2006年 08月 20日

永く忘れられない試合になると思います。

決勝戦としては37年ぶりの再試合。歴史的な一戦にTV観戦ながら立ち会えた事が嬉しく、誇らしい気持ちになりました。「ドカベン」でもこういうドラマは描けないよなぁ…。

今大会は点の取り合いが多かった印象ですが、決勝は最後まで両投手がキレずに投げ合う投手戦。大舞台で最後まで崩れなかった両チームの投手・守備ともすごいけれど、私は、特に早実・斉藤投手にシビれました。クールな表情のまま気持ちを切らさずに連戦連投、独りで投げ抜いて、15回で140キロ台後半?で抑えて、タマの切れも衰えなくて…「すごい!」の一言に尽きました。昔はこういう場面を背負う「男」の姿に悲壮感が漂っていた気がするのですが、斉藤・田中両投手には、そういう雰囲気がしないぶん、今どきのイケてる男はタフだなぁーと思います。

2連覇の実績と打線の厚みとつながり、そして投手の消耗を思うと、駒大苫小牧の方が地力があるという気がしますが、再試合は斉藤投手次第かな…と思います。3連覇に王手をかける駒大苫小牧に対して、判官贔屓?と言っては早実に失礼ですが、斉藤投手に優勝旗を持たせてあげたいなぁ~…。優勝旗を持った早実ナインと王監督のご対面っていうニュースに接したいし…。


駒苫、早実譲らず再試合 延長15回1-1 [ 08月20日 17時08分 ] 共同通信

 第88回全国高校野球選手権大会は20日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝を行い、駒大苫小牧(南北海道)と早実(西東京)が互いに譲らず、延長15回1-1で引き分けて21日に再試合となった。決勝での引き分け再試合は1969年の第51回大会で松山商(愛媛)と三沢(青森)の延長18回0-0(再試合は松山商が4-2)以来、37年ぶり2度目。
 31-33年の中京商(現中京大中京=愛知)以来、史上2校目の夏3連覇を狙う駒大苫小牧の田中将大投手と、第1回大会以来27度目の出場で初の全国制覇を目指す早実の斎藤佑樹投手の両エースの投手戦となった。
 駒大苫小牧は8回に三木悠也遊撃手の本塁打で1点先制した。早実もその裏に同点とし、その後は追加点がともに挙げられなかった。


<高校野球>白熱の投手戦…37年ぶりの決勝引き分け再試合 [ 08月20日 16時53分 ]

 第88回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)の決勝が20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、73年ぶりの3連覇を狙う駒大苫小牧(南北海道)と初優勝を目指す早稲田実(西東京)が延長15回の熱戦の末、1―1の同点で、大会規定により引き分け再試合になった。夏の甲子園決勝の引き分け再試合は、69年の松山商(愛媛)―三沢(青森)以来37年ぶり2度目。当時は延長18回制で、2000年に15回制になってからは初めて。再試合は21日午後1時開始。
 △駒大苫小牧(南北海道)1―1早稲田実(西東京)△(延長15回引き分け再試合)
 打撃戦が多かった今大会だが、決勝は駒大苫小牧・田中将大投手(3年)、早稲田実・斎藤佑樹投手(同)の両エースによる息詰まる投手戦となった。八回表、駒大苫小牧が本塁打で先制したが、早稲田実はその裏、犠飛で同点に。延長に入り、両チームとも満塁の好機をつくったが、両エースが要所を締めた。【野村和史】
 ▽早稲田実OBのソフトバンク・王監督 両チームとも死力を尽くした、夏の決勝にふさわしい球史に残るいい試合でした。両校ともお見事。明日の再試合では疲れを乗り越えて、ここまで来たら勝ち負けを考えず、全力を挙げて戦って下さい。
 ▽脇村春夫・日本高校野球連盟会長 乱打戦の多いこの大会でひときわ素晴らしい投手戦だった。球史に残る感動的な決勝戦で、まさに両チームに優勝旗をあげたい気持ちになった。
 ▽早稲田実・和泉実監督 向こうは強い。でもうちも強いことを再確認した。(斎藤の完投は)あの雰囲気の中で投げられる投手はほかにいないから。再試合は総力戦でやる。
 ▽駒大苫小牧・香田誉士史監督 4、5点勝負とみていたが、初回の斎藤君の投球でそんなに取れないと早めに継投した。これだけお互いやれたことをうれしく思う。
 ◇息詰まる投手戦
 早稲田実・斎藤、三回途中から救援の駒大苫小牧・田中の両右腕がさえ、息詰まる投手戦は1―1のまま延長戦となり、十五回両者譲らず、引き分け再試合となった。
 序盤から両チームとも走者を出したが、斎藤はスライダー、フォークが切れ、田中は先発・菊地を三回1死一、二塁で救援すると武器のスライダーを駆使し、ともに要所を締めた。
 試合が動いたのは八回。駒大苫小牧は1死後、三木が斎藤の初球の直球をバックスクリーンへソロ本塁打。しかし、その裏、早稲田実も粘り、1死後、檜垣が左中間二塁打。打球を処理した左翼手の返球が乱れ、檜垣は三塁に。後藤が中犠飛を放って追い付いた。
 その後も斎藤、田中の投げ合いが続いた。
 駒大苫小牧は十一回、安打と死球などで1死満塁としたが、スクイズを空振りして逸機。早稲田実も十三回、安打と連続敬遠四球の2死満塁を逸したのが惜しまれた。【相川光康】
 ◇エース激闘…意地の343球
 5万の大観衆を酔わせる名勝負を演じたのは、田中、斎藤両エースという2人の“怪物”だった。
 延長十五回裏。既に勝ちはなく、あるのは引き分けかサヨナラ負け。だが、マウンドに向かう田中投手はわくわくしていた。「これを抑えれば、もう1試合投げられる」
 マウンド上で「ほえる投球」が売り物だが、決勝では何度か訪れたピンチをしのいでも顔色は変わらなかった。冷静さを失わないこと。それだけが優勝に導くことだと知っているかのように。
 十五回表。斎藤投手の147キロ超の球速がスコアボードに表示された瞬間「燃えた」。自分も気持ちを奮い立たせた。
 一方の斎藤投手は、普段からマウンドで感情を顔に表さない「クールな男」。だが、内に秘めた闘志をボールで表す。
 準決勝の鹿児島工戦。「代打の切り札」、今吉晃一選手を迎え、場内を静まり返らせる140キロ超のボール。そして、3連投にかかわらず、この日の十五回表、4番の本間篤選手に次々投げ込んだ快速球。疲れを知らないのか。スタンドをどよめかせた。
 準決勝の後、斎藤投手は「駒大の3連覇を止めるのは自分たちしかいない」と宣言。この日の試合後も再び熱く語った。「ここまできたら、男と男の勝負。気持ちがあれば絶対に完封できる」
 田中投手も負けていない。「次も投げる(心の)準備はできている」
 意地と意地をぶつけた2人の投球数は343球。3時間37分の激闘だった。【甲子園取材班】
 ○…決勝までの5試合で11安打を放ち打率5割、10打点と大暴れしていた早稲田実の5番・船橋は、完全に駒大苫小牧の田中らに抑え込まれ、6打数無安打2三振。「タイミングが全然合わなくて……。それだけ田中君の球がいいということ」と脱帽した。「スライダーを待ってると直球が来る。そうなると絶対打てない。直球を待ってスライダーがきたら何とか手を出せるかな」。再試合に向け、田中対策を明かした。
 ○…延長十五回の表、駒大苫小牧の攻撃。田中は最後の守りに備えてキャッチボールを始めた。2死。4番の本間篤が早稲田実の斎藤に対している。そこでスタンドが沸いた。147キロ、146キロと斎藤の球速が表示されたからだ。田中は自分に言い聞かせた。
 「いらない感情を出して自分の投球を乱してはいけない」
 ライバル心を燃やして力む必要はない。本間篤が空振り三振に倒れてこの日の勝利がなくなると、田中は冷静に最後のマウンドへ向かった。その心境こそが田中の復調を示していた。
 最大のピンチは十三回だった。2死二塁で3番の檜垣。八回に左中間二塁打を浴びた打者だ。「厳しい球を」と投げたカーブが暴投となって走者は三塁に。しかし、田中は決して勝負を急がず、満塁策をとって2人を敬遠で歩かせた。再び暴投すれば、サヨナラ負けとなる場面だが、慎重なカーブで5番・船橋を二ゴロに打ち取り、勝利への希望をつないだ。
 調子が悪いと言われながらも勝ち上がった決勝。その陰で田中はフォームを微調整していた。大会前半は左足を上げた時に右足かかとに体重がかかっていた。これを重心をつま先に残して体の開きを防いだ。その結果が準決勝の智弁和歌山戦、そして、この日の投球だ。田中は「剛速球投手」の肩書きを外し、変化球中心のコントロール重視で勝負に徹した。
 「なかなか点が取れないのでペース配分を考えた。延長に入った段階で再試合を意識した」という。余分な力は使わず、速球は140キロ前後。随所で右腕を上げて振る動作を繰り返したのは「血がたまって感覚が鈍くなるからです」。自分の右腕を知っていた。
 香田監督は「田中が疲れている」と2試合連続で2年生の菊地を先発で使った理由を説明した。「あすは先発で行くのか」と聞かれた田中も「投手全員でつなげばいい」と言葉を濁す。投手の疲労と先発起用の駆け引き。再試合を左右する勝負の妙だ。【滝口隆司】


駒苫Vs早実、死闘15回ドロー!37年ぶり決勝再試合 [ 08月21日 08時05分 ] サンケイスポーツ

 (第88回全国高校野球選手権大会、第15日、決勝、駒大苫小牧1-1早実=延長十五回規定により引き分け再試合、20日、甲子園)世紀の鉄腕対決に日本列島が震えた。駒大苫小牧(南北海道)と早実(西東京)の決勝戦は、1-1で規定により延長十五回引き分け。21日、1969年の松山商(愛媛)-三沢(青森)の延長十八回(0-0)以来、37年ぶり2度目の決勝戦引き分け再試合となった。先発した早実・斎藤佑樹投手(3年)が15回を7安打1失点、178球の熱投を見せれば、三回途中から登板した駒大苫小牧・田中将大投手(3年)も7安打1失点(自責0)と気合の165球。駒大苫小牧は73年ぶりの3連覇、早実は初の夏Vをかけて、再び激突する。
 鳴りやまない大きな拍手。そしてスタンディングオベーション。聖地が両チームをやさしく包む。勝てなかった。しかし、負けもしなかった。死力を尽くした3時間37分だった。
 深紅の優勝旗をはさんで、2人の鉄腕が対峙(たいじ)した。延長十五回。激闘を締めくくる打球が遊撃手のグラブに収まるのを見届けると、駒大苫小牧の田中は右腕で汗をぬぐった。
 「投げているときに疲労は感じませんでした。延長に入った時点で十五回まで行くと思いました」。0-0の三回一死一、二塁から登板して165球。雄たけびをあげ続けた。八回に中犠飛で同点に追いつかれたが、7安打10奪三振で1失点(自責0)に抑えた。
 世代NO・1投手を相手に、早実の斎藤は笑みさえ浮かべた。3連投の疲れも見せず、15回を被安打7、八回に浴びたソロ本塁打のみに封じた。こちらの“フィニッシュ”も4番打者。本間篤から178球目のフォークで16個目の三振を奪った。
 斎藤は今大会6試合で830球の熱投。この日の16奪三振で通算「65」になった。あの松坂大輔(横浜高)が延長十七回の死闘をくぐり抜けて優勝した98年夏の同「54」(6試合)を上回った。まさに“怪物超え”の快投だ。甲子園のニューアイドルは「きょうで終わるはずの高校野球をもう一度できることがうれしい」と声を弾ませた。
 列島が感動に震えた世紀の一戦。この日、甲子園に“先駆者”がいた。
 決勝戦の引き分け再試合は69年の松山商Vs三沢以来、37年ぶり2度目。当時の松山商のエース・井上明さん(55)=朝日新聞スポーツ部記者=は「当時は木製バットの時代。ずっとゼロが続いていました。この2人がぶつかったからこそ、こういう試合になったのでしょう」と球児のような笑顔をみせた。
 スタンドでは母が泣いていた。「“あす頑張って”なんて言えない。でもあの子はあきらめないと思います」。斎藤の母・しづ子さん(46)は涙を浮かべて話した。
 田中はいった。「(21日の先発は)監督にいけといわれれば、投げる準備はできています」。斎藤も負けていない。「あすも投げるつもり。制球に気をつければ絶対0点に抑えられる」。
 兵庫・西宮市内の宿舎に戻った斎藤は、夕食でステーキや焼き鳥などをペロリと平らげた。その後は決勝戦のビデオを見ながらナインと談笑。決戦に備えた。
 北の怪物と東京のヒーロー。それぞれに友と笑った。“あす”を語りあった。興奮を静めた夜が明けた。さあ、鉄腕対決再び。斎藤か、田中か。深紅の大優勝旗をつかむのは1人だ。


今度こそエース助ける!両チーム打線“リベンジ”誓う [ 08月21日 08時05分 ] サンケイスポーツ

 (第88回全国高校野球選手権大会、第15日、決勝、駒大苫小牧1-1早実=延長十五回規定により引き分け再試合、20日、甲子園)21日、おれたちが鉄腕を援護する-。駒大苫小牧の強力打線は斎藤の前に八回、2番・三木悠也内野手(3年)の中越えソロだけ。早実も2番手で登板した田中を攻めきれず、4番・後藤貴司主将(3年)の八回の中犠飛による1点に終わった。再試合の勝敗を分けるのは、疲労のたまった両投手をどう攻略するか。この日は沈黙した両チームの打線が“リベンジ”に燃える。

c0019485_9305322.jpg 〔写真:都会の鉄腕が聖地で躍った。早実の斎藤がクールに178球。田中クン、僕は絶対に負けない〕

 聖地に歓声と悲鳴が交錯する。延長十五回二死。遊飛に倒れた早実の4番・後藤が、思わず天を仰いだ。
 引き分け再試合だ。両校をたたえる大拍手の中、胸を張ってホームプレートに向かう斎藤、田中の両エースとは対照的に、打撃陣は唇をかみしめて審判の試合終了のコールを聞いた。
 「斎藤はやってくれると思っていたけど、田中投手を打ち崩すことができなかった…」。八回、同点の中犠飛を放ちながらも、田中の165球目を打ち損じた主将はため息をついた。
 早実は一回、先発の菊地翔太投手(2年)を攻めて、一死一、二塁のチャンス。しかし、後藤が二ゴロ併殺打。六回一死二、三塁では好調の5番・船橋悠外野手(3年)が高速スライダーに三振を喫した。今年のセンバツ2回戦(対関西)でも引き分け再試合を演じている早実は、史上初の年2度の聖戦に臨むことになった。
 一方、駒大苫小牧打線は斎藤の前に七回までわずか1安打。そんな劣勢を振り払ったのは伏兵だ。八回、2番・三木が放った打球はバックスクリーンへ一直線。「風もあったけど自分でもびっくりしています」と興奮気味に振り返った。
 その後は両チームともチャンスを作りながら、あと1本が出ない。165+178球。鉄腕2人の計343球の熱投に報いることはできなかった。
 だからこそ、21日、打線がリベンジに燃える。
 「全国制覇をしたいという気持ちが強い方が勝つと思います。うちは(センバツで)再試合を経験しているし、スタミナも斎藤の方がある。自分たちが有利だと思う。絶対に斎藤を助ける」と後藤主将。駒大苫小牧の三木も負けてはいない。
 「まったく打てない投手なんて(この世に)いない。思い切ってぶつかっていきたい」
 鉄腕を助ける“もう1試合”が待っている。


斎藤178球熱投!4連投で日本一だ [ 08月21日 06時12分 ]

c0019485_934231.jpg<早実・駒大苫小牧>延長15回表2死、早実・斎藤が駒大苫小牧・本間篤を三振に打ち取りガッツポーズ

 【早実1-1駒大苫小牧】甲子園はまだ終わらない――。第88回全国高校野球選手権大会は20日、兵庫県西宮市の甲子園球場で初優勝を狙う早実(西東京)と73年ぶりの3連覇を目指す駒大苫小牧(南北海道)の決勝戦が行われ、1―1で両者譲らず、延長15回、激闘3時間37分引き分け再試合となった。決勝戦の引き分け再試合は69年、第51回大会の三沢―松山商戦以来37年ぶり2度目。早実・斎藤佑樹投手(3年)は178球の熱投で1失点完投。今大会通算奪三振を歴代2位タイとしたエース右腕は21日、午後1時からの再試合で悲願の初大旗獲りを目指す。
 甲子園は夕暮れに染まっていた。大歓声と拍手が死闘を戦い抜いたナインを包み込む。最後のはずだった試合の勝敗はつかず、校歌も流れない。高校野球史に残る“激闘ドラマ”。主役は早実の背番号1、斎藤だった。
 「ロースコアになると思っていたし、最初からもしかしたら再試合もあるかと思っていました」
 5万の大観衆をどよめかせた。延長15回2死走者なし。投球は170球を超えていたが「打ち取りたい気持ちがスピードになった」。4番・本間篤への初球。外角への球はこの日最速の147キロを計時。打席の本間篤が思わず目を見開いた。143キロ、147キロ…。クールな男が滴る汗をハンドタオルでぬぐうこともせず直球を続けた。フルカウントの6球目で「真っ直ぐを待っている相手の意表をついた」。フォークで空振り三振。“負け”がなくなったエースはマウンドで吠えた。
 強力打線を相手に徹底して低めを突いた。8回、三木に先制ソロを被弾も打線がすかさず同点に追いついた。延長11回1死満塁では「三塁走者が走ったのが見えたから」と、とっさにスライダーをワンバウンドさせて空振りを奪い、スクイズを阻止。ピンチを切り抜けた。16三振を奪い今大会通算65奪三振。昨夏の大阪桐蔭・辻内(巨人)と並んで歴代2位タイに躍り出た。
 斎藤は今センバツ2回戦で関西と延長15回引き分けの死闘を演じた。再試合を制したが、3連投となった準々決勝の横浜戦で3回6失点KO。スタミナ不足を痛感し、ウエートトレーニングと走り込みで下半身を鍛えた。右足にタメをつくるフォームに改造して最後の夏に臨んだ。今大会通算830球、この3日間で435球を放った。疲労がないわけがない。試合後は30分間のハリ治療。握手もできないほど握力はなくなっている。それでも宿舎では焼き肉、焼き鳥に丼ご飯もしっかり平らげて再戦に備えた。
 「きょうは1点取られたしまだまだです。勝つことが自分への(春の)リベンジ。田中君との対決を楽しめたし、もう1試合できるのはうれしい。きょうできなかった完封をして勝ちたい」
 未知なる4連投の先にある日本一。早実の悲願を懸けて、鉄腕は再びマウンドに立つ。
 ≪和泉監督再認識「うちも強い」≫今センバツに続く引き分け再試合。早実・和泉監督は選手通路で大きくため息をついた。「血圧が上がって、僕を殺す気かと思った」。負けなかった安ど感と疲労でぼんやりと遠くを見つめながら苦笑いした。延長13、14回のサヨナラ機を生かせなかったことに「田中は簡単には打ち崩せなかった」と悔やんだ。
 エース斎藤が先制弾を被弾も直後に主砲・後藤の犠飛で同点。その後のピンチを斎藤中心に守りきった自信は大きい。昨秋明治神宮大会準決勝は4回途中から登板した田中の前に2安打13三振で敗れた。それでも「向こうも強いがうちも強いことを再確認した」と指揮官はナインの成長に確かな手応えを感じている。
 注目される斎藤の起用については試合後、ドクターによる肩・ひじのチェックもクリア。「精神的なスタミナがある。あの雰囲気、あの緊張感で投げられる投手はうちには斎藤以外、ほかにいません」として4連投を示唆した。こうなったら意地でも負けられない。“王者”駒大苫小牧に再び総力戦でぶつかる。
[PR]

by azatsu0422 | 2006-08-20 19:07 | スポーツ


<< これぞ高校野球!      熱中症に気をつけて! >>