ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 09日

泣けました。

タモリさん、すごかったですね。プロの芸人って、こういう人なんだよなぁ…、と実感。
こういう濃厚な人間関係を結べる人生に憧れます。
それが出来るかどうかは、結局、自分自身の問題で、全人的な能力次第ですが…。

何はともあれ、外野が何を語っても薄っぺらになって、タモリさんや故人に失礼ですね。

ただ、理屈じゃなくて、私なりに響くものがあって、涙が出ました。
先ずは、この弔辞を保存しておきたい一心でした。


タモリの手には白紙…あふれる感謝そのままに 2008年8月8日 06時01分

 タモリは、手にしていた紙を何度も見ながら弔辞を読んでいたが、紙は白紙で、すべてアドリブだった可能性がある。7日夜放送のテレビ朝日「報道ステーション」では、弔辞の様子をVTRで伝え、映像から「手にした紙には何も書かれていないようにも見える」と指摘。インターネット上の掲示板でも話題となり「白紙なんだよね。すごいよタモさん」「あの長い弔辞を白紙で読んでるとかすげぇな」「読み上げるふり。ささげるギャグなのかな」などといった書き込みが相次いだ。

◆タモリ弔辞全文◆

 弔辞

 8月2日にあなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずかではありますが回復に向かっていたのに、本当に残念です。

 われわれの世代は赤塚先生の作品に影響された第1世代といっていいでしょう。あなたの今までになかった作品や、その特異なキャラクター、私たち世代に強烈に受け入れられました。10代の終わりからわれわれの青春は赤塚不二夫一色でした。

 何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなことをやっていた時に、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは今でもはっきり覚えています。赤塚不二夫が来た。あれが赤塚不二夫だ。私を見ている。この突然の出来事で、重大なことに、私はあがることすらできませんでした。終わって私のところにやってきたあなたは、「君は面白い。お笑いの世界に入れ。8月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住むところがないから、私のマンションにいろ」と、こう言いました。自分の人生にも他人の人生にも影響を及ぼすような大きな決断を、この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。

 それから長い付き合いが始まりました。しばらくは毎日新宿の「ひとみ寿司」というところで夕方に集まっては深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタを作りながら、あなたに教えを受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。他のこともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、いまだに私にとって金言として心の中に残っています。そして仕事に生かしております。

 赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。麻雀をする時も、相手の振り込みであがると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしかあがりませんでした。あなたが麻雀で勝ったところを見たことがありません。その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかし、あなたから後悔の言葉や相手を恨む言葉を聞いたことはありません。

 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折見せるあの底抜けに無邪気な笑顔は、はるか年下の弟のようでもありました。あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀の時に、大きく笑いながらも目からはぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺の時、たこちゃんの額をぴしゃりと叩いては、「この野郎、逝きやがった」と、また高笑いしながら大きな涙を流していました。あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。

 あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち、「これでいいのだ」と。

 今、2人で過ごしたいろんな出来事が、場面が、思い浮かんでいます。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外への、あの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五山の送り火です。あの時のあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生忘れることができません。

 あなたは今この会場のどこか片隅で、ちょっと高い所から、あぐらをかいて、ひじを付き、ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に「おまえもお笑いやってるなら弔辞で笑わしてみろ」と言ってるに違いありません。あなたにとって死も1つのギャグなのかもしれません。

 私は人生で初めて読む弔辞が、あなたへのものとは夢想だにしませんでした。私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。しかし、今、お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の1つです。合掌。

 平成20年8月7日、森田一義


タモリ 弔辞は白紙だった?赤塚さん告別式 
サンケイスポーツ 2008年8月9日 05時36分


 7日に営まれた漫画家、赤塚不二夫さん(享年72)の葬儀・告別式で参列者の涙を誘ったタレント、タモリ(62)の弔辞が、実はアドリブだったのではないかと話題を呼んでいる。
 事の発端は、代表カメラがとらえたタモリの手元の映像だ。デビュー前からの恩人である赤塚さんに思いを馳せた約8分間の弔辞は、文字に起こすと約1900字にも及ぶ長文。タモリはしっかりと紙に目を通して読んでいるようだったが、カメラに映った手元の紙はまっさらな白紙に見えた。
 これを受け、ネット掲示板では「白紙だったよ! 確かに!」「全部アドリブ!? すごすぎる!」と話題に。弔辞の中で「『お前もお笑いやってるなら、弔辞で笑わせてみろ』と言っているに違いありません」と読んだタモリ。「(アドリブ好きな)赤塚さんに捧げたギャグだったのでは」「恩師に見せた最後の芸だったのでは?」などという書き込みが相次いだ。
 「ハナモゲラ語」などをアドリブでこなしていたタモリだけに、真実が気になるところだが、所属事務所は「白紙かどうかは確認できていません」。
 一方、赤塚さんの棺に納められた、講談社と小学館が昨年10月にコラボ刊行した漫画「天才バカボン THE BEST」にも注目が集まっている。両社によると、赤塚さんの訃報が流れた直後から注文が殺到。注文数は「5倍以上に膨れあがっている」と話している。


タモリ弔辞、私も赤塚さんの作品の1つ…  
日刊スポーツ  2008年8月8日 09時40分

 2日に肺炎のため72歳で亡くなった漫画家赤塚不二夫(あかつか・ふじお)さん(本名・赤塚藤雄)の葬儀・告別式が7日、東京都中野区の宝仙寺で営まれた。赤塚さんとの出会いで芸能界に入るきっかけをつかんだタモリ(62)は弔辞で「私もあなたの作品の1つです」と呼び掛けた。漫画家、出版関係者ら650人、ファン550人が参列した。法名は「不二院釋漫雄(ふにいんしゃくまんゆう)」。
 「これでいいのだ~」と「天才バカボン」のテーマ曲が流れる中、出棺した。
 赤塚さんそのものの言葉だ。タモリは弔辞で「あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し受け入れること。その考えをあなたは見事に一言で言い表しました。まさに『これでいいのだ』です」と読んだ。すべてを受け入れた結果、人にだまされ金銭的打撃を受けたこともあったが、相手を恨む言葉は一切聞いたことはなかったという。
 タモリは、新宿・歌舞伎町でライブをしていた時に赤塚さんと出会い、芸能界に入った。毎夜すし店で、お笑いや映画、絵画談議をし影響を受け続けてきた。「10代の終わりから青春は赤塚不二夫一色でした。私もあなたの数多くの作品の1つです」と言った。
 肉親以上の関係だったため「お礼を言うときに漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかった」と、これまで感謝の気持ちを伝えたことはなかった。弔辞でお礼を言うことになったタモリは、それまで淡々としていたが、声を詰まらせ「お世話になりました。ありがとうございました」。
 葬儀委員長の藤子不二雄(A)氏は「もう悲しむことはありません。好きなように突っ走ってあっちに行ったんです」と見送った。「漫画はもういいと言っているはず」と言う人もいれば「天国でも漫画を描く」と言う人もいた。共通しているのは、優しくてシャイで、にぎやかなことが大好きな赤塚さんだ。
 喪主を務めた長女赤塚りえ子さんは「たくさんの方々に愛され見送られ、父は幸せだと思います。一生懸命頑張って父の作品を守ってまいります」と、泣きながら気丈にあいさつした。
 ほかに北見けんいち氏、ちばてつや氏、楳図かずお氏ら漫画家、研ナオコ、小松政夫、松尾貴史、林家ペー、山本晋也監督らが参列した。


タモリ弔辞「私も作品の一つ」赤塚さん葬儀
サンケイスポーツ 2008年8月8日 07時11分

 2日に肺炎のため死去した漫画家、赤塚不二夫さん(享年72)の葬儀・告別式が7日、東京・中野の宝仙寺で営まれた。芸能関係者や漫画家仲間、一般ファンを含めて1200人が参列。赤塚さんに見いだされたタレントのタモリ(62)は、「笑っていいとも!」の生出演前に駆けつけ、弔辞の中で自身を芸能界へ導いてくれた大恩人への思いを読み上げた。
 その瞬間、セミの鳴き声もやんだ。静まり返る斎場で、タモリがマイクの前に立った。
 普段の軽妙な語り口はない。こみ上げる感情を抑えるためのように、棒読み気味に語りかける。ときおり遺影を見上げ、手にした弔辞を読み上げた。が、7分50秒に及ぶ弔辞の締めくくりを迎え、さすがに我慢できなくなった。
 「あなたにはお世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。しかし、今、お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私も、あなたの数多くの作品の一つです」
 サングラスで隠した目に、涙があふれる。言葉を詰まらせ、「合掌。平成20年8月7日、森田一義」と頭を下げた。
 脳裏に、32年間の赤塚さんとの思い出が駆け巡る。新宿ゴールデン街のスナック「ジャックの豆の木」での初対面。10人も入れば満席の店内に、自分の芸を見るために20人以上の客があふれていた。そのなかで、ひときわ“笑いのオーラ”を漂わせる、将来の師匠の姿があった。
 「あなたは突然、私の眼前に現れました。重大なことに、私はあがることすらできませんでした」と振り返った。
 赤塚さんが与えてくれた家賃15万円の高級マンションでの生活、一緒にマージャンに興じた日々…、すべてを言葉に変えて伝えた。
 参列者の最初に弔辞を読み、葬儀開始から18分後の午前10時48分には“いいとも”出演のため退席。喪服から茶色のジャケットに着替え、新宿スタジオアルタでの生放送に登場した。
 一方、葬儀の最後は、赤塚さんの長女で喪主のりえ子(43)さんがあいさつに立った。
 「これからもご迷惑をおかけしますが、一生懸命頑張って父の作品を守っていきます。これからもどうぞよろしくお願いいたします」と、涙ながらに決意を語り、さらに参列者の涙を誘った。
 そして、出棺。「天才バカボン」の主題歌が流れ、赤塚さんは送り出された。数々の名作と国民的タレント、そして「これでいいのだ!」のフレーズを遺して-。
[PR]

by azatsu0422 | 2008-08-09 16:23 | 芸能


<< <瞳>が視聴率の過去最低を更新      「榮倉奈々」という商品の営業手... >>