ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 24日

スケート人生の集大成。

荒川選手の試合前の表情、演技中の表情、金メダルが決まった時の表情、インタビューの表情を、報道を通じて見ていたが、何て美しいんだろう・・・と思った。迷いがなく達観したようなリラックスさと、緊張感が兼ね備わっていて、周りを寄せ付けない緊迫感とは違うけど、とにかく凛としていた。
c0019485_2014349.jpg「あぁ・・・、突き抜けてるなぁ。」と思った。見ている側をリラックスさせるオーラがあった。手に汗握って「頑張れ!」みたいな応援でなく、見ていると、ただひたすら心地良く、美しくて、「うっとり」してしまった。

> 演技中、過去の試合の場面が何度も脳裏をよぎったという。
> 「あそこに行ったな、あんな試合もあったな、という感じで。
> この試合がスケート人生の集大成と思った」。

なるほど、そうだったのかと思った。そうでなくちゃ、あの表情を説明できない気がした。ヘンな表現をお許しいただくと、「天国から自分の姿を見ながら」滑っていた。そういう意味では村主選手には悲壮感があり、安藤選手は必死で、「現世の自分に向き合って」、喘いでいた。

c0019485_21264049.jpg
でも、私は今回出場した日本選手3人の演技の中で村主選手が一番好きだ。目元と眉毛の表情、全体が醸し出す豊かな情感が素敵で、感極まって涙を誘うものがあった。ただ、オリンピックは芸術コンクールじゃなかった。
で、そうは言いつつ実は先シーズンから安藤選手を心配していた。早咲きで派手なビジュアルと無邪気な表情がメディアの餌食にされて、潰されてしまうのではないかと気が気でなかった。バンクーバーまでの間に荒川選手の境地に行き着いて欲しい。荒川選手ほど「クール」じゃなさそうだから、自ら寄り道したり、何かにハマってコケるのが心配だ。浅田真央選手が既に来ている。浅田選手の陰になって忘れられるようなことになって欲しくない。
c0019485_21323631.jpg








<フィギュア>周りに流されてきた自分と決別…頂点へ 荒川 [ 02月24日 11時18分 ]
Excite エキサイト : スポーツニュース

 フィギュアスケート女子で金メダルを獲得した荒川は夢の中にいた。表彰式後、首から金メダルを下げながら「何が何だかわからず、頭の中が真っ白」な状態で、拍手の鳴りやまないリンクを回った。
c0019485_19281865.jpg
 起伏の激しいフィギュア人生だった。16歳で長野五輪に出場しながら、その後低迷して前回五輪は代表落ち。過去3年間の世界選手権は8位、優勝、9位。自らの才能の大きさに振り回されてきた結果だった。
 最もつらかった時期は昨シーズン。04年3月の世界選手権で女王になり、引退のつもりだったが「次は五輪で金メダル」と期待され、その流れに逆らえずに身を任せた。「自分がどこに向かうか見えず、気持ちが乗らないまま」で練習も中途半端。「世界チャンピオンになんかなるんじゃなかった」。結局、1年後の世界選手権は惨敗した。
c0019485_19303461.jpg
 「宮城の天才少女」と呼ばれていた10歳の時から、日本スケート連盟は英才教育を施し、大きな期待を寄せてきた。日本スケート連盟フィギュア強化部長の城田憲子監督は「私は静香を言葉で何度も殺してきた」という。それほど厳しく叱咤(しった)激励し、才能に見合う猛練習を求めたという意味だ。
 だが、他人と競うのが嫌いで「試合で何番になりたいと考えたこともない。順位のつかないアイスショーで滑りたい」というのが荒川。一つの夢をかなえると満足してしまうから、伸び悩みや停滞を招く。宮城・東北高時代はスケート漬けの生活を拒み「トップ選手の中で最も普通の高校生活を送ったと思う」と、ひそかに誇りにしている。スポーツ選手向きの性格ではないが、能力の高さを周りは放っては置かず、そのギャップに苦しんできた。
c0019485_1932357.jpg
c0019485_19412750.jpg
 そんな荒川が本気になった。5歳でスケート靴をはき、青春をかけてきた競技を「気分の悪いままやめたくない。達成感を得てやめたい」と思った。シーズン前の夏場の練習はハードで「米国へ練習を見に行ったら、空気がピリピリと張り詰めていた」(城田監督)。昨年12月にコーチを変え、先月にはフリーの曲を世界選手権で優勝した時の曲で「一番好き」というプッチーニ作曲「トゥーランドット」に変更。周りに流されてきた自分と決別し、自らの意思で動いた。
c0019485_1935873.jpg
c0019485_19365420.jpg
c0019485_1938088.jpg
 この日は演技中、過去の試合の場面が何度も脳裏をよぎったという。「あそこに行ったな、あんな試合もあったな、という感じで。この試合がスケート人生の集大成と思った」。今季限りの引退は決めている。プロになり、アイスショーで滑るつもりでいる。
 普通でありたいと願った女性の波乱の物語は、この上ないハッピーエンドだった。【来住哲司】


<フィギュア>荒川が無心の演技でコーエンを降す 米紙 [ 02月24日 18時21分 ]

 【ワシントン和田浩明】アラカワの無欲が、コーエンの不安に勝った――。米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は23日、同日行われたトリノ冬季五輪フィギュアスケート女子フリーで金メダルを争った日米の両選手を対比し、荒川静香が無心の演技で米国のサーシャ・コーエンを降したと報じた。
 同紙は、日米ともに今大会では不振が目立ち両選手はばん回の救世主として大きな期待を背負っていたと説明、メダルの重圧を忘れられるかが勝敗の分かれ目だったと指摘。その上で、「アラカワは考え込まずに簡潔で優雅に滑った」と評価し、「金メダルを取れるとは思わなかったのでプレッシャーはなかった」との荒川の演技後のコメントも紹介した。
c0019485_21501531.jpg コーエンについては「(勝利を)信じれば実現するとの姿勢は、不安に取って代わられてしまった。冒頭のジャンプの失敗で自信を失った」と分析、銀メダルは獲得したものの、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)の乱調に助けられた結果だと指摘した。c0019485_2152419.jpg
 また、AP通信は荒川の演技について、トリノ発で「(ドイツの元五輪金メダリスト)カタリナ・ビットのような優美さと技術的な輝き」と評した。また、ロイター通信は、荒川選曲のイタリア・オペラ「トゥーランドット」のアリアが「Vincero!(私は勝つ)」で終わることに例え、「演技が終わるころ、その通りになるのは疑いなかった」と伝えた。
 ◇他のメディアも荒川を評価
 米USAトゥデー紙(電子版)は「日の出の強国が、年齢制限で出場できなかった15歳のライジングスター、浅田真央(グランプリ東海ク)を欠きながら、上位4位のうち2人を占めた」と、4位入賞の村主章枝(avex)を含む日本勢の健闘をたたえた。
 中国の新華社通信は「フィギュアスケートでアジア初の金メダル」と報じた上で、「清らかで優雅な演技が、ロシアのフィギュア全種目制覇を阻んだ」と荒川を高く評価した。
[PR]

by azatsu0422 | 2006-02-24 19:41 | スポーツ
2006年 02月 14日

メディアを通じて市民感情を煽ることでアガリクスを排除させる、行政当局。

世の中に万能の抗がん作用がある薬があれば良いのですが、現実の癌には色々タイプがあるようです。ようやく遺伝子レベルで徐々に解明されつつある段階で、タイプに応じた特効薬が出揃うのは当分先の話になるでしょうね…。それまでは副作用が強くて荒削りでも、経験的に比較的多くの人に効いて、「リスク」<「メリット」と言える抗がん剤が承認されるようです。
でも、そういう抗がん剤でさえ効かない、少なからぬ癌患者さんとご家族にしてみれば、藁にもすがる気持ちで、何でも試そうと思う人もいるわけです。私たちは、そういう気持ちを否定できるでしょうか?
アガリクスは、動物実験で抗がん作用が認められたという報告があるようですが、多くのヒトに効くという学術的に誰もが認めるだけの証拠は出ていないようです。それでも、何でか分からないけど効いた人がいる、という経験談が一人歩きして、そこに目をつけた業者さん達がアノ手コノ手でもったいつけて荒稼ぎして来た・・・、と理解しています。
わずかに効く人がいたのかも知れませんが、多くの人に効くなら、とっくにどこかの製薬会社が製品化しているはずです。ほとんどの人には効かないのでしょうから、そういう現実を説明した上で、それでも試したい人に使っていただくのが筋でしょうけど、断片的な効果ばかり強調して、それを信じた人が効果を得られず亡くなってしまえば、詐欺だと思われても仕方ありませんよね・・・。

癌という極めてデリケートなテーマについて、切実な人の気持ちにつけこんで、このような商売をすることは消費者保護の観点からケシカランという話ですが、行政当局にしてみれば、どうやって薬事法や食品衛生法などの法の網に引っ掛けて市場から排除するか、さぞかし苦慮したのでしょう。
そういう意味で、このニュースはアガリクスが発がん物質であることが立証できれば、かなり強制力のある形で排除できたのでしょうけど、残念ながら?そういう事実は出なかった。どんな試験方法だったか知る由もありませんが、とりあえず「癌の進行を促進させる結果」があったと発表したわけです。

ここで、「癌の進行を促進させる」作用で食品を市場から強制的に排除しようとすると、杓子定規に考えれば大変なことになると思います。
例えばイモ類やクズに含まれる成分や、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)のような作用があると言われていて、女性の美容や更年期障害に良いと言われて販売促進されていますが、一方で乳がんや子宮がんになっている女性には、エストロゲンが癌の進行を促進させると言われていますから、最悪の場合を考えて、このような食品を市場から排除しようとするなら、日本でイモやクズや大豆をはじめ、その加工食品の全てに回収命令を出して製造販売を禁止させるのが筋でしょう。
ただ、そういう話を始めたらキリがありませんよね?世の中の食品のほとんど全てが過剰摂取によって糖尿病を進行させるでしょうし、アルコール類は全ての肝臓病を進行させるでしょう。ファーストフードやジャンクフード、高カロリー食のほとんど全ては、恐らく大腸がんや直腸がんを進行させたり、もしかすると発がん性があるかも知れません。
そもそも、どんな食品だって過剰摂取すれば大なり小なり健康に悪影響が出るでしょう?アガリクスの動物実験だって、実際は有り得ない程の大量摂取を続けさせた結果だったとすれば、かなり悪意のある結論だと思えます。
違いと言えば、アガリスクは普段の食事で食すような食材でないということで、その辺の社会通念で線引きするしかありません。

アガリスクの業者さんが苦し紛れにアガくなら(寒い駄洒落ですいません)、「イモや大豆だって乳がんや子宮がんを進行させるかも知れないのに、どうしてアガリクスだけダメなんだよ?」と抵抗することでしょう。行政当局は、そういう展開を先読みして、業者の善意に委ねた行政指導という形をとったのだと思います。
そして、あとは一般市民感情に響く方法で報道することで市民感情を煽って、業者さんが抵抗できないように世論を誘導したわけです。キリンの子会社というメジャーブランドだったのは、その辺の力学を計算して、社会的影響力が大きい上、キリンにしてみればブランドイメージが大事だし、アガリクスの商売をやめても会社は潰れないから、抵抗しないでスグ止める。行政当局は、そういう相手を狙ったのだと思います。そして、多くの人たちは、大手ブランドのアガリクスがそうなのだから、他のアガリクスも推して知るべし・・・と受け止めて誰も買わなくなるから、市場そのものが無くなって行く…。

ということで、私は次の3点が言いたいのです。

(1) たとえ可能性が極めて低くても、かすかな期待にかける癌患者の選択肢として、アガリスクを市場に残すべきで、感情論で完全に排除すべきでない。信念をもって、地道にアガリクスの有用性を追求している業者まで排除するのは乱暴だ。

(2) うさん臭い商法で荒稼ぎする、汚い業者は淘汰されて欲しい。

(3) 行政は、真面目にやっている一般の業者に過剰な負担をかけないで欲しい。市民感情を煽った挙句に、過剰な規制強化をしたり恣意的な取締りをしないで欲しい。汚い業者を排除するのは行政でなく、市民が自然に排除するのが最も健全な市場の形だと思う。荒稼ぎする汚い業者ほど、儲からない商品を扱い続ける事は有り得ない。


<健康食品>アガリクスに発ガン性促進 自主回収を要請 [ 02月13日 21時28分 ]
Excite エキサイト : 社会ニュース

 厚生労働省は13日、キノコの一種「アガリクス」を含む健康食品で発がん作用が促進されるとの動物実験の結果が出たとして、「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒」を販売するキリンウェルフーズ社(東京都)に対し、自主的な販売停止と回収を要請した。キ社の野中淳一社長は同日会見して謝罪し、すべてのアガリクス製品の販売中止と回収を表明した。

 学術雑誌にアガリクスで肝障害を疑う例などが掲載されたため、国立医薬品食品衛生研究所が広く流通している3社の3製品を抽出して調査。キ社の製品について、製品自体に発がん性はないものの、ラットを使った実験で発がん作用を助長する結果が出たという。厚労省によると、調査対象となった3製品のうち、キ社以外の2製品は現段階では問題は見つかっていないという。対象製品の問い合わせはキ社(0120・033・827)へ。【玉木達也】


アガリクス製品を販売中止 厚労省要請でキリン子会社 [ 02月13日 22時29分 ] 共同通信

 厚生労働省は13日、健康食品「アガリクス」を原材料とする「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒(かりゅう)」に発がんを促進する作用が認められたとして、キリンウェルフーズ(東京都江東区)に対し、自主的な販売停止と回収を要請した。同時に食品安全委員会に販売停止の可否を諮問した。
 キリンウェルフーズは同日、顆粒だけでなく、錠剤を含むすべてのアガリクス商品の販売を中止、回収すると発表した。
 アガリクスはカワリハラタケと呼ばれるキノコの一種。「がんの予防効果がある」などと言われ健康食品として広く販売されている。厚労省による今回の販売停止要請は1社の製品に限ったものだが、約350億円といわれるアガリクス市場への影響は必至だ。


<アガリクス>販売禁止?で食品安全委に諮問 厚労省 [ 02月16日 21時05分 ]
Excite エキサイト : 社会ニュース

 キリンウェルフーズ社(東京都)の健康食品「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒(かりゅう)」にラットの実験で発がん促進作用が確認された問題で、厚生労働省は16日、この製品を食品衛生法に基づいて販売禁止とすべきかどうか、食品安全委員会(寺田雅昭委員長)に諮問した。
 アガリクスはキノコの一種で「がんに効く」などとされる。食品の治療効果の広告は、薬事法で禁止されているが、同省によるとアガリクスの成分を含む食品は、国内で数百種類以上も出回っている。同省は、法的な販売禁止措置に踏み切る前に、安全委の意見を聞くことにした。この製品による具体的な健康被害が確認された例はないことなどが理由だという。
 委員会では「厚労省は、アガリクスを含む他の健康食品をどう扱うのか」との質問が出た。同省は「他の製品では安全委に評価してもらえるデータがない。消費者からの相談には、安全性を試験しているかをメーカーに問い合わせるなどして慎重に対応してほしいと答えている」と話すにとどまった。委員会は今後、この問題を新開発食品専門調査会で審議する。
 同社はキリンビール100%出資の子会社。製品は02年7月から5万6000箱が発売されているが、同省の指導に基づき、同社はすでにこの製品の販売を中止している。【高木昭午】
[PR]

by azatsu0422 | 2006-02-14 11:38 | 健康・薬・医療
2006年 02月 07日

本当に強い男は、女性に手を上げない。

私が中高生の頃、同級生や部活の同期の中に、ちょっとイケ面で常に女性を絶やさない男がいたけど、彼女?の前でやたらエラそうに振る舞って、そんな姿を間近に見たとき、私は嫌悪感あったなぁ…。
その延長線上で、今どきの抑えが利かなくなった男は、性欲のままにセックスを強要したり、思うままにならないと暴力振るったりしてるのかな…。
何であんなヤツについて行くんだろう・・・と、モテない私はひがみ半分(以上)で苦々しく思っていましたが、やはり男女の動物的本能が勝ってしまうということでしょうか…。
いずれにせよ私のような男は「やさしいよねぇ~♪」などと意中の女性にホメられて、純情に舞い上がっても、結局は女性の琴線に触れる「男の強さ」が無くて、永遠にモテません・・・泣。
でも、本当に強ければ気持ちの余裕が持てるから、何があっても動じない、大らかさをもって接することが出来るはず。そういう男こそ、いわゆる「包容力のある、やさしい男」ということなのでしょう。
何に強さを求めるのか?単なる身体能力に求めるのか、何か一芸に秀でるのか、カネや社会的地位に求めるのか・・・、その辺は人それぞれなのでしょうけど、客観的に見て本当に強いかどうかは別にして、何か強い自負を持てるような男を目指したいものです。
・・・と言いつつ、いつまで経ってもダメな私でした(唄:ロスインディオス&シルビア)。

まぁ、私の場合は弱くても女性に手を上げないから、ヨシとしておこう。


広がる「デートDV」 暴力防止講座の開催も [ 02月07日 07時02分 ] 共同通信
Excite エキサイト : 社会ニュース

 彼氏が彼女を殴る。夫婦間のドメスティックバイオレンス(DV)に比べてまだ問題視される機会が少ないが、「デートDV」と呼ばれる恋人間の暴力が広がっている。悩みを抱える10代の少女は多く、専門家が講座を開いて防止に努める動きも出ている。
 長崎市のNPO法人「DV防止ながさき」が一昨年、長崎県内の女子高校生1332人を対象にした調査で、10%に当たる139人がデートDVの被害体験があると答えた。
 被害者のうち、3分の1はキスやセックスなど性的強要で、殴るけるの暴力も3分の1に上った(複数回答)。
 神奈川県の私立高2年の女子生徒(16)は「友達の女の子が彼氏に別れたいと話したら、殴られた。そんな話はよくある」と話す。
[PR]

by azatsu0422 | 2006-02-07 13:31 | 社会