ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スポーツ( 67 )


2005年 04月 24日

ダメなら早く言わなきゃ迷惑。せめて給料返上したら?

実はキャンプ中からヒザを痛めていたとか、既にボロボロだったなら、チームとしてはバックアップを講じざるを得ないでしょうから、状況とリスクを早いうちに伝えておくのがプロだと思いますが。

日本的根性論でブレークスルーできることには限界があると思いますし、負けると判っていても戦う美学は一見カッコ良いですが、チームにとっては迷惑行為です。

もし、そんな美学があるなら、何十億円だか知りませんが破格の給料を自ら返上すべきでは?過去の貢献やネームバリューはとっくに清算済みだと思います。

結局、佐々木投手がやって来たことは、奥さんを取り替えたり、球団からカネだけとって詐欺みたいに結果を出さずに2軍志願したり、オイシイとこだけとってヤリたい放題じゃないですか?

自分のやることに筋を通すなら、しおらしいことを言う前に、とりあえず給料を全額返上してみては?それでも新妻?がキレずに支えてくれれば、少しは救いを感じますが。


佐々木限界 自ら2軍行き志願 [ 04月23日 06時11分 ]
Excite エキサイト : スポーツニュース

 横浜・佐々木主浩投手(37)が22日、出場選手登録を抹消された。3敗目を喫した21日のヤクルト戦終了後、自ら2軍調整を申し出、牛島和彦監督(44)に了承された。今後は慢性の右ひじ痛、右ひざ痛の回復に努め復活にかけるが、復帰のメドが立たない無期限調整とあり、昨年来表面化した引退危機と再び闘う苦難の道が待っている。 自ら2軍調整を決断した佐々木が横浜スタジアム内で会見まで開いて強調したのは復活にかける意気込みだった。「気持ちの面は問題ない。まずは体をつくり直したい。去年とは全然違います」。
 目前にある引退危機を打ち消すように明るく振る舞った。昨年8月、3試合連続で救援に失敗し、球団に引退を示唆する弱気な発言が伝わった。その後、砂原幸雄オーナー(当時)との会談で現役続行を確認する一連の騒動があった。
 だから「問題は体」と繰り返した。昨年9月に右ひじ骨棘(こつきょく)切除などの手術を受けた。その右ひじは過去にない症状が出ている。17日の広島戦(広島)登板後「腕や手までむくんでいた。おかしいなと思った」と告白。2月のキャンプで痛めた右ひざも思わしくない。20日に両患部に消炎鎮痛の注射を打ったことも明かした。だが前日21日のヤクルト戦(神宮)で逆転サヨナラ負けし「無理だった。ごまかしはできない」と判断。深夜、牛島監督に「この状態ではチームに迷惑をかける」と2軍調整を申し出た。救援転向後ワーストタイの3敗を早くも喫し、防御率は9・53。合間の4セーブがかすんで見える。
 昨秋10月就任の牛島監督は「昨年までの経緯を知らないし、痛みの度合いも分からない。(問題は)介入できないところにある」と処遇も調整も佐々木本人に一任した。
 長期離脱が濃厚で復帰メドも見えない。指揮官は「本人が納得いくまで。期限を切らない」、佐々木も「考えていない」と話した。23日から横須賀で故障回復と再調整に努めるが、監督が見たいと言う「やっぱり佐々木か」の剛球復活へ道は険しく厳しい。
 高津臣吾(元ヤクルト=現ホワイトソックス)の持つ通算260セーブまであと8。日本記録更新へ情熱もあろう。「現役引退をかけた勝負の年」「球団に迷惑をかけるようなら身を退く」と公言し、自らを追い込んだ大魔神が限界に挑もうとしていた。
 ≪皮肉な表彰≫佐々木が2軍落ちとなったこの日、皮肉にも通算250セーブ(14日到達)の連盟表彰が行われた。阪神戦の試合前、本塁付近でお立ち台に上がり、両軍選手やファンから拍手を浴びた。記念の盾を手渡した大越セ・リーグ事務局長が「頑張って、また元気な姿を見せてください」と激励すると、佐々木は笑顔を浮かべ「はい」と応えた。ベンチでもナインからハイタッチで送られ、球場を後にした。


<横浜>クローザー佐々木、1軍選手登録を抹消 [ 04月22日 18時56分 ]
Excite エキサイト : スポーツニュース

 横浜の佐々木主浩投手(37)が22日、1軍選手登録を抹消された。21日のヤクルト戦(神宮)で今季3度目の救援失敗による逆転サヨナラ負けで3敗目を喫した。佐々木は22日、横浜スタジアムで取材に応じ、「体がしんどかった。このままではチームに迷惑をかけるので調整させてほしい」と前夜の試合後、牛島監督に申し出たという。
 佐々木は持病の腰痛と昨オフに手術した右ひじに加え、キャンプ中に痛めた右ひざの状態が悪いことを明らかにし、復帰のめどについては「考えていない」と説明。「納得するボールがいくと思ったら(1軍に)上がってくる」と話した。
 牛島監督は佐々木の意思を尊重し、昨季も8月に3試合連続で救援に失敗してシーズンを終えた経緯を踏まえ、「去年からの流れもあるし、僕も介入できない微妙なところがある」と語った。【安藤由紀】
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-24 11:00 | スポーツ
2005年 04月 21日

ホントに大ブーイングなの?

残り試合を勝つために、チームとして必要な調整やミーティングがあるにもかかわらず、それに加わらなかったのなら、ブーイングも解りますが、大事な時期だからといって修道僧のように閉じこもって禁欲生活をすれば勝てるのでしょうか?

誕生日に奥さんサービスをしなかったことで、ビクトリア夫人とモメたり、それをマスメディアに騒がれてしまって余計なストレスを背負い込む方が、よほど試合に悪影響を及ぼす気がします。

遊び過ぎで本番の試合で力を発揮できずに負けたとすればプロの自覚と責任を問われると思いますが、そこは超一流のプロなのですから、結果が出る前からいちいちブーイングするのは日本的な旧態依然の根性論みたいです。外国で「大」がつくほどブーイングされることが、にわかに信じられません。

この記事を書いた夕刊フジの日本人記者がマドリードのファンで、自分のブーイングを「ファンの声」として記事にしただけ、ということなら解りますが・・・。ただ、それが本当だったら、これこそ「ペンの暴力」ですね。書き手一人の考えを、さも皆の意見であるように報道する行為は、とても暴力的で危険だと思います。


ベッカム「私的」優先“指摘”…ファン大ブーイング [ 04月21日 17時05分 ] 夕刊フジ
Excite エキサイト : スポーツニュース

 リーグ優勝のためには残り6試合をひとつも落とせないレアルマドリードのMFベッカムが、パリで目撃された。ビクトリア夫人の誕生プレゼント旅行だったが、大事な時期のプライベート優先にマドリードのファンはブーイングだ。
 17日の日曜日はビクトリア夫人の31歳の誕生日だった。昨年は100万ポンドのダイヤの指輪を送るなど、例年、格好の話題となってきたが、「今年はチーム状況が危機にあり、レバンテ戦に専念するため自粛する」(スペイン紙)とも伝えられていた。
 しかし、イタリアのラ・ナッツィオーネ紙によれば、レバンテ戦後、マドリード市内で食事をとっていたベッカム夫妻のもとに迎えの高級車ベントレーが到着し、2人はその車で空港に向かい、ビクトリア夫人の頭文字「V」が描かれたプライベートジェット機でパリへ飛んだ。
 これがベッカムによる誕生プレゼントで、機内の座席は花で覆われ、シャンパンを抜いて誕生日を祝った。さらにパリでは、故ココ・シャネルが定宿としていたリッツホテルのスイートルームが予約されていた。
 その間スペインでは、今週のビジャレアル戦をボランチのグラベセンがねん挫のため欠場することが決まり、ダブルボランチの相方、ベッカムの重要性がクローズアップされていた。
 スペインに戻ったベッカムは「レアルは一致団結しており、十分に逆転優勝する力が備わっている」と胸を張ったが、その割には危機感のない行動ぶりに批判が集まっている。(夕刊フジ特電)
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-21 17:51 | スポーツ
2005年 04月 21日

サッカー、テニス、F1ドライバー、ゴルフでの「ニッポン」。

サッカー、テニス、F1ドライバー、ゴルフ・・・って、日本勢は「光る」選手が出るけれど、世界でトップクラスの常連となるには未だ道程が遠くて・・・って感じがして、何となく共通する雰囲気を感じています。近々そうなる?・・・という確信は未だ持てませんが、着実にそうなって欲しいです。やっぱり世界のトップクラスで戦う日本勢を応援したいです。

そのためにも、強い意志をはじめ、環境と素質に恵まれた若い人を「こじんまりとした定番の人生」へ押し込めずに、どんどん発掘して伸び伸びと育成するような世の中になればいいな、と思います。もちろん、挫折したり引退してからでもエグゼクティブを目指せるような転身のバックアップも含めて安心して伸び伸び頑張れる世の中です。

小学生の頃、何よりもアスリートとしてすごく才能があるな、と思った同級生がいて、実際、中学になってから高校野球の強豪からスカウトの声がかかったらしいのですが、「成功する確率の低いプロスポーツよりも、学歴つけて堅実に」という親の方針で断ったようでした。でも、結局その人は高校中退でヤンキーになっちゃった、と風の噂で聞きまして、とても残念でした。こういう人がトコトン挑戦した上で、その後、引退してから学歴でも資格でも必要なモノを何でも身につけられて、転身しても大いに成功する可能性がある、という世の中になればいいのにな、と思います。

アスリートとして究めた経験は何にでも活かせると思います。引退後は一部の成功した人だけが、同じ道の指導者になるか、キャラがウケて芸能人になったり・・・ということで、あとは飲食店を開くか勤め人になるか・・・、みたいな話がありがちな印象です。

でも、それだけでなくて、たとえスタート年齢が遅くとも、例えば研究者やエンジニア、医師、法律家、企業家、教育者・・・、で成功する人が、もっと日本に沢山いても良いと思うのです。

現状でも建前として可能性はあるものの、大人の既成概念や社会の「雰囲気」で「芽」が潰されたり摘み取られたりしているような気がしています。「そういう逆境も乗り越えた人こそ本当に優秀で勝者になるべき人材だ」、という言い方はあるでしょうけど、その前に「可能性を伸び伸び育てる」方を優先して欲しいな、と思います。


サッカー=FIFA最新世界ランキング [ 04月21日 09時50分 ]
Excite エキサイト : スポーツニュース

 [ロンドン 20日 ロイター] 国際サッカー連盟(FIFA)は20日、最新世界ランキングを発表した。上位10カ国は以下の通り。カッコ内は前月の順位。
1.(1)ブラジル・・・・・834ポイント
2. (4)チェコ・・・・・・783
3.(3)アルゼンチン・・・780
4.(2)フランス・・・・・777
5.(7)オランダ・・・・・763
6.(8)イングランド・・・757
7.(5)スペイン・・・・・755
8.(6)メキシコ・・・・・754
9.(9)ポルトガル・・・・741
10= (10)イタリア・・・・・735
10= (10)米国・・・・・・・735
---------------------
17.(18)日本・・・・・・・703
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-21 13:54 | スポーツ
2005年 04月 21日

こんな娘が欲しい。こんな父親になりたい。

宮里藍と横峯さくら。さくら選手の一勝で役者が揃い、女子プロゴルフ界がさらに華やかになりました。

樋口久子氏の改革と地道な活動、さくら父子のやりとり、藍とさくらのライバル意識、後を追う若いアマチュア選手の挑戦、先輩プロ選手の意地・・・、色んな切り口で面白くて健全なノンフィクションドラマがたくさんあって、今後がとても楽しみです。

特に、横峯さくら選手は精神面で発展途上にあることが手に取るように見えて来る気がして、それがとても微笑ましくて、心情的にすごく応援したくなる雰囲気があります。

「親離れ、子離れ」が上手く行って、父親を超えるパートナーに出逢って(公私共々、先ずはキャディ?)、宮里選手と共に世界のトップレベルで活躍するように、何段もステップアップして欲しいです。

そして、さくら選手が今後、選手として成功しながらプライベートも充実した人生を歩めば、日本の親子関係のあり方に少なからぬ影響を与える気がしています。「こんな娘が欲しいな、こんな父親になりたいな・・」と、素直に思える私です。


さくら、人気でも藍キャッチ…2強時代で人気安泰? [ 04月23日 17時05分 ] 夕刊フジ
Excite エキサイト : スポーツニュース

c0019485_9424644.jpg 女子ゴルフの「第24回フジサンケイレディス」(静岡・川奈ホテルGC富士C=6456ヤード・パー72)は23日、最終日進出を賭けたサバイバルの第2ラウンドが始まった。初日に2アンダーで首位に立った5年連続賞金女王、不動裕理(28)ら実力者を、1オーバー13位につけた横峯さくら(19)や3オーバー21位の宮里藍(19)ら若手が追う展開で、週末の会場はギャラリーの熱気にあふれている。
 女子ゴルフ人気がついに新しいステージに達した-。第1ラウンドで、関係者にそんな感慨を抱かせるシーンが展開された。今大会まで人気牽引(けんいん)役の宮里に一極集中していた“ギャラリー勢力図”に、大きな変化が現れたのだ。
 昨季の今大会覇者・藤井かすみと人気の若手・古閑美保が同組になった宮里組は、関係者の予想通り、最も多いギャラリーを引き連れてスタート。ところが、コースが後ろの組とすれ違う3~4番あたりでこの数が動き出した。直後を回っていた横峯(服部道子&諸見里しのぶ)組が次々にギャラリーを吸収し、ついに逆転。人気先行といわれる横峯とはいえ、これまで決して見られなかった光景だった。
 「藍ちゃんのスイングは勉強になる」という夫に対し、妻は「さくらちゃんのゴルフは見ていて面白い」と、どちらにつくかモメていた夫婦ギャラリーの会話が、理由を端的に表現していた。
 この日のスコアは、1バーディー、4ボギーの宮里に対し、横峯は3連続を含む5バーディーを奪ってギャラリーを沸かせた上、7番での痛恨の2連続OBで手に汗を握らせるなど、ゴルフ初心者にも分かる見せ場が盛りだくさんだった。
 大会関係者は、「さくらちゃんが先週初優勝して、ファン層が広がった。学級委員タイプの宮里と、破天荒な横峯というキャラクターの好対照が、ゴルフをしない人にも関心を広げた」という分析も披露した。
 昔から日本では2強の存在が、プロスポーツ人気の条件。王と長嶋、柏戸と大鵬、桑田と清原、カズとゴン、イチローと松井秀…と枚挙にいとまがない。女子ゴルフ人気もいよいよ安定期?


「何言っとる、優勝だろ!」さくらに父が渇! [ 04月19日 08時05分 ] サンケイスポーツ
Excite エキサイト : スポーツニュース

 出るからには優勝だ!! 女子プロゴルフの「ライフカードレディス」でツアー初優勝を飾った横峯さくら(19)が18日、都内で行われたゴルフ雑誌の表彰式に出席。22日に開幕する次戦「フジサンケイレディスクラシック」へ向け、父・良郎さん(45)から女子メジャー大会初出場につながる『2週連続優勝』の“厳命”を受けた。また18日には同大会の新会場、静岡・川奈ホテルGC富士Cで主催者推薦選考会(マンデートーナメント)が行われ、上位14人が本戦出場を決めた。
c0019485_13112933.jpg〔写真:表彰式で父・良郎さん(右)にビールをつぐさくら。父との名調子で会場を沸かしたさくらは、「フジサンケイレディスクラシック」で2週連続Vだ!!〕
 ニューヒロインの登場に、会場が華やぐ。無数のフラッシュを浴びたさくらが、ほおを赤らめ、喜びをかみしめた。
 「すごく騒がれたことで、優勝したんだなと実感がわいてきました」
 涙のツアー初優勝から一夜明けたこの日、さくらは東京・港区の東京プリンスホテルで行われたゴルフ雑誌「ゴルフダイジェスト」主催の表彰式に出席。癒し系の笑顔と豪快なプレーで、『読者大賞』を受賞した。人気者の次なる戦いは、今週22日に開幕する「フジサンケイレディスクラシック」だ。
 「連勝はあまり考えないで、まずは予選突破。それができたら、トップ10を目指します…」。そんな控えめな?さくらにむけて、横から強烈な鹿児島弁の喝が飛んだ。
 「何言っとるが! 出るからには優勝だろ!!」
 声の主は、ゴルフ界の“チチロー”こと父・良郎さん(45)だ。練習嫌いのさくらのため、アイデアを絞りメニューを作成。「ライフカードレディス」では、自らキャディーをかって出て、隣から娘を叱咤(しった)激励することで初優勝にたどりついた。さくらにやる気を起こさせる術は、誰よりも知っている。
 良郎さんの「連勝指令」には、大きな意味が込められている。さくらは現在賞金ランク3位。今後の賞金の上積み次第で、6月の「全米女子プロ」、7月の「全英女子オープン」という女子メジャー大会出場への道が開ける(別表参照)。昨年の宮里藍に続いて、2人目となる10代での2週連続優勝を達成すれば、自身初のメジャー挑戦に大きく近づくのだ。
 すでに今月3日には、大会の新舞台となる川奈ホテルGC富士コースを練習ラウンドした。「そんなに距離はないから、飛距離が出るさくらにチャンスがある」と良郎さんは自信を見せる。今週は研修生の本仮屋沙織さんにキャディーを任せる予定の良郎さんは、バッグを担ぐ代わりに愛情たっぷりの「喝」で、さくらを励ます考えだ。
 「“次の1勝”が目標。沙織さんと組んで、父(がキャディー)のときよりスコアが下がることだけは、絶対に避けたいんです」
 父の言葉に、さくらも発奮した。19日に川奈入りして練習ラウンドを開始。世界へつながる道を切り開く。


さくらがツアー初優勝!陰でヨシローのマルチな活躍 [ 04月18日 17時05分 ] 夕刊フジ
Excite エキサイト : スポーツニュース

c0019485_1331426.jpg さくら、ツアー初V! ライフカードレディスは通算1アンダーで横峯さくらがツアー初優勝。1打差の2位にはジュリー呂、最終日の大逆転を狙った宮里藍はパッティングの不調で通算3オーバーの8位タイに終わった。それにしても5カ月ぶりにコンビを組んだ父・良郎氏との劇的なシナリオに、さくらフィーバーどころか、今度はゴルフ版・チチローが最大のヒーローとなった。
 ちょっと、気の早い話となるが、今年の年末、横峯父娘は連日、各賞の表彰式で引っ張りダコとなりそうだ。
 さくらがマスコミへ露出すれば、決まってついてくるのが良郎氏。理由はそのキャラクターにある。とりわけ、歯に衣を着せないマシンガントークで本音を連発。今やその口グセはゴルフ界の流行語となった。
 通常、いいショットは、ナイスショットだが、良郎氏は「うま」。ミスショットでは「アホか」となり、報道陣へは「知っとるけ」となる。おかげで、鹿児島弁というより、「良郎弁」が広まった。
 そんな関係者の間で話題となっているのが、「本業のゴルフは別として、いったい、いくつの賞をとるのだろうか」。毎年、年末にはさまざまな団体やメーカーが各賞を選定するが、横峯父娘は、ベスト親子賞など、さまざまなカテゴリーからお呼びがかかる。また、独特のキャラクターの良郎氏も一大フィーバーを巻き起こしそうだ。
 「今の18、19歳のガキはオヤジの言うことを全くきかない。でも、オヤジの存在って、おれらのころは、みんなが貧乏だったせいもあるけど、腫れ物に触るような威厳があった。それが、なくなったのが一番さみしい。せめて、おれだけはそんなオヤジでいたい」
 つまり、かつての父親の威厳を取り戻すため、日本中でたった1人で立ち上がったわけだ。なるほど、さくらへは、「お前なぁ、優勝したらおれ(良郎氏)のおかげと絶対に言えよ」と注文をつけ、昨年の今大会で惜敗したリベンジとなるシナリオを完成させていた。まさに有言実行。これでまた、良郎株は急騰だ。
 「試合終盤で、優勝争いしているのは、韓国や台湾など外国人ばかり。だから、さくらへは、おまえ日本人やろ、ここで負けたら、女子ツアーが男子ツアーみたいに、ギャラリーが来なくなる」
 こんなことを試合中、勝負しているわが娘に言う父親は皆無か。良郎氏はこの日、ハットを除いて黒ずくめのウエアで最終日に臨んだ。これにはちゃんと理由があった。「おれはさぁ、黒子に徹しようと思ったからよ」
 とはいうものの、試合中もギャラリーからの声援は、さくらよりも「お父さん、がんばれ」だった。
 ゴルフはおやじスポーツの代名詞。「フツーのおじさんが、娘のキャディーバッグを担いでいる姿を、同年代の人が応援しているのが不思議な光景でしたね」とさくらは苦笑していた。が、現代のおやじ像を塗り替える良郎氏の登場で、女子ゴルフ界も熟年層もますます元気になるか-。


さくら咲いた!やったぜ涙の初V―ライフ女子 [ 04月18日 08時05分 ] サンケイスポーツ
Excite エキサイト : スポーツニュース

c0019485_13333015.jpg まだまだ散らない、さくら、満開!ライフカードレディス最終日(17日、熊本・熊本空港CC)首位でスタートしたプロ2年目の横峯さくら(19)が、4バーディー、3ボギーの71で回り通算1アンダー、プロ転向10試合目で悲願のツアー初優勝だ。今週出場する「フジサンケイレディス」(22~24日、静岡・川奈ホテルGC富士C)で2週連続Vを狙う。宮里藍(19)は通算3オーバーの8位。アマで3位スタートの諸見里しのぶ(18)は、通算5オーバーの13位だった。〔写真:やったね! さくら(右)がツアー初優勝。コーチであり、帯同キャディーでもある父・良郎さんとのコンビの集大成だ〕
 こらえきれない。大粒の涙が、さくらの目からこぼれ落ちる。あどけなさが残る19歳の視線は、母の姿を追った。国内ツアー初優勝では、史上2番目の年少記録。「お母さん…」。あとは言葉にならなかった。
 コーチで帯同キャディーでもある父・良郎さん(45)と二人三脚で戦ってきたさくらだが、真っ先に飛び込んだのは1人で飲食店を切り盛り、娘をかげから支えた母・絹子さん(48)の胸だった。
 大混戦の終盤だった。16番でボギーをたたき、イーブンパーでホールアウトしていた呂(台湾)に1打差で首位を明け渡した。だが、さくらは沈まない。17番でバーディーをとり、18番へ。1年前。同じホールでのプレーオフで1・2メートルのパットを外して惜敗。雨に打たれながら悔し涙を流した因縁のホールだ。80センチのバーディーパットの前に、「すっごい、緊張する」。傍らの父は「じゃ、外して(プレーオフで)もう1度観客を楽しませるか」。このひと言で緊張が解け、ウイニングパットをねじ込んだ。「キャディーの力やで!」。父も得意満面の笑顔を浮かべた。
 成長過程。たくましくなる。「昨年のこともあるし、すごくうれしい」。ライバル宮里藍と抱き合って再び号泣した。
 “親子鷹”でつかみとった頂点獲り。8歳の時、さくらは初めてクラブを握り、非凡な素質の芽がふいた。だが、練習は嫌い。娘に球を打たせるため、父は工夫を重ねた。鹿児島・鹿屋市の自宅裏山を切り開いた自前の練習場で、20ヤード先に立てた青竹を打球で割るまでクラブを振らせる。チップインするまでアプローチする。ゲーム感覚を取り入れながらクラブを握らせた。そして、日本中の大会を回る、キャンピングカーでの生活。
 だが、最近のさくらは口出しの多い良郎さんを煙たがる。今季からキャディーも本仮屋沙織さん(21)に交代したが、今大会は昨年のリベンジとして1試合限定で父が復帰。その力を改めて認識させられた。「悔しいけど、パッティングのことはお父さんに言われていたんです」。大会前、わずかに手首をきかすアドバイスをくれていた。
 次戦は22日開幕の「フジサンケイレディス」。さくらには、2週連続Vを狙う晴れの舞台。送り出す父も決意する。「もう一人前。これで引退かな」と、“キャディー廃業”を口にしたのだ。娘も「次は本仮屋さんと優勝したい」。独り立ちして堂々の優勝を狙う。
 あと3試合を終了した時点で賞金ランク1位なら、6月の「全米女子プロ」への出場権も得られる。さあ、川奈に乗り込む“さくら前線”。海を越える日も、もうすぐそこまで来ている。


さくら満開 19歳横峯、ツアー初優勝 

c0019485_13352841.jpg宮里藍に続く史上2番目となる19歳と126日で悲願のツアー初優勝を飾り、トロフィーを手に笑顔の横峯さくら=熊本空港CCで

 宮里藍とともに女子プロゴルフ人気の火付け役となった横峯さくらが十七日、熊本県菊陽町の熊本空港CCで行われたツアー第3戦、ライフカード・レディース最終日で、プロ初優勝を果たした。横峯は昨年八月にプロテストに合格し、19歳と126日、通算10試合目で悲願を達成した。 
 19歳と126日でのツアー初優勝は、宮里藍がアマチュアだった二〇〇三年九月に18歳と102日でツアーを制したのに次ぐ、史上2番目の記録となった。
 横峯はこの日、首位タイで最終ラウンドに臨み、16番のボギーで一度はトップの座を譲ったが17番のバーディーで再び首位に並び、続く18番でもバーディーを奪い、勝負強さを見せつけた。


横峯さくらがツアー初優勝 ライフ女子ゴルフ [ 04月17日 16時29分 ] 共同通信
Excite エキサイト : スポーツニュース

 ライフカード・レディース最終日(17日・熊本空港CC=6423ヤード、パー72)プロ2年目の19歳、横峯さくらが4バーディー、3ボギーの71で回り、通算1アンダーの215でツアー初優勝を飾り、賞金1080万円を獲得した。
 横峯は17、18番の連続バーディーで、先にホールアウトして1打差首位にいたジュリー呂(台湾)を見事に逆転した。
 1打差の2位は呂、さらに1打差の通算1オーバー、217の3位に表純子、李恩恵(韓国)、丁允珠(韓国)が入った。宮里藍は通算3オーバーの219で8位、5年連続賞金女王の不動裕理は22位だった。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-21 13:28 | スポーツ
2005年 04月 21日

野茂、シブい!

野茂投手はシブい。プロだなぁ・・・と思います。もちろん、大リーグの日本人選手の全てに感じるプロ意識とひたむきさに勇気づけられていますが、やっぱり野茂投手のシブさは「いぶし銀」ですね。

打ち込まれてしまう試合もありますが、この試合みたいな調子を続けて良い結果を残して欲しいと祈ってます。野茂投手がドジャース時代、勝ち投手になった試合を見に行った思い出がありますが、本当に一球一球を応援したくなる投手でした。


5年ぶりの快感!野茂が松井にリベンジ…日米198勝 [ 04月21日 08時05分 ] サンケイスポーツ
Excite エキサイト : スポーツニュース

 【ニューヨーク19日(日本時間20日)】デビルレイズの野茂英雄投手(36)が、松井秀喜外野手(30)擁するヤンキース戦に先発し、5回2/3を1失点の好投。現役最高左腕ランディ・ジョンソン投手(41)に投げ勝つ今季2勝目(1敗)を挙げ、日米通算200勝まであと「2」に迫った。松井秀は六回に野茂から左前打を放つなど、3打数1安打。だが、チームは敗れ、再びデ軍と同率の最下位に転落した。
c0019485_10462512.jpg〔写真:6回、松井秀に左前打を許し、打球の行方を見つめる野茂(左)。注目の対決は2打数1安打でドローとなった〕
 敵地のマウンドからゆっくり降りると、チームメートにハイタッチで迎えられた。ポーカーフェースを崩さず、野茂がベンチに座る。世界最強打線を相手に、痛快なリベンジをやってのけた。
 「きょうはチームとして勝ちたかった。いい守備、中継ぎ陣(の好投)、味方の追加点もあり、勝てて本当によかった」
 試合後は静かに勝利の味をかみしめた。前夜はヤ軍に1イニング13得点され、20安打19得点と投手陣がメッタ打ちされての大敗。失意のチームにカツを入れ、自身の“苦手意識”をも振り払う、会心の勝利だった。
 ヤ軍戦には過去7試合に先発し、1勝4敗、防御率6・82。ドジャース時代の前回登板(昨年6月)では、一回に松井秀に3ランを浴び、自己ワーストとなる7連敗の屈辱にまみれた。この日のヤ軍からの白星は、2000年9月以来(当時タイガース)、実に5年ぶりの快感だった。
 「ヤンキースはいい打者が多いので、松井だけのチームじゃない。他の打者もかなり気にして投げないといけない」
 36歳とは思えない若々しい投球だった。MAX147キロをマーク。全81球中66球が直球で、徹底してコーナーを突き、低めに集めた。二回、ジェーソン・ジアンビ内野手(34)にソロ本塁打を浴びたが、ゴジラを含む中軸に仕事をさせなかった。ド軍時代の03年開幕戦にもビッグ・ユニット(巨大な物体=ジョンソンの呼称)と激突し完封勝利を挙げたが、再び最強左腕に投げ勝ってみせた。
 メジャー11年目で初の中3日登板。そんな不安も感じさせず、昨年から続くチームのヤンキースタジアムでの連敗を11でストップさせた。この大手柄に、デ軍のルー・ピネラ監督(61)もジョークを交え超ご機嫌だ。
 「次回も中3日で登板させるとするか(笑)。勝たなければならない試合で、素晴らしい仕事をしてくれた」
 六回途中で余力を残しての降板も予定通り。先発投手1人が脱落しチームの台所事情は厳しいが、チームの5勝のうち2勝を挙げ、夢の日米200勝にもあと2に迫った。まさにエースと呼ぶにふさわしいトルネードが、砂塵を巻き起こし、勢いを増していく。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-21 11:22 | スポーツ
2005年 04月 21日

まったく同感。

4/5「世の流れ。」4/6「想定内の、つまらなさ。」で書きましたが、記事のアンケート結果は、「その通り!」という印象です。

「大リーグの日本人選手同士がワールドシリーズで対決する」とか、「何年か前の長嶋監督時代にシーズン最終戦で巨人がリーグ優勝を決めた時」、みたいな試合だったら、ヒマな日の夕食時に生中継してたら観てみようかな・・・という気になりますが、それ以外は結果だけかいつまんで読めば十分です。サッカーで言えばワールドカップの日本戦ですね。

あとは、楽天が今の状況から同じメンバーなのに一転して連戦連勝、破竹の勢いで首位に昇り詰めて行ったりすれば、興味深いのでちょっと生中継を観てみたくなります。

最低限、それくらい興奮できる試合を毎試合続けられるようにならないかなぁ。


7割が巨人戦中継「時々」「見ない」 [ 04月15日 10時29分 ] 日刊スポーツ
Excite エキサイト : 芸能ニュース

 巨人戦の結果は、ニュースやネットで十分-。日刊スポーツは14日、緊急PPP(プリーズ・プッシュホン・アンケート=有効回答393件)「どう思う巨人戦視聴率低迷」を実施した。多くの野球ファンが、試合結果をテレビ中継ではなく、テレビのニュースやネットで得ている実態が浮き彫りになった。「結果の情報をどう入手しているか」という問いに、テレビニュースが34・1%、インターネットが26・0%を占めた。テレビ中継は、新聞(16・0%)に次ぐ9・7%にとどまった。
 また「地上波で巨人戦の中継を見ているか」との設問には「見ない」が33・0%、「昨年まで見たが今年は見なくなった」が7・2%で、半数近くが中継に関心をなくしていることを示した。「ほとんど見ている」は16・3%だった。
 「低視聴率の原因」では、「プロ野球全体に魅力がなくなった」が最も多い22・1%。「巨人が弱いから」が19・1%。中継への不満は17・8%に上り、プロ野球とテレビ中継の形態への不満がうかがえた。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-21 08:28 | スポーツ
2005年 04月 20日

フロントの責任だ。

Excite エキサイト : スポーツニュース

(1) 投手陣の編成は、結果的にフロントのマネジメントのミス。ミセリ投手への対応は、ビジネスとしてあまりにお粗末。日本を代表する球団がこういうことをするから、大リーグ(球団、選手、代理人)にナメられるし、将来性に絶望感がある。選手がシラけて大リーグに行きたくなるのは当然である。

(2) 勝つことは当然として、興行面や収支面など、編成は経営者として非常に高度なバランス感覚にもとづく戦略と判断が要求される仕事のはずであるが、清原選手の処遇などマスメディアをはじめ元オーナーや選手OBに踊らされるまま個別の案件で右往左往した結果、本来すべきことに注力しなかった。経営者として当事者能力を放棄した最悪の対応である。

(3) 球界再編の対応などで「盟主」気取りでいるわりには実のあるリーダーシップもとれなかった。小手先のファンサービス強化に現をぬかしているうちに、全てのタイミングを逸してしまった。外面ばかり気にして中途半端に格好をつけているなら、「泥水を飲みながら」自球団の強化に取り組むべき。

(4) 編成で長嶋茂雄氏が力を発揮できない状況のまま、何も有効なバックアップ策を講じないで機能停止に陥らせた。一茂氏にチャラチャラしたことをやらせている場合ではなかった。結局は当事者能力が全く無いのに、結果責任を現場の監督と選手に押しつけている。「泥水を飲む」のは現場の選手よりもフロントが率先して飲むべき。監督に飲ませてフロントは知らんぷり、ということでは経営者と言えない。

(5) フロントに編成能力が無いなら、それを謙虚に受け止めて、しかるべき人材に権限を移譲したり、全体最適が解って実務的な実行力のある人材をGM等に登用すべき。各方面の人間関係や営業面、興行面のニーズがあるのは当然踏まえて、長嶋茂雄氏の面子を立てながら現実的な代役を広くリサーチしてリクルートすべき。このような、もっともデリケートな対応で結果を出すことこそ、経営者に求められる本質的能力である。

以上より、今シーズンの巨人の成績や興行成績、TV中継の視聴率について責任を取るべきなのはフロントであると糾弾したい。


巨投炎上…また5割復帰失敗 [ 04月20日 06時14分 ]

 【巨人5-8阪神】追い上げを見せた展開を振り返る声にも、どことなく張りがなかった。今季2度目の5割復帰失敗。堀内監督は首をひねり、かみ合わない歯車を嘆いた。
 「高橋(尚)はよかった。でも、どうしても我慢できないというのが続いてる。打線とのかみ合わせが悪いかな」
 6回まで3安打1失点の高橋尚が7回に乱れた。1死一、二塁から矢野に3号3ランを浴びるなどこの回だけで6失点。結局8安打7失点でのKOに「やってはいけない場面でのホームランになってしまった。悔いが残る」と唇をかんだが打線の援護も遅かった。8点を追う8回、4安打などで5点を奪いなおも2死満塁と1発で逆転の場面も、小久保は二ゴロ。「下柳は前回より全然よかった」と12日の甲子園に続き今季2連敗。通算でも4連敗の左腕に小久保も脱帽した。
 守護神候補と期待したミセリの突然の退団。抑えも出す必要さえない展開での敗戦に「前半、ちょっと元気がなかったな」とつぶやいた堀内監督に、借金生活の出口は見えてこない。
 ≪清原天井直撃も≫通算500本塁打まであと3本に迫っている清原は4打数無安打に終わった。8回1死満塁の一発同点の場面では、ドームの天井にぶつける三飛。「あそこで満塁ホームランを打っとったらおもろかった。打てそうな気がしてたんやけどなぁ」と悔しがった。それでも最後は「あす(20日)いいところで1本打てるように頑張る」とリベンジを誓っていた。


ミセリ解雇で浅草観光…開き直りもメジャー級 [ 04月20日 08時05分 ] サンケイスポーツ

Excite エキサイト : スポーツニュース

 巨人は19日、開幕から救援失敗が続いていた新外国人で“元守護神”のダン・ミセリ投手(34)を解雇、ウエーバー公示の手続きを取った。
 ミセリはアストロズで通算41勝35セーブを挙げて、開幕から抑えとして期待されたが、4試合で0勝2敗、防御率23.63と極度の不振。首脳陣は二軍での再調整を勧めていたが、本人が降格しない“メジャー契約”を主張し、二軍落ちを拒み続けていた。復調の兆しも見えず、練習態度などにも問題があり、チームの士気を考慮した球団フロントが、異例の早期契約解除に踏み切った。
 桃井恒和球団社長(58)は「開幕から調子が上がらず、最近は肩が痛いとも言っていた。投げられない投手を置いておいても仕方ない」と解雇の理由を説明。ミセリ獲得の責任問題については「どうしても抑えを獲らないといけないというプレッシャーがあったのかもしれない。(担当者の処分など)そういうことは考えていない」と話した。
 ミセリはこの日午後1時過ぎに東京ドームで荷物整理を終え「私は行かねば、バイバイ」。その後は家族とともに浅草などで観光。報道陣を「ノークエスチョン(質問はなしだ)」と威圧しながらも年俸1億8000万円のうちの大半を懐に収め、終始、ご機嫌だった。


巨人最速解雇 その時ミセリは浅草観光 [ 04月20日 06時14分 ]

Excite エキサイト : スポーツニュース

 巨人は19日、ダン・ミセリ投手(34)を解雇し、セ・リーグにウエーバー公示の手続きを申請したと発表した。ミセリは抑えの切り札と期待されて入団したが、開幕から救援失敗が続いていた。巨人の外国人選手が開幕から出場選手登録18日間で解雇されたのは球団史上最速。滝鼻卓雄オーナー(65)はフロントの責任問題に発展する可能性も示唆した。 午後4時すぎ。桃井球団社長は東京ドームでミセリ解雇の経緯を説明する会見を行っていた。
 「いつ投げられるかメドが立たない投手を1軍に置いておくわけにはいかない。チームが勝つための態勢をつくるために早く決断しなければならなかった」
 こう神妙な面持ちで話したが、ちょうど同じ頃、ミセリは家族とともに浅草にいた。正午頃に東京ドームでロッカー整理。いったん自宅に戻った後、日本観光に赴いたのだ。人力車に乗ると雷門をバックに記念撮影。乗車時間30分のところを延長も求めた。報道陣の質問には「ノー・クエスチョン」を連発。球団関係者には「これが最後のチームだ」と現役引退する意向を明かしているという。
 抑えの切り札として期待されたが4試合に登板し0勝2敗、防御率23・63。首脳陣は6日に2軍での再調整を勧めたが、ミセリは2軍には落とせない“メジャー契約”を理由に拒否。17日の会談では右肩痛を訴える一方で、あくまで2軍降格を拒否した。こうした状況から球団フロントが代理人側と交渉。解雇が決まった。年俸についてはミセリ側と協議の上、契約期間の2月から4月までの3カ月分、5250万円を支払った。
 全額1億7500万円を支払う最悪のケースは免れたが、フロントの不手際は否めない。この日東京ドームで阪神戦を観戦した滝鼻オーナーは「読売新聞の社員で言えば採用ミス」と厳しい表情を浮かべた。契約上の問題を現場に知らせていなかったことは明らかなミス。桃井球団社長は「責任は痛感している。失敗の研究をして外国人探しの体制を早くつくっていきたい」。滝鼻オーナーは「責任問題?オレの責任?よく考えます」としており、フロントの責任問題に発展する可能性もある。
 巨人は既に新外国人選手として元横浜のスコット・マレン投手(30)と契約。さらにアテネ五輪金メダルのキューバからルイス・ボロト(22)とアディエル・パルマ(34)の左右両エースの獲得にも動いている。今度こそ失敗は許されない。滝鼻オーナーに「採用ミス!」と言われないことを祈るばかりである。


ミセリにぐったり…40分間の3者会談に興奮 [ 04月18日 17時05分 ] 夕刊フジ

Excite エキサイト : スポーツニュース

 またまたミセリをめぐってハプニングが発生した。17日のヤクルト戦の試合前、アップを終えたミセリに、まず阿波野投手コーチが歩み寄った。続いて山本ヘッドコーチが加わって40分間、3者会談が行われた。
 ところが、深刻な顔の両コーチに比べ、ミセリといえばガムを噛みながら、相手の目も見ようとしない。興奮のあまり、親指を自分のノド元に押し当てて横に切ってみせるジェスチャーをみせる一幕もあった。
 ただならぬ様子に会談の中身を質問すると、3人の解答はバラバラ。
 ミセリは、「日本の美しさとか、家族構成のこと。それに仏教について話した」と、とても言葉通りには受け取れない返事。
 山本ヘッドは、「肩の調子がよくないと聞いていたから、どうなのか?って聞いた」。
 阿波野コーチは、「ウソを言いたくないので言えません。エージェント(代理人)にもかかわっていることなので。われわれにとっては重要な話し合いです」と思わせぶりな発言に終始した。
 契約については、本人の承諾なしに二軍へ落とせない特別事項の存在がうわさされる。3カード連続の勝ち越しで上昇機運の堀内巨人だが、“時限爆弾ミセリ”が、爆発へ向けて不気味に時を刻み出した。


<巨人>ミセリ投手を解雇 開幕からの救援失敗続きで [ 04月19日 20時46分 ]

Excite エキサイト : スポーツニュース

 巨人は19日、開幕から救援失敗が続いていた新外国人のダン・ミセリ投手(34)との契約を解除したと発表した。
 ミセリは今季、主に抑えとして4試合に登板してたが、0勝2敗、防御率23・63と不振を極めていた。阿波野投手コーチらが2軍での調整を勧めていたものの、ミセリは拒否。17日には右肩痛を訴えながら、それでも2軍調整を受け入れなかったため、桃井球団社長は「チームが勝つ態勢を早く作らないといけない」と解雇に踏み切った。
 桃井球団社長は「ここ何年かうちの課題は抑え投手。(フロントの)責任は痛感している」と話した。契約の中に、本人の同意がなければ2軍落ちさせられないとの内容が盛り込まれていたとされる点には具体的に言及しなかった。ただ、「いろいろな意味で反省しなければならないかも」とも語った。【田中義郎】


巨人・ミセリ、ついに解雇…相談役の桑田もビックリ [ 04月19日 17時05分 ] 夕刊フジ

Excite エキサイト : スポーツニュース

 ダメ守護神として巨人開幕ダッシュ失敗の元凶となったダン・ミセリ投手(34)が19日、ついに解雇された。ミセリはそのまま緊急帰国することになる。
 ミセリは同日、阪神戦が行われる東京ドームにいったん姿を見せたが、午後1時20分すぎに荷物を引いてロッカーから出てきた。ミセリはノドを指差しながら、かすれた声で「スロートスメル(ノドが痛い)」と話し、井原国際部長と握手して東京ドームを後にした。
 あまりの緊急事態で、堀内監督、阿波野、香田投手コーチ以外は、通訳ですらミセリの「解雇」を知らなかった。ミセリの相談役だった桑田は「えー、ホント? いつ? (井原部長との握手は)お世話になりましたって意味?」と驚き、萩原チーフトレーナーも「(ノドが痛いなんて)聞いてない。こっちにはそういう報告はない。コーチにはあったかもしれないけど」と首を傾げるばかりだった。
 ミセリは昨年アストロズに所属して74試合に登板。プレーオフではクローザーとして活躍したこともあり、年俸1億7000万円(推定)の破格条件で抑えの切り札として獲得したが、巨人では4試合に登板して、0勝2敗。防御率23・63と、まったくの期待外れに終わっていた。開幕ダッシュにブレーキをかけた戦犯に首脳陣は二軍降格を要求していたが、契約をタテに一軍に居残り、対応に苦慮していた。


一茂、実は隠密「テレビの取材しただけ」と言うが [ 04月14日 17時05分 ] 夕刊フジ

Excite エキサイト : スポーツニュース

 いったい、この人の役目って何? G党ファンもすっかり忘れかけたところへ、今季から「球団代表特別補佐」の肩書で巨人フロント入りした長嶋一茂氏が登場した。
 13日の阪神戦。試合前の段階で、巨人は今季3勝7敗の最下位。そんな重苦しいムードの中にあっても、ほんわかムードを醸し出せるのが、一茂氏の魅力ではある。
 試合前、打撃ケージの後ろで、キャンプ中から確執を取りざたされていた堀内監督と、あえて約20分間にわたって会談。
 色めき立つ報道陣に囲まれた一茂氏は、「再建策提案? とんでもない。僕はきょう、テレビ中継のゲストに招かれているので、巨人の最新情報を取材していただけです」と言い切って、ズッコケさせた。
 実際、テレビ朝日系の中継で、一茂氏は試合前の取材の成果をフルに活用。球場入りする前、巨人ナインが宿舎で高橋由選手会長を中心に選手だけのミーティングを開いた秘話も公開した。中継中、解説の吉田義男氏(元阪神監督)が、「巨人は林の後に、誰を投げさせるかが問題ですね」と指摘したのを受け、「堀内監督の(試合前の)口調からすると、ミセリの可能性もありますね」と、視聴者が耳を疑うような発言があったのも一茂氏らしい。
 球団関係者は「一茂氏にはこうやって、持ち前の明るいキャラクターで、どんどん巨人の存在をアピールしてほしい。それがわれわれが期待していることですから」とうなずく。そんなPR部員のような仕事だけなのだろうか。
 今後、一茂氏が別の顔をみせる可能性はある。「オーナーなどからチームの状態を聞かれることはあると思います。(現段階では)まだ聞かれてないけど」と漏らした。
 つまり、このまま低迷が続くようなら、「今年優勝できなければクビ」と、自ら腹をくくっている堀内監督の進退問題が浮上するのは確実。その時、チームの実情を分析し、滝鼻オーナー、さらには渡辺前オーナーらに報告するのが一茂氏の役割なのだ。
 ナインや裏方にまで声をかけていた一茂氏。その“取材”に、堀内監督らが戦々恐々とする状況にならないことを祈るばかりだ。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-20 08:52 | スポーツ
2005年 04月 11日

みんな頑張ってる!

Excite エキサイト : スポーツニュース

イチロー選手の複数安打は残念だけど、ヒットそのものは続いてます。イチローだから当たり前って感覚になりつつありますが、本当にすごいことですよね。ただ、イチロー選手の悲劇っていうのは、所属チームが今ひとつ勝てないこと。かといって、強いチームでイチロー選手が力量を発揮出来るか?・・・っていうと、微妙な感じもしますし・・・、イチロー選手がチーム全体を強くするか?っていうと、何か孤独な雰囲気にも見受けられるし・・・。今のまま「記録的な男」として極めるのが最もハッピーな生き様なのかも知れませんね。

中村選手は直ぐに機会が巡って来て、結果を出せて、本当に良かったです。今回の件、メディアと周囲に過剰反応されて騒がれなくても済むように、最初から感じたことや思ったことを何でもリアルタイムに出さないで、淡々と結論だけを語れば、もっとイイ男になれると思います。

誰よりも強い気持ちで大リーグを目指して来たのですし、誰よりも当事者として不安だったと思いますが、やっぱりスゴイ選手ですから誰に何を言われようとも自信をもって、淡々と一途に頑張る姿を見たいです。自分に責任を持てる人は、自分自身しかいませんし・・・。

その点、田口選手は厳しい状況のなか数少ないチャンスでキッチリ結果を出していて、すごくタフだと思います。フル出場して思い切りプレー出来るようになって欲しいと祈ってます。

やっぱり野球は巨人戦を観るより大リーグの日本人選手を応援する方が、いいですね。


イチロー複数安打止まる 昇格の中村が代打安打 [ 04月11日 09時46分 ] 共同通信

 【シアトル10日共同】米大リーグは10日、各地で行われ、マリナーズのイチロー外野手は当地でのレンジャーズ戦に「1番・右翼」で先発し、4打数1安打だった。開幕からの連続試合安打は6に伸び、連続試合2安打は5で途切れた。マリナーズは6-7で敗れた。
 カージナルスの田口壮外野手は、フィリーズ戦に8回表から右翼手で出場、8回裏、左越えに今季初安打となるソロ本塁打を放った。1打数1安打1打点。カージナルスは4-13で敗れた。
 3Aラスベガスに所属していた中村紀洋内野手はドジャースに昇格。ダイヤモンドバックス戦に代打で出場して右前打を放ち、大リーグデビューを果たした。これで今季の日本人大リーガーは13人(投手7、野手6)になった。
 ヤンキースの松井秀喜外野手はオリオールズ戦に「4番・左翼」で先発し、3打数無安打だった。3試合ぶりの無安打。ヤンキースは2-7で敗れた。


(4/10)ドジャース中村が大リーグデビュー・代打で右前打
c0019485_11481525.jpg
ドジャースの中村紀洋内野手が大リーグデビュー。代打で右前打を放つ=10日、米フェニックス〔著作権:AP.2005〕
 【フェニックス(米アリゾナ州)10日共同】米大リーグ、ドジャースの中村紀洋内野手が10日、当地でのダイヤモンドバックス戦で大リーグにデビューした。
 中村は前日までドジャース傘下の3Aラスベガスに所属していたが、10日、大リーグに昇格。ダイヤモンドバックス戦の八回、代打に起用され、右前打を放った。これで今季の日本人大リーガーは13人(投手7、野手6)となった。ドジャースは4―5で敗れた。
 中村は2月3日にドジャースとマイナー契約を結び、招待選手として参加したオープン戦では打率2割9分5厘、3本塁打と結果を残しながら、チーム編成や契約上の問題などで3Aで開幕を迎えた。〔共同〕


イチロー複数安打止まる 昇格の中村が代打安打 [ 04月11日 11時55分 ] 共同通信

Excite エキサイト : スポーツニュース

 【シアトル10日共同】米大リーグは10日、各地で行われ、マリナーズのイチロー外野手は当地でのレンジャーズ戦に「1番・右翼」で先発し、4打数1安打だった。開幕からの連続試合安打は6に伸び、連続試合2安打は5で途切れた。マリナーズは6-7で敗れた。
 3Aラスベガスに所属していた中村紀洋内野手はドジャースに昇格。ダイヤモンドバックス戦に代打で出場して右前打を放ち、大リーグデビューを果たした。これで今季の日本人大リーガーは13人(投手7、野手6)になった。
 カージナルスの田口壮外野手は、フィリーズ戦に8回表から右翼手で出場、8回裏、左越えに今季初安打となるソロ本塁打を放った。1打数1安打1打点。カージナルスは4-13で敗れた。ホワイトソックスの井口資仁内野手はツインズ戦に「2番・二塁」で先発、左翼線二塁打など3打数2安打1打点だった。チームは2-5で敗れた。
 ヤンキースの松井秀喜外野手はオリオールズ戦に「4番・左翼」で先発し、3打数無安打だった。3試合ぶりの無安打。ヤンキースは2-7で敗れた。
 メッツの松井稼頭央内野手は休養のためブレーブス戦を欠場した。


<大リーグ>日本人選手活躍も勝利に結びつかず [ 04月11日 14時49分 ]

Excite エキサイト : スポーツニュース

 【シアトル高山純二】米大リーグは10日、各地で行われた。ドジャースの中村は控え野手の故障者リスト入りに伴い、3Aラスベガスからメジャーに昇格。フェニックスでのダイヤモンドバックス戦八回に代打で出場、右前打を放った。試合は4―5で敗れた。
 マリナーズのイチローはレンジャーズ戦に1番・右翼で先発して、4打数1安打。開幕からの連続試合安打を6としたが、複数安打は途切れた。ヤンキースの松井秀は、オリオールズ戦に4番・左翼で先発し3打数無安と、3試合ぶりのノーヒット。ホワイトソックスの井口はツインズ戦に「2番・二塁」で先発。一回の第1打席での左翼線二塁打を放つなど3打数2安打1打点だった。試合は2-5で敗れた。 
 カージナルスの田口は、フィリーズ戦の八回表の守備から出場し、その裏に今季初安打となる左越え本塁打を放った。カージナルスは4―13で敗れた。メッツはブレーブスに6―1で勝ち、松井稼は休養のため欠場した。
 ◇イチローが捕球じゃまされ、ご機嫌ななめ
 複数安打は一休みのイチローが守備で珍しく感情をあらわにした。
 先制の1点を奪われた四回。レンジャーズはなおも1死一、三塁で攻め立てる。そこへ右翼線際の大きなファウル。ボールに追いついたイチローが捕球しようとしたものの、ファンのグラブが先んじた。
 グラブを差し出して「捕れた」とアピールするイチロー。グラブを差し出したまま、しばらくファンと対峙(たいじ)する格好となった。
 「仕方ないが、その後ですね。点を取られなければ、あれがよしとされるわけですから……」
 チームはその回計5点を奪われた。いったんは逆転したものの、七回に再逆転され、2日連続の逆転負けとなった。
 イチローがファウルを捕球していれば、最少失点に抑えられ、試合の流れを変えた可能性もある大事な場面だった。【シアトル高山純二】
■松井秀の打席
二回 投ゴロ
四回 四球
六回 空振り三振
九回 中飛
■イチローの打席
一回 二ゴロ
三回 見逃し三振
五回 二ゴロ
七回 右前打
■田口の打席
八回 左越え本塁打(1)
■中村の打席
八回 右前打
■井口の打席
一回 左翼線二塁打
三回 中犠飛(1)
五回 中前打
七回 三ゴロ
※カッコ数字は打点


イチロー指定席がっちり、6試合連続安打 [ 04月11日 17時05分 ] 夕刊フジ
c0019485_18164286.jpg
 【シアトル(米ワシントン州)10日=夕刊フジ特電】マリナーズのイチロー外野手は、レンジャーズ戦に1番右翼で出場し、七回の第4打席で右前安打を放った。これで開幕からの連続試合安打は「6」。開幕6戦連続安打は日米通じて自己最長記録で、首位打者もがっちりキープ。イチローの早過ぎる全開モードは止まらない。
 イチローはこの日、3打席目まで、レンジャーズ先発の右腕ブリーズに抑えられていた。しかし、七回一死走者なしの第4打席、2番手左腕のリリーに対して1-1から3球目を打ち、一、二塁間をゴロで破って開幕から全試合でヒットを記録し、昨年から続く連続試合安打を「19」に伸ばした。
 イチローは初回先頭の第1打席は二ゴロ、三回の第2打席は二死一、二塁のチャンスだったが、2-3から見逃し三振。五回一死一、二塁の第3打席は二ゴロだったが、併殺崩れで一塁走者に残り、4番セクソンの中越え二塁打でホームを踏んだ。イチローは前日の2安打で、自己最速で「指定席」のア・リーグ首位打者に立っていた。試合には6-7で敗れたものの、この日もしっかりと結果を残し、首位打者を守った。
 イチローはメジャーの過去4年間で、どの年も1度は首位打者に立っているが、262安打のシーズン最多安打記録をマークした昨年は105試合目。最も早かったのが2002年の49試合目だった。今季の“早熟”ぶりは、「スロースターター」の汚名返上に十分な活躍だ。
 昨年の最下位からの復活をかけるマリナーズは、レンジャーズに連敗。本拠地での開幕6連戦を2勝4敗と負け越し、スタートダッシュに失敗したが、イチロー自身は「(つながる打線に)去年とはまったく違う感覚を、今のところは持っている」と期待感を示している。 
 昨年まではイチローがどんなに出塁しても、ホームが遠かったが、今年は3番ベルトレ、4番セクソンの加入で打線は破壊力を増し、今季はここまで11安打し、6度ホームを踏んでいる。
 「僕の仕事は、出塁して得点すること。1番打者としてシーズン100得点は目標」と公言するイチローにとって、今年の新打線にははっきりとした手応えを感じているようだ。
 開幕からの連続マルチ安打は「5」でストップしたものの、この日を終えて.478と驚異的な高打率をマーク。それでもイチローは「今も準備期間だという意識は持っていますし、それは変わらない」と、いまだに完全ではないと強調する。
 このペースでいけば、昨年の4月の打率.255を大きく上回ることは確実。現在の状態が「準備期間」なら、5月、6月はどんな数字を残すのか。64年ぶりの4割に向けて、夢は膨らむばかりだ。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-11 11:46 | スポーツ
2005年 04月 11日

野茂、ひと安心!

Excite エキサイト : スポーツニュース

野茂投手は大丈夫かな?と心配していましたが、ホッとしました。さすがですね。良い結果が続きますよう、心から祈ってます。

無口で言い訳も愚痴もこぼさず、愚直なプロ意識で淡々と最善を尽くす姿はエンターテイメントとしては「面白くない」という表現も出来ますが、昔ながらの日本の職人というか、サムライというか、ここまで徹底すれば「良い結果」が全て最高のエンターテイメントになりますよね。「自分らしく」やって来た結果だと思いますが、あるとこ最も合理的な生き方かも知れません。一人の「仕事人」として尊敬しています。


野茂初勝利、藪がデビュー イチローは5戦連続2安打 [ 04月10日 15時35分 ] 共同通信

 【ニューヨーク10日共同】米大リーグは9日、各地で行われ、デビルレイズの野茂英雄投手がセントピーターズバーグ(フロリダ州)でのアスレチックス戦で今季初先発し、1勝目を挙げた。6回を投げ、本塁打による1安打1点だけに抑え、日米通算197勝目をマークした。
 36歳の藪恵壹投手(アスレチックス)も救援で初登板し、2安打を浴びて3点を与えるなど、3回2/3で4安打5三振。記録上、藪の失点とはならないものの、ほろ苦いデビューとなった。
 マリナーズのイチロー外野手はレンジャーズ戦で4打数2安打1四球。開幕から5試合連続で2安打した。打率は5割2分6厘。長谷川滋利投手は6回途中から登板。2回2/3を無安打無失点だった。
 オリオールズ戦に4番・左翼で先発したヤンキースの松井秀喜外野手は7回に同点二塁打を放ち、4打数1安打1打点。


トルネード見事復活!野茂が“メモリアル登板”飾る1勝 [ 04月11日 08時05分 ] サンケイスポーツ

Excite エキサイト : スポーツニュース

 【セントピーターズバーグ(米フロリダ州)9日(日本時間10日)】デビルレイズ・野茂英雄投手(36)が通算200勝まで3勝に迫った。アスレチックス戦に今季初先発。これがメジャー通算300試合目の先発で、6回をソロ本塁打だけの1安打1失点に抑え、日米通算197勝目を挙げた。ドジャースで戦力外になり、今季マイナー契約からスタートしたトルネードが、見事に蘇った。
 うれしいプレゼントに、野茂が満面の笑みを浮かべながら、頭をペコリと下げた。試合後のロッカールーム。大量リードで七回に交代していた正妻のトビー・ホール捕手(29)が、わざわざウイニングボールを探して届けてくれたのだ。
 「勝ててうれしいです。勝たないとチームに入れた気がしませんから。ノーヒット(ノーラン)なんて考えませんでした。前半に早く大量点をもらえて、本当に楽に投げられました」
 打線の援護ばかりを称える野茂だが、投球内容は今季初先発とは思えないほど圧巻だった。
 ア軍打線に許したのは一回の2四球と、三回、好調のマーク・コッツェー外野手(29)のソロ本塁打だけ。速球が打者の手元で伸び、6回18アウトのうち10アウトをフライが占めた。
 メジャー11年目、延べ7球団目の今季、マイナー契約でスタート。初勝利までたどりつけたのは、旺盛なチャレンジ精神があったからだ。平均年齢が最も若いデ軍。36歳の野茂は最年長で、メジャー通算300試合目の先発。他の先発4人は合計しても213試合にすぎない。
 「若い投手陣の手本だ。話をしなくても、姿を見るだけでも学べることは多い」とチャック・ラマーGMは経験を高く評価している。
 が、野茂自身は“挑戦者”の姿勢をかたくなに守っている。
 「若くて素材のいい投手がたくさんいますから、いいものを見させてもらえる。ついていけるか分かりませんが、同じようにやっていきたい」
 社会人(新日鉄堺)、近鉄時代と同じ背番号「11」にしたのも、初心に帰る決意の表れだった。メジャーで「11」を背負った99年ブルワーズと01年レッドソックスは、いずれも前年が不本意な成績。昨季4勝11敗、防御率8.25に終わり、限界説さえささやかれた野茂は、3度目の原点に戻って日米通算197勝目を挙げたのだ。
 「シーズンを通して活躍することしか考えていません。今のコンディションを維持して、けがをせずにいきたい」
 次回先発は15日(日本時間16日)のレッドソックス戦。2度目のノーヒットノーランを記録した思い出の地・ボストンで、再びトルネードが猛威を振るう。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-11 10:48 | スポーツ
2005年 04月 08日

対応策の提案。

Excite エキサイト : スポーツニュース

巨人のフロントは、不調でも話題性のある佐々木投手(横浜)と五十嵐投手(ヤクルト)を、上原投手以外の全投手を対象に交換トレードするとか、資金力にモノを言わせてヤンキースからランディ・ジョンソン、せめて西武から松坂投手を購入するのは、いかがでしょうか?

いっそのこと今シーズンは勝負を捨てて、話題作りとお笑いに徹してみては?話題性的には読売好みの展開だと思います。そういう意味では、川上監督が復活して、始球式じゃなくて、堀内監督が投手に復活して、村田投手(マジで!)、江夏投手、金田投手の復活!とか、代打に野村氏とか張本氏など、口うるさい名球会メンバーの人物に手本となるプレーを示していただく、といった対応も、チーム内の引き締めのみならず、観客動員や視聴率アップに貢献するかも知れません。ただし、この場合は巨人戦にコールドゲーム制を適用しないといけません。


巨人 ワースト14失点 投壊止まらず [ 04月08日 06時15分 ]

 【巨人6―14横浜】17安打を浴び、今季ワーストの14失点。怒りを通り越し、あきれ顔の巨人・堀内監督の口調はまるで解説者のようだった。
 「自分のペースで投げられないピッチャーが多いというのは、このところ見えているな」
 24年目のベテランも悪い流れを止められない。先発・工藤は1―1の4回、佐伯の1号2ランなどで5点を失うと、結局5回持たず11安打8失点KO。6回にはミセリが3失点、7回には中村が3失点と投手陣が打ち込まれた。終わってみれば4試合連続の2ケタ被安打で今季の失点はリーグワーストの42。「野手の人とリリーフには迷惑をかけてしまった」と工藤はうなだれた。
 8日からは昨年優勝の中日3連戦。堀内監督は「そんなのどうだっていいじゃん」と投げやりだ。開幕カードの広島は昨年5位で、横浜は最下位。その相手との6試合で残った結果は1勝5敗である。
 ≪またか…失敗ミセリ敗戦処理≫巨人のミセリがまた打たれた。6回にマウンドに上がると1死二塁から佐伯に右越え適時打。続く多村に右越え1号2ランを浴びた。試合後は「リトルリーグみたいな小さな球場でやっていることがこういう結果につながっている」と逆ギレ。今後についても「まあ見てみましょう。結果は保証できないけど」と投げやりだった。堀内監督は「(今後の起用法は)決まってんだろ」と話し、敗戦処理に回る。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-08 15:30 | スポーツ