先発が手薄になったヤンキースが、ベテラン右腕に白羽の矢を立てた。
 試合前の会見でトーリ監督には野茂に関する質問が集中し、「うちのチームの助けになってくれるといいね」と期待を寄せた。一方、チームは30日の先発投手が未定のままだが、「(野茂が)30日に投げる予定はない。10日以上も先発していない投手だからね。見てみないと分からないが、マイナーで登板してから様子をみることになるだろう」と話した。
 これで松井と野茂が同じフィールドに立つことになりそうだが、指揮官は2人について「松井はあまり感情を表に出さないが、ユーモアのセンスはある。野茂はメジャーで成功している選手だ」と比較してみせた。
 メジャーの大先輩を同僚として迎えることになった松井は、「今シーズン、先発投手のケガが多いので、野茂さんが助けてくれるような形になればうれしいです」と、指揮官同様に期待を寄せている。
 野茂は今季19試合に登板して5勝8敗、防御率7.24と不本意な成績だった。しかし、ア・リーグ東地区最下位のデビルレイズから強打のヤンキースに移籍すれば、勝ち星が増える-との見方は果たして的確なのだろうか。
 登板した際、味方がどれほど援護してくれたかを示すラン・サポート(RS)という数字がある。野茂のRSは6.08で、戦力外通告を受けた当時は、実にメジャー全投手中15位という高い数値を示していた。ヤンキースの1試合平均得点は5.34。野茂は新天地で以前のチームより少ない援護での戦いを強いられる。いずれにしても背水の陣という状況に変化はない。


MLB=野茂、ヤンキースとマイナー契約 [ 07月28日 12時53分 ]
Excite エキサイト : スポーツニュース

c0019485_13144798.jpg 7月27日、米大リーグ、ヤンキースは野茂英雄投手(写真)とマイナー契約を結んだと発表した。6月撮影(2005年 ロイター/RAY STUBBLEBINE)

 [ニューヨーク 27日 スポーツネットワーク] 米大リーグ(MLB)、ヤンキースは27日、右腕の野茂英雄投手とマイナー契約を結んだと発表した。
 野茂は16日に所属先のデビルレイズから戦力外通告を受けていた。
 野茂は今季これまで19試合に登板し、6月には日米通算200勝を達成したが、5勝8敗、防御率7.24と振るわなかった。(ロイター)



野茂の経験と成功に期待 背景にヤ軍の先発投手難

 新興球団を解雇された野茂が、大リーグきっての名門球団と契約した。その背景には、ヤンキースの苦しい投手事情がある。
 現在、ヤンキースで故障者リスト入りしている先発投手は4人もいる。今季、1試合でも先発した投手は12人にも上る。今後、ア・リーグ東地区でライバルのレッドソックスと首位争いをしていく上で、補強は急務だ。それ以上に先発投手のやりくりを何とかしなければならない現状がある。
 しかし、10日以上試合から遠ざかっている野茂にすぐ、というわけではない。マイナーでの調整ぶりを見た上で決める問題で、同監督は「故障者リストに入っているようなもの」とも認識している。 野茂には先発陣の穴埋めが期待されているのだろう。トーリ監督は野茂についての話題になると、最近補強したベテラン左腕ライターを引き合いに出し「成功を収めているし経験もある」と期待を込めた。
 「野茂さんが助けてくれるような形になれば、うれしい」という松井秀のせりふが現実のものになるのか。数々の苦難を乗り越えてきた「トルネード右腕」の底力が名門を救うのか、注目される。
(共同)(了) [ 共同通信社 2005年7月28日 10:35 ]


Excite エキサイト : スポーツニュース

野茂がヤンキース入り マイナー契約 [ 07月28日 09時10分 ] 共同通信

 【ニューヨーク27日共同】米大リーグ、ヤンキースは27日、野茂英雄投手(36)=前デビルレイズ=とマイナー契約を結んだと発表した。今後、傘下の3Aコロンバスに合流し、調整登板を経てメジャー昇格を目指す。昇格すると、ヤンキースには松井秀喜外野手と2人の日本人選手が所属することになる。
 野茂は今季、全般的に振るわず、19試合に登板し、5勝8敗、防御率7・24。チームの若返り策もあって、デビルレイズから16日に戦力外通告を受けた。他球団からトレードの申し込みもなく、保有権の放棄を告知するウエーバーにかけられていた。
 日本から大リーグに挑戦するパイオニアとして活躍し、6月に日米通算200勝を達成した野茂は大リーグ11年目。ドジャースを振り出しに、これで所属は7球団目(延べ8球団)になる。
 ヤンキースは、先発投手のうち4人が故障する事態に見舞われ、今季の残りをカバーする投手の補充を迫られていた。


野茂にヤンキースから白羽の矢!松井秀と“夢タッグ” [ 07月28日 08時05分 ] サンケイスポーツ
Excite エキサイト : スポーツニュース

 【ニューヨーク26日(日本時間27日)】デビルレイズを解雇された野茂英雄投手(36)が、ウエーバー公示される27日(日本時間28日)にもヤンキース入りする。先発2投手が離脱する緊急事態に、救世主として白羽の矢を立てられた。レッドソックスも争奪戦に加わっているが、ヤ軍とのマイナー契約が濃厚。早ければ30日(日本時間31日)のエンゼルス戦(ニューヨーク)に先発する。
 トルネードが、ついにピンストライプに袖を通す。「ヤンキース・野茂」が、27日にも誕生する。
 調査は進めていたものの、ヤ軍が本格的に野茂獲りに動いたのはこの日からだ。28日のツインズ戦に先発予定だったケビン・ブラウン投手(40)が再び腰痛を悪化させ、30日のエンゼルス戦で故障者リストから復帰する見込みだったカール・パバーノ投手(29)も、右肩の回復が思わしくないという報告が届いた。先発投手が2人も離脱。この緊急事態に救世主として白羽の矢を立てられたのが、16日にデビルレイズから戦力外通告をされ、前日25日に解雇された野茂だった。
 代理人の団野村氏は複数のニューヨーク紙に「ヤンキースを含めて4球団が獲得に強い関心をもっている。西海岸の球団とも話をしている」とコメント。ヤ軍のブライアン・キャッシュマンGM(38)も「代理人と接触しているかについてはノーコメント。時間がたてば分かる」と否定はしなかった。
 大リーグ関係者によれば世界王者・レ軍も争奪戦参戦を決めたが、本命はヤ軍だ。ヤ軍のジーン・アフターマンGM補佐は、かつて団氏と一緒に仕事をした仲で、野茂とも面識がある。また移籍先の条件に「プレーオフ出場を狙える球団」を挙げている野茂の希望にも合致する。あとは野茂自身の決断次第だ。
 7月15日のブルージェイズ戦(トロント)以来、実戦から遠ざかっているため、まずはヤ軍とはマイナー契約が濃厚だ。サインをしたら28日にもオハイオ州コロンバスにある3Aかフロリダ州タンパの1Aに移動して調整登板。メドが立てば、30日のエンゼルス戦(ニューヨーク)で先発マウンドに立つ。
 戦力外通告を受けた後も野茂は、メジャーに戻れる日を信じてドジャース時代の本拠地・ロサンゼルスでトレーニングに励んでいるという。かつて大リーグを席巻したトルネードも来月31日で37歳。松井秀喜外野手(31)とのタッグ結成は、悲願の世界一へのラストチャンスになる。


(7/27)野茂、ヤンキース入り・マイナー契約結ぶ

c0019485_1031744.jpg野茂英雄投手〔著作権:AP.2005〕

 【ニューヨーク27日共同】米大リーグ、ヤンキースは27日、野茂英雄投手(36)=前デビルレイズ=とマイナー契約を結んだと発表した。メジャーに昇格すれば、ヤンキースには松井秀喜外野手と2人の日本選手が所属することになる。
 野茂は、16日にデビルレイズから戦力外通告を受け、他球団からトレードの申し込みもなく、保有権の放棄を告知するウエーバーにかけられていた。野茂はドジャースから始まり、これで所属は7球団目(延べ8球団)になる。

 ヤンキースは、先発投手のうち3人が故障する事態に見舞われ、今季の残りをカバーする投手の補充を迫られていた。


野茂ヤンキース入りへ NY地元紙が報じる [ 07月27日 22時13分 ] 共同通信
Excite エキサイト : スポーツニュース

 【ニューヨーク27日共同】米大リーグ、ヤンキースが野茂英雄投手(36)とマイナー契約を結ぶと、ニューヨーク・ポスト紙が27日付で報じた。6月に日米通算200勝を達成した同投手は、デビルレイズの若手切り替え策もあって7月16日に戦力外通告を受け、トレード先を探していたが、25日までに申し込みがなく解雇された。
 ポスト紙は「故障者続出で先発投手不足に悩むヤンキースが野茂と契約する」と獲得理由を断定的に報じた上で「コロンバス(ヤンキース傘下3A)に所属し、少なくとも1試合投げてから、大リーグ昇格が検討されることになる」としている。
 野茂は今季19試合に登板し、5勝8敗だったが、防御率7・24とふるわなかった。野茂は1999年のシーズン前にも、メッツからウエーバーにかけられ、カブスとマイナー契約したことがある。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-07-28 09:56 | スポーツ


<< 参考になる会見。      春夏連続出場か?…と思ったら、... >>