2006年 02月 24日

スケート人生の集大成。

荒川選手の試合前の表情、演技中の表情、金メダルが決まった時の表情、インタビューの表情を、報道を通じて見ていたが、何て美しいんだろう・・・と思った。迷いがなく達観したようなリラックスさと、緊張感が兼ね備わっていて、周りを寄せ付けない緊迫感とは違うけど、とにかく凛としていた。
c0019485_2014349.jpg「あぁ・・・、突き抜けてるなぁ。」と思った。見ている側をリラックスさせるオーラがあった。手に汗握って「頑張れ!」みたいな応援でなく、見ていると、ただひたすら心地良く、美しくて、「うっとり」してしまった。

> 演技中、過去の試合の場面が何度も脳裏をよぎったという。
> 「あそこに行ったな、あんな試合もあったな、という感じで。
> この試合がスケート人生の集大成と思った」。

なるほど、そうだったのかと思った。そうでなくちゃ、あの表情を説明できない気がした。ヘンな表現をお許しいただくと、「天国から自分の姿を見ながら」滑っていた。そういう意味では村主選手には悲壮感があり、安藤選手は必死で、「現世の自分に向き合って」、喘いでいた。

c0019485_21264049.jpg
でも、私は今回出場した日本選手3人の演技の中で村主選手が一番好きだ。目元と眉毛の表情、全体が醸し出す豊かな情感が素敵で、感極まって涙を誘うものがあった。ただ、オリンピックは芸術コンクールじゃなかった。
で、そうは言いつつ実は先シーズンから安藤選手を心配していた。早咲きで派手なビジュアルと無邪気な表情がメディアの餌食にされて、潰されてしまうのではないかと気が気でなかった。バンクーバーまでの間に荒川選手の境地に行き着いて欲しい。荒川選手ほど「クール」じゃなさそうだから、自ら寄り道したり、何かにハマってコケるのが心配だ。浅田真央選手が既に来ている。浅田選手の陰になって忘れられるようなことになって欲しくない。
c0019485_21323631.jpg








<フィギュア>周りに流されてきた自分と決別…頂点へ 荒川 [ 02月24日 11時18分 ]
Excite エキサイト : スポーツニュース

 フィギュアスケート女子で金メダルを獲得した荒川は夢の中にいた。表彰式後、首から金メダルを下げながら「何が何だかわからず、頭の中が真っ白」な状態で、拍手の鳴りやまないリンクを回った。
c0019485_19281865.jpg
 起伏の激しいフィギュア人生だった。16歳で長野五輪に出場しながら、その後低迷して前回五輪は代表落ち。過去3年間の世界選手権は8位、優勝、9位。自らの才能の大きさに振り回されてきた結果だった。
 最もつらかった時期は昨シーズン。04年3月の世界選手権で女王になり、引退のつもりだったが「次は五輪で金メダル」と期待され、その流れに逆らえずに身を任せた。「自分がどこに向かうか見えず、気持ちが乗らないまま」で練習も中途半端。「世界チャンピオンになんかなるんじゃなかった」。結局、1年後の世界選手権は惨敗した。
c0019485_19303461.jpg
 「宮城の天才少女」と呼ばれていた10歳の時から、日本スケート連盟は英才教育を施し、大きな期待を寄せてきた。日本スケート連盟フィギュア強化部長の城田憲子監督は「私は静香を言葉で何度も殺してきた」という。それほど厳しく叱咤(しった)激励し、才能に見合う猛練習を求めたという意味だ。
 だが、他人と競うのが嫌いで「試合で何番になりたいと考えたこともない。順位のつかないアイスショーで滑りたい」というのが荒川。一つの夢をかなえると満足してしまうから、伸び悩みや停滞を招く。宮城・東北高時代はスケート漬けの生活を拒み「トップ選手の中で最も普通の高校生活を送ったと思う」と、ひそかに誇りにしている。スポーツ選手向きの性格ではないが、能力の高さを周りは放っては置かず、そのギャップに苦しんできた。
c0019485_1932357.jpg
c0019485_19412750.jpg
 そんな荒川が本気になった。5歳でスケート靴をはき、青春をかけてきた競技を「気分の悪いままやめたくない。達成感を得てやめたい」と思った。シーズン前の夏場の練習はハードで「米国へ練習を見に行ったら、空気がピリピリと張り詰めていた」(城田監督)。昨年12月にコーチを変え、先月にはフリーの曲を世界選手権で優勝した時の曲で「一番好き」というプッチーニ作曲「トゥーランドット」に変更。周りに流されてきた自分と決別し、自らの意思で動いた。
c0019485_1935873.jpg
c0019485_19365420.jpg
c0019485_1938088.jpg
 この日は演技中、過去の試合の場面が何度も脳裏をよぎったという。「あそこに行ったな、あんな試合もあったな、という感じで。この試合がスケート人生の集大成と思った」。今季限りの引退は決めている。プロになり、アイスショーで滑るつもりでいる。
 普通でありたいと願った女性の波乱の物語は、この上ないハッピーエンドだった。【来住哲司】


<フィギュア>荒川が無心の演技でコーエンを降す 米紙 [ 02月24日 18時21分 ]

 【ワシントン和田浩明】アラカワの無欲が、コーエンの不安に勝った――。米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は23日、同日行われたトリノ冬季五輪フィギュアスケート女子フリーで金メダルを争った日米の両選手を対比し、荒川静香が無心の演技で米国のサーシャ・コーエンを降したと報じた。
 同紙は、日米ともに今大会では不振が目立ち両選手はばん回の救世主として大きな期待を背負っていたと説明、メダルの重圧を忘れられるかが勝敗の分かれ目だったと指摘。その上で、「アラカワは考え込まずに簡潔で優雅に滑った」と評価し、「金メダルを取れるとは思わなかったのでプレッシャーはなかった」との荒川の演技後のコメントも紹介した。
c0019485_21501531.jpg コーエンについては「(勝利を)信じれば実現するとの姿勢は、不安に取って代わられてしまった。冒頭のジャンプの失敗で自信を失った」と分析、銀メダルは獲得したものの、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)の乱調に助けられた結果だと指摘した。c0019485_2152419.jpg
 また、AP通信は荒川の演技について、トリノ発で「(ドイツの元五輪金メダリスト)カタリナ・ビットのような優美さと技術的な輝き」と評した。また、ロイター通信は、荒川選曲のイタリア・オペラ「トゥーランドット」のアリアが「Vincero!(私は勝つ)」で終わることに例え、「演技が終わるころ、その通りになるのは疑いなかった」と伝えた。
 ◇他のメディアも荒川を評価
 米USAトゥデー紙(電子版)は「日の出の強国が、年齢制限で出場できなかった15歳のライジングスター、浅田真央(グランプリ東海ク)を欠きながら、上位4位のうち2人を占めた」と、4位入賞の村主章枝(avex)を含む日本勢の健闘をたたえた。
 中国の新華社通信は「フィギュアスケートでアジア初の金メダル」と報じた上で、「清らかで優雅な演技が、ロシアのフィギュア全種目制覇を阻んだ」と荒川を高く評価した。
[PR]

by azatsu0422 | 2006-02-24 19:41 | スポーツ


<< 「泥臭いチーム」の応援こそ、G...      メディアを通じて市民感情を煽る... >>