2007年 04月 04日

古臭くても、正しい説教。

一流選手の頭を見てこい。
格好で目立とうとする精神構造は二流。
格好ばかり気にしていないで、野球に打ち込め!  という説教。

今どきの人なら、
「一流選手だってお洒落な髪型の人がいるじゃん?」
「とりあえず格好から入るのもプロのファンサービスでしょ?」
「言われなくても自分なりに野球に打ち込んでるよ?」 と反論したくなるでしょうけど…。

でも、プロの中でも一流の選手を目指すことが期待されて、本人もそれを目指している中で、
一流の実績のある人から、こう言われたら…素直に従うしかないですね。

要は、一流を目指す自負のある人に向かって、一流の人だから言える説教だと思います。
くれぐれも、人並のオヤジが自分の事を差し置いて職場の若い衆にこういう説教をしないように・・・と願います。


楽天・マー君丸刈り…ノムさんが“指令”モヒカン怒られた [ 04月03日 08時05分 ] サンケイスポーツ

 楽天のルーキー田中将大投手(18)が2日、切ったばかりの髪をさらに短くしてフルスタ宮城での全体練習に登場した。3月30日にソフトモヒカン風にカットしたばかりだったが、野村克也監督(71)に怒られ、わずか3日で再びカット。高校時代に逆戻りしたような髪形に戻ってしまった。
 ビミョーだけどやっぱり違う。田中が、ソフトモヒカン風にカットしたばかりの髪を、さらにカット。高校球児に戻ったような、丸刈りに近い髪形になっていた。
 実はこの再カット、監督命令だった。田中は福岡遠征から仙台に戻った先月30日に美容院へ行ったばかり。02年のサッカー日韓W杯で、イングランド代表のベッカムがはやらせたソフトモヒカンを短くした感じにカットしていた。しかし、ツンツンした頭が野村監督は気に入らなかった。
 「何だその頭は。一流選手の頭を見てこい。格好で目立とうとする精神構造は二流。格好ばかり気にしていないで、野球に打ち込め!」
 1日の試合前にカミナリを落とされた田中は、試合が終わると、さっそく同じ美容院に直行。トップの部分を丸く刈りそろえてきたというわけだ。この日の練習中に呼び止め、帽子を取らせて確認した野村監督は、「エライ。かわいいじゃないか。まだ高校生みたいなもんだからな」とご満悦だ。
 「お直し無料でした。監督にも言われましたけど、自分でも(前の髪形は)ちょっと変かな、と思っていたんで…」
 わずか3日で髪を切り直しても、めげないのがマー君。髪形をあっさり修正したように、5日の本拠地初先発でも、二回途中6失点でKOされた先月29日のプロ初登板から、しっかりと“お直し”してくれるはずだ。
[PR]

by azatsu0422 | 2007-04-04 08:40 | スポーツ


<< イヤな予感…      視聴率のトピックス3題の所感 >>