ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 29日

趣味じゃないけど反応するのが男の性。。。

米・ポルノ女王の「あえぎ声」を携帯の着信音に | Excite エキサイト

話題性というか、取り敢えず笑いをとりたい一心でDLして、しばらく使う人も現れるだろうと思いますが、日常的に使い続ける人がいるなら怖いなぁ。。。

なるほど、こういう発想があるのか、とは思いました。喘ぎ声でなくても、子供や奥さん、彼女の声を着声にする人がありそうですね。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-29 03:19 | 風俗
2005年 01月 25日

取り敢えず、やってみるのが筋では?

Excite エキサイト : 社会ニュース

鉄道会社の都合が色々あるようで、それらの都合もひいては「必ずしも顧客サービスにならない」という言い分のようですが、顧客の声として「アンケートで専用車両を求める声が圧倒的」という事実があるにもかかわらず、何も試そうともしないで否定的な姿勢をとるのは「消費者視点のサービス提供」という筋論に対して不誠実な印象です。

私自身、男として身に覚えのない痴漢にされたくない一心で、女性を避けて車内の立ち位置を変えますし、誰もが見える位置を求めて車内の読書も諦め他の人と争奪戦をしながら両手で手すりや吊革に常時つかんでいるようにしていますが、両手の場所取りは、あるとこ自分勝手な行為で辛いだけに、専用車両に賛成です。また、通学で電車を使う子供たちのセキュリティにも良いと思います。

いっそのこと、専用車両を全席シルバーシートにしても良い、とさえ思います。そうすれば、シルバーシートの気まずい雰囲気が嫌という人は、最初からその車両を避ければ済みます。宗教的な道徳観が無いせいか、「旅の恥は掻き捨て」で元々匿名になるとモラルが低下する国民性ですから、匿名の人間が多数集まっている大都市で、しかも特に近年退廃が進んでいるのに、今さら旧き日本人の譲り合いの美徳を持ち出してモラルの改善を呼びかけても交通標語と同様、実効が期待できない以上、「ドライな仕組みを構築」すべきではないでしょうか。敢えて言えば、ドライな仕組みとはいえ、そのベースに「譲り合いの精神」が欲しいところです。

輸送効率のアップやバリアフリー化はもちろんありがたいサービス向上ですし、カッコ良いサービスですが、一方で、例えば場内・車内アナウンスや各種誘導、案内表示は、顧客サービスというより鉄道会社の責任回避でやっているのが本音、という気がします。少なくとも、地味なサービスで面倒を増やすのが大変だからとか、相互乗り入れしている他社との調整が大変だから、というのであれば、それは理由にならないと思います。

各論になれば、乗降する駅の乗り換え位置の都合から乗りたい車両を決めている男性にとっては、専用車両がバッティングすると苦情の一つも言いたくなる人がいるかも知れませんが、私だったら敢えて最も混み合う車両を専用車に指定することで、多くの人と弱者への譲り合いを分かち合いつつ、しかも混雑車両の拡散をねらってみては?と思います。もちろん、自分の決めている車両が専用車両になって乗れなくなったら仕方ないと受け止めます。

そもそも、各社の役員さんは毎日、自社のラッシュにもまれて通勤しているのでしょうか?それにもかかわらず、現状の切実な問題状況を認識してないのでしょうか?問題認識していながら、敢えて顧客の都合を無視せざるを得ないほど経営的に苦しいのでしょうか?


<痴漢抑止>「女性専用車両」増発、警視庁が異例の要請 [ 01月25日 15時00分 ]

 年々増加する電車内の痴漢事件。警視庁は昨年、東京都迷惑防止条例違反容疑で2234件の痴漢を検挙したが、その多くは電車内での被害だった。痴漢多発に頭を悩ませる警視庁は「女性専用車両」を導入するよう在京鉄道各社に異例の要請をした。昨年末には警視庁幹部が「せめて試験的に」と役員に直接面会し、文書で申し入れた。だが会社側は「混雑を平均化できず、列車の遅れにつながる」などと及び腰だ。犯罪抑止か乗客の利便か――。【合田月美】

 女性専用車両が初導入されたのは、旧国鉄時代の1947年。女性や子供を混雑から守る目的で中央線に「婦人子供専用車両」が導入された。だが73年、「時代にそぐわない」と廃止された。

 しかし痴漢被害の増加で論議が再燃。00年12月、京王電鉄が試験運用して徐々に増加。国土交通省によると現在、全国で13事業者31路線で導入されているが、関東では京王電鉄とJR埼京線だけで、8事業者23路線は関西に集中している。

 京王、埼京線の導入は、深夜の下り線だけだが、女性にはおおむね好評で、男性から「痴漢に間違われないで助かる」という声もあるという。警視庁と都は昨年7月、JR東日本や東京地下鉄など鉄道会社と「駅構内・電車内等公共空間における反社会的行為等の防止に関する協議会」を設置。痴漢や盗撮などへの対策を協議してきた。アンケートで専用車両を求める声が圧倒的だったことなどから、各社に対策を要望。昨年12月には、警視庁部長が3社の役員と会い「せめて試験的に区分乗車を実施できないか」と要請文を渡した。

 だが各社の反応は消極的だ。「『東京と大阪は混雑度が違う。東京では難しい』と言いたげな感触だった」(警視庁幹部)という。例えば▽各車両の混雑の平均化を図れなくなり、列車の遅れにつながる恐れがある(東京地下鉄)▽編成ごとに車両数やドア位置も異なり、乗客への案内が難しい。要望も少ない(東武鉄道)――などが理由だ。複数の鉄道会社が相互乗り入れしている例もあり、自社だけでは決められない事情もあるという。ある担当者は「警察は犯罪抑止しか考えていない。そんな単純なものではない」とこぼす。

 警視庁幹部は「車両単位が無理でも、シルバーシートのように女性ゾーンを設けるなど何か手はあるはず」と話す。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-25 17:16 | 社会
2005年 01月 21日

イヤな感じ!ついでにグチャグチャ言っちゃおう!

Excite エキサイト : 経済ニュース

竹中氏に恨みはありませんし、内外の抵抗や世間の冷やかしの中で打たれ強くキレず逃げずに粘っている姿を応援していますが、その背後にある役所の本音を感じて、イヤな感じです。

たとえて言えば、大地震で何もかも壊されたうえに厳冬が10年以上続いて体調不良者だらけ、「このまま死ぬまで氷河期か?」という気分で凍えているのに、お代官さまから「もう春だ!後で年貢をたっぷり取ってやるから、生き残った若い衆は年寄りのためにさっさと働け!」と言われている気分です。

モラルハザードと学力低下の原因を作った「年寄りと行政」は、好き勝手やってオイシイ思いをして来たくせに、ツケを少数の若手に回しておきながら、自らは蓄財と年金でヌクヌク余生を暮らしてちゃっかり逃げ切るわけです。それでいて、後の世代に対してオイシイ思いをしていることを一切口にせず、学生運動のクセが抜けきれぬまま屁理屈をコネて話をそらして、汚いなー、って感じです。

右肩上がりの時代に過ごした自分の苦労話をプロジェクトXみたいな美談に仕立てて説教しながら、後世へのツケ回しを正当化してる感じです。好き勝手やった自分のことは棚にあげて、そういう大人を見て育った子供が問題を起こしたとき、その起源が自分達の節操の無さにあったことを決して反省しないし、身に覚えがあっても決して謝りません。それが、「年寄りと行政」の特徴です。

これからの時代、少ない若い衆から年貢(税金に年金と健康保険)をたっぷり取り立てて、死ぬまで美味しい思いをしようとする人たちは、せめてこれ以上のワガママを言わず謙虚になって、若い衆から尊敬されるだけのマナーと節操を守って欲しいし、カネを使うなら国内の個人消費に貢献して社会に還元してくれ、と言いたいです。

あと、今後、多数決なら年寄りの都合で物事が決まってしまいまうのは、却って不平等です。節操の無い年寄りは、自分の都合しか考えません。自分さえ逃げ切れば、後がどうなろうが「関係ない」という本音が見え見えです。少なくとも出征しないで済む立場や年齢の人たちに「軍」を持つかどうかを決めて欲しくありません。

「バブル後でない」これからの時代、年寄りたちは若い連中と経済弱者に、モラルも節操もないグチャグチャな日本で働かせておきながら、自らは物価が安くて快適な外国で気ままな年金生活を送りつつ、しかも若い衆に「兵隊に行け」と言うのでしょうか?


もはやバブル後ではない 竹中経財相が経済演説 [ 01月21日 15時36分 ] 共同通信

 竹中平蔵経財相は21日、衆院本会議で経済演説を行い、不良債権処理など構造改革の進展で、民間需要中心の景気回復やデフレ克服の動きが進んでいると強調。「『もはやバブル後ではない』と明確に申し上げたい」と述べ、負の遺産を清算する「守りの改革」から、新たな成長のための「攻めの改革」に取り組む考えを表明した。
 経済活性化のため「民間でできることは民間で」と指摘。その象徴として郵政民営化を挙げ、通常国会での確実な成立を目指すと訴えた。公共サービスの受注を官民が競う市場化テストの導入やアジアとの経済連携、国・地方財政の三位一体改革の推進などにも全力を挙げる姿勢を示した。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-21 21:40 | 経済
2005年 01月 21日

自衛にも限界がある!守ってくれ~!

Excite エキサイト : 社会ニュース

取り敢えず、ロッカーの暗証番号をカードの暗証番号と違うようにするくらいしか自衛策が思いつきませんが、どのみちプロの手にかかったら、大した意味が無いのでしょう。

それでも、銀行は補償してくれないと聞きますし、盗んだ人が捕まっても元通り返してくれるはずもなく、被害者救済のあてがありません。

架空請求に至っては、今どきは本物の裁判所から身に覚えのない請求が来るそうで、無視したら強制執行されるそうです。

というのも、実は裁判所に申し立てたら、事実上「言った者勝ち」だそうで、裁判所は請求内容の真偽も確かめず、そのまま裁判所の名のもとで請求し、請求された側が期日内に異議を申し立てて裁判で争わないと請求通りに強制執行されるとのこと。

ということで、今どきの悪者は、架空請求を本物の裁判所に申し立てることで、身に覚えのない取立てを合法的にするそうです。

こんな世の中じゃ、自衛にも限界があります。いくら個人情報保護法があっても、今さら、どんなにプライバシーを敏感に守っても、自分の名前と連絡先を記した名簿は必ず出回るはずです。あとは悪者が名簿に向かって投げたダーツの矢が自分に当たったら、いくら気をつけていてもトラブルに巻き込まれてしまって損害を被り、誰も補償してくれないのが現状です。・・・いくらなんでも、おかしい!

銀行は所詮、護送集団横並びの体質から抜け出せない以上、国は法的にセキュリティ強度の高いキャッシュカードと有事の補償を銀行へ義務づけて欲しい!!!

銀行任せでは、やったとしても、どこかの生体認証カードみたいに、もったいつけて物凄く高い料金を吹っかけて来るだけです。

キャッシュカードは庶民に普及しています。キャッシュカードが保証すべきセキュリティは、カネ持ちのセキュリティみたいな付加価値としての安全でなく、公共交通機関と同様に最低限確保すべき安全です。システム構築にカネがかかるなら企業努力で捻出すべき。現状は庶民感覚とズレています。

それから、常識的に気をつけている一般市民でも逃れられないような詐欺は、無差別殺人やテロリストと同レベルの社会不安を与えています。社会的影響の重大さに見合う、生業とするには割に合わないと思えるほどの刑事罰を与えて欲しいです!バイト感覚で振り込め詐欺を行う学生が増殖している気がして仕方ありません。今さらモラルを議論しても実効が期待できない以上、やってもメリットが無い仕組みにするしかありません。

架空請求が合法化される裁判システムがまかり通っているなんて、全体許せません!債務請求をする側の利便性のためといいながら、メリットを享受している人が悪人ばかりなら、不便でも厳しく審査する方がマシなのでは?当局は利便性とセキュリティを両立するシステムを柔軟に考えて実現すべきです。それが市民サービスの本質だと思いますが。

そして、マスコミの人たちは改革しようと仕事をしている人たちの揚げ足取りで部数や視聴率を稼ごうとする前に、悪人以外の全員が脅威にさらされ不利益を被る事態を、皆にもっと、もっと大きく激しく知らせて、世の中を動かして欲しいです。

一小市民はブログでつぶやくことしか出来ません。どうか皆さん助けて下さい。いつ路頭に迷うかわからない世の中で仕事にしがみつきながら、人さまに迷惑をかけず、周囲を気遣い、出来るだけ誰かのお役に立つ生き方を志す代わりに、ただひたすら脅威の無い平穏な暮らしをしたいのです。

それなのに、どうして身に覚えのない請求で強制執行されたり、勝手に口座から自分のカネが取られたり、全く関係ない人に勝手に子供が誘拐されて悪戯されて殺されたり、不在中に妻子が殺されたり、一家惨殺されたり、そんな脅威に脅えなくてはならないのでしょう?

どうか、頼みます。。。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-21 13:30 | 社会
2005年 01月 21日

イレッサの検討会、後は自然に・・・?

Excite エキサイト : 社会ニュース

庶民感覚としては、「大規模な臨床試験」という表現に絶対的な説得力を感じてしまうものですが、解析の切り口によっては、限定的にイレッサが有効なケースがあるのかも知れません。

実際、末期がんで絶望的な状況のなか、イレッサに一縷の望みを託して良くなった、という患者さんが存在するとの報道を見ました。ハイリスクでもイレッサに望みを託したいと考える人たちにイレッサという選択肢を残すべきだ、という主張もあると思います。

少なくとも、がんになって万策尽きた状況に直面している患者さんにとって、1例でもイレッサの使用後に良くなった人がいるのなら、リスクを重々承知のうえで「自分もその可能性に賭けたい」と考える人の気持ちを否定すべきでしょうか・・・?

いずれにせよ、そうならそうと、ありのままの事実と共に公の場で主張して欲しいものですが、今の時点では、それを誰もが納得できるほどの根拠が積み上がっていないのかも知れません。

何しろ、たとえ効果があった症例がいくつかあっても、今どきは統計学的な解析結果が有意でないと、学術的に「効いた」ことが事実として認められません。でも、それは患者さんの背景をきめ細かく分類したとき、特定の背景の患者さんであれば有意に効く・・・という解析結果になるかも知れないのです。

そして、そのような検討ひとつとっても、あらゆる面で簡単に進められないのであれば、取り敢えず既得権を維持しながら検討して行きたいはずです。

何しろ、いったんイレッサの承認が取り消されたら、最初から全て開発をやり直すことになるわけです。これまでの歳月と開発費(10年前後、数百億円?)がパーになったうえ、同じ手順をやり直すことを思えば、自ずと既得権の延長線上に活路を見出したい、と考えるのではないでしょうか?

何はともあれ、もし、そういうことなら、少なくとも「ハッキリするまで一時的にでも使用を厳しく限定させる」といった処置を講じるのが筋だと思います。

ただ、現在の法律の枠組みの中でそのような処置をとれる規定が無ければ行政は動けないものですし、自他共に権威と認める審議会の関係者にしてみれば、自分の下した結論を撤回したくない心理もあるでしょう。もちろんメーカーにしてみれば欧米で莫大な投資を回収できそうにないだけに、残る大市場の日本で是非とも投資を回収したいはずです。株価の低落やM&Aの対象にされる恐怖におののくメーカーの経営者にしてみれば、「何がなんでも日本市場で元をとれ」と現場の人たちに厳命しているはずです。

そんな人たちの思惑が一致しているのであれば、検討会に集まった人たちの思惑は一致しているはずで、何とか現状を維持しながら善後策を講じたいのかも知れません。

しかし、これだけ各メディアが大きく取り上げて認知が広まれば、後は規制がどうあれイレッサを使う医療現場の人はもとより、何といっても当事者である患者さんがイレッサのリスクをご承知になるでしょう。少なくとも、このようなリスクの存在を知らずにイレッサが使われることが無くなり、リスクを知らぬまま重篤な副作用に陥る人はいなくなるのでは?と期待したいところです。

そして、案外そのような展開を願っているのは検討会に集まった人たち自身なのかも知れません。何しろ、既得権を維持しながらイレッサを恨む人を増やさずに済むのですから。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-21 01:46 | 健康・薬・医療
2005年 01月 19日

良し悪しの議論とは別の話。

Excite エキサイト : 社会ニュース

こんなニュースに反応してしまう私も情けないが、ひと言。

「女性差別」などの反対意見は、既に在籍してしまった人たちが既得権を主張したいのが本音だと思うが、本音を言っても正当性に自信がないから論点をすり替えているだけだ。本音に正当性が自信が持てないなら、その時点で負けている。喫煙者として同情するが、姑息な議論をするほどみっともない。潔く喫煙を止めるか、学校を辞めるか、卒業してから喫煙するかを選択すれば良いだけだ。しかも学校側は禁煙指導や禁煙補助剤の提供までしているのだから、筋が通っているというより、オトナ相手に甘やかし過ぎだ。

進学後に(も?)喫煙したい女子高生は、最初からこの学校の入学を希望しなければ良いだけだ。私学である以上、自由競争の中で繁盛し価値を向上させるには、学校の特徴として入学資格を非喫煙者とすることは、当然のオプションだと思う。

逆に、喫煙者を入学資格にして全職員が喫煙者としながら、喫煙の効用と健康被害の研究は陳腐だが、煙草の歴史、喫煙の社会学、煙草の嗜好性評価やブレンダー育成、周辺アイテムなどを徹底的に掘り下げる研究を行う大学があっても良いのでは?

ちなみに、健康被害が明らかな食品や添加物、医薬品は製造禁止になったり、厳しい管理規制を受けるのだから、その論理からすれば煙草の製造、流通、使用を全面禁止にしたり、医師の指導と定期健診を踏まえて処方箋が無いと入手できないようにするのが筋である。こういうことを本当にすると、禁酒法時代のアメリカのような事態になるのだろうか?煙草大学ができたら、是非そのようなシミュレーションを研究して欲しいな、と思う。


校内全面禁煙、誓約書も 名古屋女子大が効果上げる [ 01月19日 07時14分 ]
共同通信

 喫煙したら自主退学します--。名古屋女子大・短大(名古屋市瑞穂区)は敷地から通学路までを全面禁煙とし、新入生に異例の「禁煙誓約書」を書かせるなど徹底した禁煙教育を行い、喫煙者が半減するなど大きな効果を上げている。
 一部の教員や学生から「女性差別だ」などの反対もある中、「妊娠・出産期の悪影響がはっきりしている以上、煙のないキャンパスを」と2003年度に全面禁煙に踏み切り、04年度には禁煙誓約書も導入した。これまで違反による退学者は1人もいないという。
 喫煙者には個人面接し、禁煙を促すためのニコチンパッチを支給。処方に必要な医師の診断も学内で行っている。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-19 12:41 | 社会
2005年 01月 14日

客観的に決着させるには・・・?

Excite エキサイト : 政治ニュース

何か事実にもとづいて客観的に決着させる方法は無いものでしょうか?国会は野党がはしゃぐだけでアテにならないし、刑事告発や民事訴訟で法廷に持ち込むようなネタにもなりにくいのでしょうね。刑事事件のように検察が登場するような展開が一番信頼出来るのですが・・・。

結局は「力関係」と「声の大きさ」で長井氏が不利益を被るだけで表面的に決着し、そして「イメージ」で世論に「間違いない!」と印象づけた側に傾くのかな・・・、という感じがします。

でも、泥仕合にして長期化すれば世論が話題に飽きて他の話に気持ちが移るので、結局は不利益を被った長井氏が名誉回復することもなく世論にも見捨てられて、議員さんとNHKの管理職は何事もなかった顔をする、という展開が予想されます。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-14 08:55 | 政治
2005年 01月 13日

当事者にとって・・・。

Excite エキサイト : 芸能ニュース

ステージ1で見つかる人は、それだけでもかなり幸運だと思います。

30代半ばで幼い子を抱えているなか、異変を感じて再三、検診を重ねたのにもかかわらず「問題なし」と言われ、その後、ステージ1どころかステージ3を過ぎた段階で確定診断され、ショックと不安はもとより、経済的負担や日常生活のハンディを抱えながらも周囲の好奇の目にさらされることを恐れてカミングアウトせず平静を装い、懸命に闘病生活を送っている人が現実にいることを私は知っています。

現実に、いま闘病中の人と、その人を支える人や家族にとって、このドラマが勇気づけられる内容なら良いのですが・・・。ちょっとでも薄っぺらな内容や演技だったら、大いに傷つけられるであろう、ということを制作者とキャストの人たちに言いたいです。

そして、現実に直面している人にとって、このようなドラマで勇気づけられる期待感は乏しく、ドラマのいかなるシナリオや演出も、視聴率が高まるようなものであるほど結果的には周囲の好奇と過剰反応をあおるだけで、そのような視線に晒されてしまう懸念の方が大きいのでは?という不安感もあります。

結局は主人公が87%の側であることを期待させながら、葛藤を乗り越えて希望を抱く、というオチなのでしょうけど、13%の側にいる人や、そうなることを恐れて過ごしている人が救われるオチなど考えられません。ましてやステージ1より進行している人は?

当事者は幼い子供を不憫に思い、恐怖と葛藤を乗り越えようと懸命に過ごしています。そっとしておいて欲しいのです。マイノリティのイジメとしか思えません。正直言って、誰にも見られぬまま低視聴率で早々に打ち切られて欲しい気持ちです。

強いて言えば、「乳がん検診は40代からで良い」という確率論にとらわれず、30代までの女性が幸運にも誠実に診察してくれる医療機関で検診を受けて、ステージ1で早期発見される人が増えることを心より祈っています。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-13 21:50 | 健康・薬・医療
2005年 01月 13日

劇画調の展開?

Excite エキサイト : 社会ニュース

内部告発は'70年代の濃いタッチの劇画を思わせるシーンですね。色々と冷やかす人が現れるかも知れません。

綿密な計算もあるのでしょうが、何はともあれ告発した当事者の勇気を同じ年頃の者として誇りに思います。したたかな勝算があったとしても、なかなか出来ることではないと思います。「不利益を被る」ことなく、こういう有志の人たちに次世代のNHKを任されるような展開を期待しています。

それにしても、安倍氏、中川氏は自民党の鉄砲玉をやったのかも知れませんが、これから上に昇り詰めようか、というタイミングで「しっぽ斬り」の憂き目に遭うのでしょうか?タカ派の言動が「正義」というより「イヤ味」に感じ始めていたところなので、叩くには丁度良かった気もします。裏で今回の演出をしている黒幕がいるなら、すごいなぁ、と思います。安倍氏と中川氏は、このような局面をどのように切り抜けるのでしょうか?

魑魅魍魎な世界の陰謀というか、穿った憶測で週刊誌をはじめ各種メディアと野党の人たちは当分の間、盛り上がることでしょうね。でも、責任問題で仕事が停滞するよりも、自民党をしっかりまとめて小泉改革をキッチリ仕上げていただきたいな、と思います。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-01-13 16:02 | メディア