2005年 11月 17日

そもそも今の目標が同床異夢?

今の決定力じゃ気が気でないというか、W杯で上に行くなんて有り得ない…と思いたくなりますが、そんなこと中田英選手をはじめ当事者が試合前から言って来たことで、今さら我々が指摘するまでもありません。アンゴラ戦は懸案の課題が依然として問題だということをハッキリ皆で確認できたということで、それ以上でもそれ以下でもないと思います。むしろ、アンゴラ戦の前に入念に練習していた速攻が上手く機能した感じで、今までになく小気味良い攻撃が嬉しかったです。

さて、今まで当事者と協会、スタッフ、サポーターの全てが一致していた目標は「W杯出場」だったことは疑う余地もありませんが、そもそも今の目標は何なのでしょうか?実はそこがボヤけている気がするのです。戦う目標が同床異夢だったら、絶対に突き抜けられないと思います。実は、ジーコ監督が「ベスト4」とコメントしている以外に、誰も目標を語っていないような気がします。多くの選手にとっては、「ジーコに起用してもらうこと。」が目標なのだと思いますが、「ベスト4のチームの選手と同レベルのプレーをする。」と語った人がいたでしょうか?当事者もサポーターも口にすることすらはばかられる…みたいな風潮があるように思えるのです。

そういう意味で、私はジーコ監督を信じたいと思います。ただのリップサービスでジーコ監督が「ベスト4」と公言するでしょうか?ジーコ監督はベスト4を実現できる潜在力が選手にあると本気で思っているはずです。皆で本気でそう思いませんか?「ジーコに選ばれた選手なんだから、出来るよ!」と、そういう気持ちを選手に伝えるのがサポーターの心意気ってもんじゃないでしょうか。

甲子園に初出場のチームの選手や監督が「まずは一回戦突破。あとは一戦一戦頑張ります。」とコメントして、優勝したことあるでしょうか?実績の無い高い目標を設定することは不遜だと思いませんし、恥ずかしいとも思いません。「日本的な謙虚さ」というより、「自信の無さ」と「逃げ口上」だと思うのです。

ちなみに、巨人の原監督が就任1年目で優勝したとき、「一戦必勝」と言っていましたが、これは話が別です。巨人の目標が優勝であることは大前提で、「優勝して当たり前」というプレッシャーに負けて硬くならないように、「優勝するために、」という言葉を省略していたのだと思います。

内心、「ベスト4なんて、有り得ねぇ~。とりあえず1次突破できれば御の字。」という気持ちが少しでもあると、1次敗退レベルの、それなりのプレーしか出来なくなるのではないでしょうか。「ジーコを信じて、ベスト4」なんて横断幕の応援キャンペーンとか、いいかも?


<サッカー>日本、松井の決勝弾で1-0勝利 アンゴラ戦 [ 11月16日 20時11分 ]

 今年最後となるサッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップ2005の日本代表-アンゴラ代表戦は16日、東京・国立競技場で行われ、日本が1-0で辛勝した。日本は再三、相手ゴール前まで攻め込みながらゴールを奪えなかったが、途中投入の松井が後半終了間際に決勝点を挙げた。
 3-5-2の布陣で臨んだ日本は序盤、稲本が守備に重点を置き、中田英、中村が自由に動いてゲームを作る形で試合の主導権を握った。前半11分には、右サイドからの中村のFKに合わせた高原のヘディングシュートがバーを直撃。同27分にも、左サイドから三都主が上げたクロスボールに合わせた高原の右足シュートがバーを直撃するなど、再三の決定機を生かすことができなかった。
 後半、日本は立ち上がり落ち着いてボールをまわせず、アンゴラに両サイドの崩しなどからシュートまで持ち込まれた。最終ラインが深くなって中盤にスペースを生み、ここをアンゴラに支配される時間帯が続いた。それでも、後半21分に松井、同34分に大黒を投入すると、再び攻撃が活性化。終了間際、右サイドからファーサイドに上げられたボールを柳沢が頭で折り返し、走り込んだ松井が頭で合わせ、決勝点を挙げた。【デジタルメディア局】

Excite エキサイト : スポーツニュース


中田英イライラ笑顔なし…FW陣メッタ斬り「収穫?ない」 [ 11月17日 08時05分 ] サンケイスポーツ

 キリンチャレンジカップ2005(16日、国立競技場)勝つには勝った。しかし消化不良…。好機を演出したMF中田英寿(28)=ボルトン=は、今回もその決定機を生かせなかったチームの現状を厳しい口調で嘆いた。ジーコ監督(52)は就任4度目の年内最終戦を初めて白星で締め、同じW杯出場決定国との対戦を3勝1敗にしたが、まだまだドイツに向けて問題は山積みだ。
 “現場監督”はFW陣をメッタ斬り。“中田節”が再び聖地・国立に響いた。
 「チャンスを作って決めたかったですけど。最後に点を取って勝ったことに意味はあるが、いつもの課題はまだ残ってると思います」。いつもの課題-。それは決定力不足。勝つには勝ったが結局はFW陣のゴールなし。「1本打って入らないなら、100本打っても同じ」と辛らつに言い放った24時間前の警鐘は、やはり鳴り止まなかった。
 前半2分のFW柳沢へのアーリークロス。同7分のFW高原にふわりとしたロングボール。同12分にはゴール左から柳沢に絶妙パス。厳しいほど高速な“中田パス”がFW陣の足下に次々と突き刺さる。しかし、先発2トップの計10本のシュートはことごとくバーやGK正面を突いた。自身のシュートチャンスにもパス、パス、パス。一方で自身は珍しくシュートゼロ。まるでFW陣に「決めろ!」とメッセージを送っているようだった。
 本大会では極端に少なくなる絶好機。W杯1次リーグ同組の可能性もあるアフリカ対策として、ジーコ監督が選択したロングボール主体の攻撃も、最後に決めなければ意味はない。04年のドイツW杯予選開始後、自身最多の代表4試合連続出場を果たして上昇ムードの中田英だが、その“演出”を生かすFWがいなくては無駄にしかならない。
 「僕がどう思おうが1人1人が自覚しないと変わらない。W杯? 考えていない。あしたじゃないんで、試合は…。収穫? ないですね」と言い放ち会場を後にした。まだ7カ月ある。“中田節”を肥やしに、ドイツの地で“実りの夏”を迎えればそれでいい。


やっぱり頼みの綱は中村、中田 [ 11月17日 06時16分 ]

c0019485_1814383.jpg 【日本1―0アンゴラ】後半45分、右サイドで駒野のスローインを受けた中村は、瞬時にゴール前の状況を把握していた。ファーに走る柳沢を視野にとらえて正確なロングパスを送る。このサイドチェンジで相手DF陣を混乱に陥れ、松井の決勝点を生み出した。
 「GKとDFの間に蹴ろうと思ったけどヤナギ(柳沢)さんが見えたので。残り時間はああいうボールを蹴ろうと思っていた」と笑みを浮かべた。
 最後のパスだけが会心だったわけではない。ボランチ中田との連係も意図していた通りだった。これまでは互いが近づいてプレーしていたところを、今回は逆に距離を広げることを意識した。「ヒデさんが前向いてボールをもらった方がいいと思って、わざと下がらなかった。前の方でプレーすることを考えた」
 この中村の狙いがはまり、中田は自由にプレーできるスペースを手に入れる。余裕のボールキープから両サイドへ速いパスを通したかと思えば、前線へスルーパスも繰り出す。長短織り交ぜた正確なボールで日本を操った。「前半は非常にいい流れだった。最後まであきらめなかったから、いい結果になったと思う」と手応えを口にした。
 2人の司令塔の出来にジーコ監督も満足げだ。「ヒデは縦横無尽に動きながらボールを保持していた。中村は彼の持っている独特の感覚で貴重なプレーをしてくれた」と絶賛した。05年最後の試合で、日本代表が新たな可能性を切り開いた。


高原、柳沢2トップシュート10本空砲 [ 11月17日 06時16分 ]

 【日本1―0アンゴラ】寒空を仰ぐしかなかった。9月のホンジュラス戦以来、4戦連続先発でコンビを組んだ高原と柳沢の2トップが放ったシュートは10本。打てども打てども、ネットを揺らすことはできなかった。
 序盤のチャンスのオンパレードは、ため息の連続を生むだけだった。「前半がすべて。惜しいだけじゃ意味がない」。高原が悔やむのは前半11分に頭、同27分には右足でバーを叩いたシーンだ。
 柳沢にも悔しさが残る。終了間際に松井の決勝点を頭でアシストはしたが、4本のシュートはいずれも決定的な場面だった。「(点が)入るチャンスは多かったから、決めていたら楽な展開になっていたと思う。いつも言われていることなので残念」と振り返った。
 2人のコンビネーションは熟成されている。くさびのボールを受ける高原とスペースに走る柳沢でボールをうまく引き出した。柳沢は「お互いの位置を見ながらいい動きができて崩す場面もあった。結果として批判を受けるかもしれないけど」と話し、高原も「シュートまで持っていく形はよかった」と言う。後はフィニッシュだけだが、そこが最大の問題。ジーコ監督は「一瞬のボールをゴールに入れるというどん欲な気持ちが足りない」と強い口調で言った。
 高原も柳沢もチームで先発する機会が少なく、コンディションを上げるために早々に帰国して調整した。特に柳沢は左足首捻挫で出場が微妙とされていたが、超音波などあらゆる治療を取り入れて間に合わせた。
 「来年このポジションにいる保証はない。だから精いっぱい頑張ってつなげたい」と柳沢は言う。この思いは高原にも共通する。だからこそ、結果が欲しかった。
 決定力不足の課題は来年に持ち越された。ジーコ監督の取り入れる練習で一番多いのは戦術ではなく、シュートである。2人だけではなく、すべてのFWに言えること。決めるときに決める。指揮官の強いメッセージを、もう一度かみしめなければならない。
 ≪大黒も不完全燃焼≫後半34分に不発の高原に代わって途中出場したFW大黒が早速見せた。1分後の35分に中央から出た中田の浮き気味のパスを右足でそのままシュート。ゴール左にそれたが、決定的なチャンスだった。「裏を狙うことだけを考えていた。どんな短い時間でも結果を出すことだけを考えている」。結果を残せず不完全燃焼だったが、次はG大阪での優勝争いが待っている。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-11-17 17:46 | スポーツ


<< 暴走なんて流行らない?そういえ...      今までが日本人相場のバーゲンだ... >>