カテゴリ:クルマ( 13 )


2005年 04月 28日

復活のきざし?

中国新聞地域ニュース
マツダ営業利益、過去最高の829億円 '05/4/28

 マツダが二十八日発表した二〇〇五年三月期連結決算によると、売上高は二兆六千九百五十五億六千四百万円で前期比7・6%減、当期利益は四百五十七億七千二百万円で35・0%増えた。本社宇品第一工場(U1、広島市南区)の火災の影響があったものの、自動車事業のもうけを示す営業利益は八百二十九億四千七百万円で18・2%伸び、過去最高になった。
 十二月期だった海外の一部の連結対象企業が前期に、決算期を三月期に変更しており、その影響を除いた売上高の伸び率は4・7%増で、実質的には四期連続の増収増益になった。
 〇三年十月に発売したアクセラが好調だった上、輸出が堅調な欧州のユーロに対する円安や事務費の削減などが寄与した。配当は一円増配し三円にする。
 広島市中区のホテルで会見した渡辺一秀会長は「コスト削減計画や新型車投入の計画を予定通り達成し、過去最高の利益となった。本社宇品第二工場(U2)の再開で商品主導で成長する体制も整った」と話した。
 マツダ単独決算では売上高一兆八千五百十一億七千万円で11・4%増。経常利益は百七十億千万円で42・3%増えた。
 連結総売り上げ台数は百十万四千台で実質2・6%増。火災の影響で今年初めに落ち込んだものの、防府工場(防府市)の増産などでカバーした。国内は二十九万四千台で0・8%増、海外は八十一万台で3・3%増えた。
 今期の総売り上げ台数は世界で計百十七万八千台と6・8%増を予想。連結の売上高二兆八千四百億円、当期利益五百五十億円の増収増益を見込む。


中国新聞地域ニュース
マツダ海外生産30万台突破 04年度 '05/4/28

 ■防府工場も過去最高
c0019485_15574232.jpg マツダが二十七日発表した二〇〇四年度の生産販売実績によると、中国が伸びた海外生産は三十万七千九百十八台で21・1%増と大幅に伸び、初めて三十万台を超えた。国内生産は防府工場(防府市)が過去最高を記録して火災の影響をカバー。国内生産、海外生産、国内販売、輸出の全四項目で三年続けて前年度を上回った。
 国内生産は八十一万二千七百七十二台で前年度を0・2%上回った。本社宇品第一工場(U1、広島市南区)が火災で一時生産をストップしたが、防府工場が15・4%増の四十九万六千四百七十二台を生産。同工場では販売好調なアクセラが前年度の約二・一倍の三十三万七千三百七十七台に達し、U1の火災による減産をカバーした。
 国内、海外生産の合計は百十二万六百九十台で5・2%増えた。海外生産では、中国が12・2%増の十万九千七百八十台、米国は20・5%増の九万四千二百台。タイも11・7%増の三万八千七十八台だった。
 国内販売は二十八万六千百八十六台で2・4%増。アクセラ、ベリーサが堅調で、軽自動車が17・8%増と大きく伸びた。輸出は1・0%増の五十六万九百八十六台で欧州向けが増加した。
 三月は新型プレマシーが貢献し、国内生産が前年同月より10・2%増の八万二千百九十五台で、四カ月ぶりの増加。国内販売は四万三千四十七台で16・1%増加した。輸出は4・2%減の五万四百台、海外生産は中国の在庫調整などで19・1%減の二万千百八十五台だった。
 ◇宇品第一、量産再開
 マツダは二十七日、火災で操業を停止していた本社宇品第一工場(U1、広島市南区)で、昨年十二月十五日の火災以来四カ月半ぶりに「デミオ」の量産を再開した。生産車種を五月から順次拡大し、六月上旬には火災前の計八車種の生産体制に戻す。
 当初は品質を細かく確認しながらゆっくりとした速度でラインを動かす。月内に塗装するのは約十台にとどまる見通し。ゴールデンウイーク(GW)の休業が終わる九日以降、ラインの速度を本格的に上げ、商用車「ボンゴ」シリーズなどへ塗装車種を拡大する。
 同シリーズは二月中旬から、プレス工業尾道工場(尾道市)と三菱自動車水島製作所(倉敷市)へ車体をトラック輸送し塗装していた。プレス工業での委託塗装はこの日で終え、二十八日には三菱自動車への委託も打ち切る。
c0019485_1558862.jpg【写真説明】デミオの製造を再開したU1の塗装ブース(広島市南区、マツダ提供)
[PR]

by azatsu0422 | 2005-04-28 15:58 | クルマ
2005年 03月 18日

宅急便や引越しのトラックも?

Excite エキサイト : 社会ニュース

都市の市街地の路上は、事実上ほとんど全て駐車禁止だと思うが、宅急便や引越しのトラックまで無常に取り締まられてしまうのでしょうか?一般のクルマと比べて、ずいぶん周りに気を遣いながらやっているように思えるだけに、民間委託の取り締まり屋さんがポイント稼ぎに情け容赦なく取り締まったら、お気の毒だなぁ…とも思います。

宅急便や引越業者さん達は、この先、どんな筋通しや工夫をして生き永らえて行くのでしょう?駐停車禁止でないゾーンなら「停車」は良いはずなので、常に運転席に誰か乗っている状態にしておきながら、助手が荷物運びを行うのでしょうか?

そしたら特に宅急便は乗員が増えて人件費負担が少なくとも2倍になるのかなぁ?大変なことだと思います。


<駐車違反>来年6月からは即ステッカー [ 03月17日 20時51分 ]

 警察庁は17日、駐車違反車両のタイヤにチョークで印をつけて一定時間経過をみてから取り締まる現在の方式を改め、直ちに違反ととらえてステッカーを張る方式に切り替える方針を決めた。改正道路交通法で駐車違反取り締まりの民間委託が始まる来年6月から実施する。同日の国家公安委員会に報告した。
 現行法でも駐車禁止場所に車を止めた場合は即座に摘発対象となる。しかし、1台を取り締まる間に他の車が気付いてその場を離れるなどした場合、公平性を欠くのではないかといった視点から、違法駐車が長く継続している車両に摘発対象を絞るため、チョークで印をつける方式がとられてきた。
 しかし、この方式に法的な根拠はない。法改正で、民間業者が取り締まるようになった時、駐車時間の長短で判断に差が出たり、ドライバーとのトラブルなどで現場が混乱する事態などが予想された。明確な基準を示すため、駐車時間の長短にかかわらず、違法状態を確認した時点ですぐにステッカーを張ることにした。【窪田弘由記】
[PR]

by azatsu0422 | 2005-03-18 01:13 | クルマ
2005年 02月 10日

高齢者ドライバー

ひどいわ。

今さら・・・という話題ですが、こういうニュースで世間の関心が一段と高まり、それを受ける形で道交法が改正されて規制が強化されるのが世の常、仕方ありませんし、規制する方向には賛成です。

ただ、各論になると異論が噴出して、単純に法整備できないものです。

例えば、「○○歳以上は免許の更新をさせない」というアイデアには反対します。何故なら、人によって身体能力や培って来た経験、訓練のレベルが大いに違うことは明らかなのに、それを○○歳でバッサリ斬って欲しくない、と思うからです。

私自身、運転そのものが好きだし、高齢になって身体能力が衰えれば、むしろ誰にも頼らず自立して行動するための道具としてクルマを運転し続けたいのが本音です。身体能力が落ちても経験と節操でリカバリーすれば十分安全に運転できるのに、○○歳になったから、と一方的に行動の自由度を制限されることには反対したいです。

ちなみに、ポール・フレール氏という世界的に高名な自動車ジャーナリストがいらっしゃいますが、私はかつて当時70歳をゆうに超えていたポール・フレール氏が開発中のスポーツカーを開発関係者が惚れ惚れするような速さで正確に走らせて、鋭いコメントをしていた現場を見かけたことがあります。もちろん、これは極端な例ですが、高齢でも十分安全に運転できると思われる人は少なからずいるのは事実と信じています。

逆に、元々運転センスに「?」な人が、十分な訓練もされず運転経験も乏しいまま加齢と共に身体能力や判断力が衰えて、高齢者とは言えない年齢にもかかわらず危険な運転をする人だっていると思いますし、こういう人は若くても運転を辞めるべきだと思います。

ということで、私のアイデアは免許更新時に「運転適格性の再審査」をパスする仕組みに変えることです。飛行機のパイロットは最初の更新から更新毎に適格性を厳格に再審査すると聞いたことがありますが、やはり「あるべき姿」だと思います。

そうは言っても、免許センターのような当局の更新業務に現実的な制約はあるでしょう。ただでさえ週末は混雑する免許センターの、どこで、どうやれば審査できるの?もっと混雑して苦情が続出する・・・という悲鳴が想像できます。ですから、再審査の対象年齢を○○歳以上とするのは止むを得ないかも知れません。

しかし、とにかく動体視力、聴力、敏捷性と操作の正確性といった基本的な身体能力と、判断力や法令知識などについて最低限確保すべきレベルを審査して、それすらパス出来ない人には引退していただくべきだと思います。

また、高齢者の再審査を前提に、免許更新期間を1年といった短い期間にすることも、止むを得ないかも知れません。

そして、こういうことに税金を使うのは止むを得ないと思いますし、問題の源を対策するので対症的な対策費用よりも効率的な成果が期待できます。少なくとも癒着した業者にほとんど誰も読まない交通標語のポスターや高そうな冊子を印刷させるなら、その手間ヒマとカネを、こちらへ回す方が実効があるのでは?
[PR]

by azatsu0422 | 2005-02-10 13:26 | クルマ