ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 12日

北朝鮮という国は金正日体制の楯にされているだけだ。

北朝鮮は国家じゃないと思う。国と考えずに、「金正日」という大戦後の犯罪史上、最大最悪の「犯罪組織に乗っ取られた地域」だと受け止めたい。

北朝鮮が孤立化するような国際社会の常識的な力学を思えば、北朝鮮が核実験を行うメリットが何も無いため、核実験が単なる瀬戸際外交の「脅し」だと思って、実際に実験を行わないだろうという見方が多かったと思う。でも、それは誤りだという事がはっきりした。

遵法意識の無い「犯罪組織」に、法と秩序を諭しても不毛な徒労で、あくまで現実的な力関係でねじ伏せるしかない。しかも、我々は武力行使を望まない平和主義の法治国家を標榜している。悪徳商法の業者や経済ヤクザに立ち向かう、情熱的な敏腕・剛腕弁護士、といったイメージの対応が必要だ。

何しろ、北朝鮮に民主主義や国際社会の常識が通用しないことが証明されたのだ。融和の態度を示せば、つけあがる。それは、そうだ。北朝鮮は「金正日体制という犯罪組織の保持」だけが、あらゆる発想と行動の原点なのだから。そう考えれば、全て説明できる気がする。

北朝鮮は、国民を盾にして、核で世界を脅しながら金正日体制の安堵を保証させた挙句、麻薬や偽札、偽造タバコと同じノリで、今度は世界中に核兵器を売りさばこうとしているわけだ。こういう行為が、どれだけ世界中の平和を乱そうが、金正日にとっては他人事だ。しかも、その目的が飢餓に喘ぐ北朝鮮国民の救済と生活水準の向上にあるかと言えば、金正日のためなのだ。

凶悪な犯罪組織にルールやマナーを持ち込んでも、相手にとっては意味が無い。常に「まさか…」と思われるほどの最悪の事態を想定しないとダメだ。

こんな奴らを相手にしても、我々は民主主義と法治国家の建前に沿って動かざるを得ない。

大量破壊兵器を用いた戦闘状態を仕掛けるわけに行かない以上、来る冬に向かって北朝鮮を徹底的な兵糧攻めにするしか無い。国民の命を楯にしている以上、兵糧攻めだって大量虐殺の誹りをまぬがれないが…。どうでも良いが、ちなみに社民党は兵糧攻めを人道的見地から反対するのだろうか。社民党は、そうしないとは主張の一貫性を失う。

そして…、北朝鮮の国民が金正日体制からの解放を求めて立ち上がり、北朝鮮を国内から崩壊させて欲しい…と願う。ルーマニアのシャウシェスク政権崩壊が理想の展開だと思う。もはや6ヶ国協議の建前とは別に、5ヶ国で金正日体制が内部崩壊するような工作を共同して行って欲しい。ジェームズ・ボンドが必要なら、5ヶ国の面子を捨ててでも、イギリスに派遣要請して欲しい。

いずれにせよ派手な戦争はダメだ。若い世代ほど、日本も武装を強化して核保有国になるべきだという意見が多いらしいが、私は防衛軍として護身力の強化に賛成するが、少なくとも核保有と他国への武力介入には断固反対の立場だ。イスラエルとパレスチナ、アフガニスタン、イラクの二の舞になってしまう。戦争を主導した人以外の者が罪も無く巻き込まれて、流す血が多くなるほど、巻き込まれた者と親しい周囲に憎しみと悲しみが拡大して、屍と共に蓄積する。

中東戦争、ベトナム戦争、そしてイラク戦争と、時おりアメリカは自国の利益のために「押しつけがましい武力介入」をして、他国の一般人を大量虐殺するような過ちを平気で犯す。そして、その度に怨念と憎悪の連鎖をテロリストに媒介させて、世界中にバラまいているのだ。

我々は、たとえ北朝鮮から核攻撃を受けたとしても、決して大量破壊兵器で報復してはならないのだ。吊るし上げるべき対象は、あくまで核ミサイルの発射ボタンを押す金正日と、彼の取り巻き連中に過ぎない。金正日の楯になっている北朝鮮の一般人を大量虐殺しても、決して問題は解決しないし、それどころか未来永劫に怨念と憎悪を連鎖させるだけなのだ。

私は主張したい。今後、どんなにキレる不条理な攻撃を受けても、北朝鮮の一般人に怨みは無い。平和ボケした武装解除論には決して賛成しないが、とにかく他国の罪の無い一般人を制裁や報復のために殺してはならない。絶対に平和は来ない。かつて日本が無条件降伏したのは例外中の例外、極めて異例なケースで、日本の経緯は復興の参考にならない。

イラク戦争を通じて、「アメリカは、過ちを犯すことがある。」という事実が証明された。
これまで、アメリカとの力関係から、アメリカに協力せざるを得ない現実的な事情があったことは了解しているが、今後は国連の機能強化を通じて、アメリカの独善を世界中の国が結束して毅然とした態度で諌める対応が必要だ。日本が国連改革や発言力の強化に力を入れる理由は、ここにあるのだろうと解釈している。

そして、極論すれば憎しみと悲しみの感情は、核兵器の使用でバラまかれた放射能と同じくらい危険で、何世代にもわたってガンのように悪影響を及ぼす。

我々が憎むべきは、「北朝鮮」でなく、「金正日体制」という犯罪組織なのだ。
融和政策は金正日体制の命の楯にされている人々に対する考え方で、金正日に対するものではないはずだ、と…韓国に向かって言いたい。
[PR]

by azatsu0422 | 2006-10-12 15:10 | 政治
2006年 10月 12日

にわかファンが、ディープインパクトを通じて思うこと。

憶測ながら、ディープが凱旋門賞を「国内を極めたので、折角の機会だし世界を目指す」という動機で出場させていたとしたら、それが凱旋門賞を極められずに終わった背景なのかも知れません。

かつてF1で日本人選手が優勝するどころか、日本人ドライバーの出場自体が遠く感じた時代。ホンダのF1参戦(2次)でようやく日本人ドライバーが出場することに現実味を帯びて来た頃を思い出します。当時、国内無敵でドライバーとしてのピークを迎えていた頃の中嶋悟が、満を持してF1にフル参戦しましたが、F1での優勝は遠かった…。勝てるチームに、勝てるホンダのエンジン、チャンプを狙える第一級の同僚ドライバー、そして国内無敵の実績。何も知らない「にわかファン」は、毎レースで入賞してポイントを重ね、何度も表彰台に登って欲しい…と期待していましたが、現実は遠かった。「やっぱ日本人にはムリだねー」などと言いつつ、矛先をプロストやセナ、ピケやマンセルに向けて、声援を送った…。あれに近いイメージです。

最初から世界を目指していたならば、凱旋門賞の結果にかかわらず、その後の処遇や進路が馬主から調教師、騎手に至るまで既定路線として出場前から全員で共有できているべきでした。でも、報道によるとそれぞれ認識が違っていたし、馬主も最初から決めていたかった印象です。巨額のカネがからむことですし、自ずと誰もが目前のレースに必死で、それを積み上げて来たのでしょうから、仕方ない事なのでしょう。でも、だからこそ限界があった気がします。

現実を知らない、にわかファンが語る結果論ですが、経験の乏しい世界のステージで勝つためには、最初から世界をにらんで、経験を積むことを戦略に折り込む必要性があると感じました。

何事も世界を極めたければ、最初から世界を視野に入れた取り組みをしなくてはダメだということを教えられた気がします。例えば、イチローや宮里藍みたいに。

あと、世界を目指すスポーツ界に関する報道で、いつもイヤになることがあります。
それは、にわかファンを盛り上げるために、試合前には都合の良い材料ばかり並べ立てて、絶対に優勝する、上位進出できる…みたいな過剰な期待や、当然勝つみたいな雰囲気を煽り立てる…、そんなマスメディアの報道です。視聴率とか、巨額のカネがからむことなので、出場する当事者の後がどうなろうが、とにかく関心を集めて盛り上げて結果(視聴率と売上)を出すためには仕方の無いことかも知れません。でも、そこに恒久的な発展があるとは思えません。
オリンピック、ワールドカップ、世界選手権、ゴルフや野球などメジャーゲーム、F1、そして今度の凱旋門賞…と、いつも同じように踊らされてる気がします。
過剰な期待→失望とリバウンド→急速な関心の希薄化、無関心…といった「嵐」に巻き込まれ引っかき回されて、集中力を殺がれてしまうのは、当事者の選手とスタッフだと思います。

この程度の嵐に耐えるタフな気持ちもトップアスリートの資質だと言ってしまえば、そうですが、今の段階では才能ある選手を「消費」するのではなく、温かく見守って「育てる」方が、商業的にもサポーターの満足度にとっても、先々より大きな収穫が期待できると思うのですが…。


<ディープ引退>51億円のシンジケート組まれ種牡馬に [ 10月11日 20時30分 毎日新聞 ]

 1日にフランス競馬の凱旋門賞で日本中を沸かせたばかり。11日に発表された、ディープインパクト(牡4歳、栗東・池江泰郎きゅう舎)の年内引退は、パリでの3位の力走に「来年こそ雪辱を」という期待も抱いていたファンには、唐突で残念に感じられるはずだ。
 しかし、名馬であればあるほど、その子への期待が膨らむのが競馬の常。ディープ伝説が最高潮になった時に、元気な体で引退させることも、オーナー側にとっては重要なことだ。惜しまれつつ、破格の51億円のシンジケートが組まれての種牡馬入り。21年ぶり史上2頭目の無敗の3冠馬にふさわしい王道を行くということなのだろう。
 シンジケートは1株8500万円。小柄で見栄えがしなかったというディープの競り市での価格は7000万円だから、これを軽く上回る。ディープの父サンデーサイレンスは、90年に米国から輸入され、95年から11年連続でリーディングサイアー(産駒の最高獲得賞金)の座を守り続けている。日本の競馬界を変えたとされるサンデーも02年に死亡し、現在の3歳が最後の世代。後継種牡馬としても、ディープにかかる期待は大きい。
 高額シンジケートの例では、96年に北海道の生産者らのグループがアラブ首長国連邦のシェイク・モハメド殿下から購入したラムタラが記憶に新しい。3歳時の95年に凱旋門賞など欧州3大レースを無敗のまま制し4戦4勝で引退。奇跡の名馬と呼ばれ、約44億円(1株1億800万円、41株)でシンジケートが組まれたが、産駒成績は不振を極め、今夏、約2750万円で英国に売却された。
 名競走馬が、必ずしも名種牡馬とは限らない。だが、父母から子へ脈々と受け継がれる能力を目の当たりにすることは競馬ならではの魅力だ。驚異的な人気で菊花賞が史上初の単勝「元返し」(配当1・0倍)となったように、ディープは賭け事の対象ではなく、競技者として競走馬を観る楽しみを知らしめた。その走りに魅せられた人々が、ディープの姿に重ねてその子のレースを観る。日本の競馬の奥行きを広げる、ディープの第2ステージに期待したい。【藤倉聡子】
 ◇ディープインパクト 4歳牡馬。父サンデーサイレンス、母ウインドインハーヘア。北海道早来町(現安平町)のノーザンファーム生産。馬主は金子真人ホールディングス。栗東・池江泰郎きゅう舎。通算12戦10勝(G15勝)。0歳時、セリ市・セレクトセールで7000万円で落札された。04年12月のデビュー以来、武豊騎手とのコンビで勝利を重ね、05年には3歳牡馬3冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を史上2頭目となる無敗で制覇。年末の有馬記念はハーツクライの2着に初めて敗れたが、年度代表馬にも選出された。今年は天皇賞・春、宝塚記念を勝つと、フランス遠征を敢行。しかし、10月の凱旋門賞は3着にとどまった。
 ◇シンジケート 所有希望者が多い種牡馬を、希望者が経費を出し合って共同所有する組織。権利は株式で分割され、主に60口が基本単位と言われている。
 シンジケート会員になれば、毎年1頭の牝馬に種付けする権利が得られる。会員以外からの希望が殺到して、種付けする牝馬の頭数が株数を超えた場合、超過分の種付け料がシンジケート会員に分配される。
 過去、国内最高額のシンジケートは、史上初めて欧州の3大レース(英国ダービー、凱旋門賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS)を無敗で制し、1996年に英国から輸入されたラムタラで約44億円。日本調教馬では、04年のダービー馬キングカメハメハの21億円が最高額だった。


驚きとショック 池江調教師が寂しげに会見 [ 10月11日 18時33分 ] 共同通信

 今年限りでの引退が決まった競馬のディープインパクトを管理する池江泰郎調教師は11日、東京都府中市の東京競馬場内で記者会見し「びっくりしたのと同時に、ショックを受けた。こういう馬には二度と巡り合うことはないだろう」と寂しげに心境を語った。
 池江調教師によると、この日朝、凱旋門賞から帰国後初めて同馬の調教を東京競馬場で軽めに行った後、北海道にいる金子真人オーナーから電話で年内引退を伝えられたという。
 今後の出走レースについては天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念のG1、3レースを視野に入れ調整していく。同調教師は「(出走レースは)馬の状態を見ながらになる」と話した。


<競馬>ディープインパクトが年内で引退へ JRA発表 [ 10月11日 12時27分 ]

 日本中央競馬会(JRA)は11日、ディープインパクト(牡4歳、池江泰郎きゅう舎)の金子真人オーナーの意向として、同馬を年内で引退させるとの連絡を受けたと発表した。年内の出走については未定だが、引退後は種牡馬として、社台スタリオンステーション(北海道安平町)で繁養される予定。同日午後に、池江泰郎調教師が記者会見する。
 ディープインパクトは昨年、皐月賞、日本ダービー、菊花賞を無敗のまま制し、今年も天皇賞・春で優勝。日本のG1レースで通算5勝を挙げている。今月1日にパリ・ロンシャン競馬場で行われた、世界最高峰レースの一つとされる凱旋門賞では、日本馬初の同賞制覇が期待されたが3着に終わり、4日に帰国していた。
[PR]

by azatsu0422 | 2006-10-12 12:50 | スポーツ
2006年 10月 09日

北朝鮮は国じゃなくて、犯罪組織に乗っ取られた地域だ。

円安になって、また原油高になって燃料費が高騰するのだろう。やっと沈静化の兆しが見え始めていたのに…。って、それどころじゃないか…。

北朝鮮は国家じゃないと思う。国と考えずに、「金正日」という大戦後の犯罪史上、最大最悪の犯罪組織に乗っ取られた地域だと受け止めたい。

北朝鮮が孤立化するような国際社会の常識的な力学を思えば、北朝鮮が核実験を行うメリットが何も無いため、核実験が単なる瀬戸際外交の「脅し」だと思って、実際に実験を行わないだろうという見方が多かったと思う。でも、それは誤りだという事がはっきりした。

北朝鮮に民主主義や国際社会の常識が通用しないことが証明されたのだ。融和の態度を示せば、つけあがる。それは、そうだ。北朝鮮は「金正日体制という犯罪組織の保持」だけが、あらゆる発想と行動の原点なのだから。そう考えれば、全て説明できる気がする。

北朝鮮は、国民を盾にして、核で世界を脅しながら金正日体制の安堵を保証させた挙句、偽札や偽造タバコと同じノリで、今度は世界中に核兵器を売りさばこうとしているわけだ。こういう行為が、どれだけ世界中の平和を乱そうが、金正日にとっては他人事だ。しかも、その目的が飢餓に喘ぐ北朝鮮国民の救済と生活水準の向上にあるかと言えば、金正日のためなのだ。
だからこそ、金正日体制は単なる凶悪な犯罪組織に過ぎないと思う。

凶悪な犯罪組織にルールやマナーを持ち込んでも、相手にとっては意味が無い。常に「まさか…」と思われるほどの最悪の事態を想定しないとダメだ。

こんな奴らを相手にしても、我々は民主主義と法治国家の建前に沿って動かざるを得ない。

大量破壊兵器を用いた戦闘状態を仕掛けるわけに行かない以上、来る冬に向かって北朝鮮を徹底的な兵糧攻めにするしか無い。国民の命を楯にしている以上、兵糧攻めだって大量虐殺の誹りをまぬがれないが…

そして…、北朝鮮の国民が金正日体制からの解放を求めて立ち上がり、北朝鮮を国内から崩壊させて欲しい…と願う。ルーマニアのシャウシェスク政権崩壊が理想の展開だと思う。もはや6ヶ国協議の建前とは別に、5ヶ国で金正日体制が内部崩壊するような工作を共同して行って欲しい。ジェームズ・ボンドが必要なら、5ヶ国の面子を捨ててでも、イギリスに派遣要請して欲しい。

いずれにせよ派手な戦争はダメだ。イスラエルとパレスチナ、アフガニスタン、イラクの二の舞になってしまう。戦争を主導した人以外の者が罪も無く巻き込まれて、流す血が多くなるほど、巻き込まれた者と親しい周囲に憎しみと悲しみが拡大して、屍と共に蓄積する。

そして、極論すれば憎しみと悲しみの感情は、核兵器の使用でバラまかれた放射能と同じくらい危険で、何世代にもわたってガンのように悪影響を及ぼす。

我々が憎むべきは、「北朝鮮」でなく、「金正日体制」という犯罪組織なのだ。
融和政策は金正日体制の命の楯にされている人々に対する考え方で、金正日に対するものではないはずだ、と…韓国に向かって言いたい。


北朝鮮が核実験 プルトニウム型原爆か [ 10月09日 12時17分 ] 共同通信

 【ソウル9日共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、北朝鮮が初の核実験を行ったと報じた。プルトニウム型原爆とみられ、昨年2月に核兵器保有を公式宣言していた。今年7月の弾道ミサイル発射を上回る強硬措置。10月3日の外務省声明通り実験を行ったと表明したことで日米など国際社会は強く反発、国連での制裁論議は必至だ。昨年11月以降中断している6カ国協議は完全に崩壊し、朝鮮半島情勢は1994年の核危機以上に深刻な事態に陥り、米朝間の緊張が危機的な状況に達する恐れもある。
 韓国の聯合ニュースも9日、韓国政府当局者が北朝鮮が核実験を行ったとの情報があると述べたと報じた。韓国政府は9日、盧武鉉大統領が主宰する緊急の安全保障関係の閣僚会議を開き、対策を協議するという。
 実験場所は地下につくった核実験施設とみられるが、核爆弾の数や規模などは不明。


北朝鮮の核実験実施発表の全文 [ 10月09日 14時50分 ]

 [ソウル 9日 ロイター] 北朝鮮は、9日に地下核実験を実施したと発表した。以下は、朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた発表全文。 
 DPRK(北朝鮮)の科学研究部門は、わが国の国民すべてが豊かで強力な社会主義国家の建設に向け大きく前進しているさなか、(2006年)10月9日に安全な環境の下で地下核実験を成功裏に実施した。
 今回の核実験は、科学的な配慮と細心の計算に基づいて実施されており、実験による放射能漏れなどの危険がないことが、確認されている。
 実験は叡智と技術をもって行った。強力な防衛力を持つことを望むKPA(北朝鮮軍)や国民を大いに力づけるもので、歴史的な出来事だ。
 これは、朝鮮半島と周辺地域の平和と安定の防衛に寄与するだろう。


【核開発】北「核実験成功」発表 [ 朝鮮日報 ]

c0019485_16565355.jpg

 北朝鮮は9日、朝鮮中央通信社の報道を通じ、核実験が成功したと発表した。
 中央通信は「わが国の科学研究部門では2006年10月9日に地下核実験を安全に成功させた。科学的計画と綿密な計算により行われた今回の核実験は、放射能流出などの危険は全くなかったことが確認された」と報じた。
 これにともない、韓国政府は盧武鉉大統領主宰の緊急安保長官会議を開き、対策を協議しているという。この日の会議には、 潘基文(バン・ギムン)外交、イ・ジョンソク統一、尹光雄(ユン・グァンウン)国防長官、ソン・ミンスン大統領府安保政策室長などが出席したと伝えられた。
 国家情報院はこれと関連、「咸鏡北道奥地でマグニチュード3.58規模の地震波が探知された」とした。政府の高位当局者は「北朝鮮が9日午前、核実験をしたという情報があり、現在探知している」と述べた。


【核開発】自民党「核実験行えば北はさらに孤立」 [ 朝鮮日報 ]

 自民党の中川昭一政調会長は8日、NHKとのインタビューで北朝鮮が核実験を実施した場合の日本独自の制裁措置について「輸出入のストップや海上での臨検など、圧力のステージを上げていかざるを得ない。北朝鮮は国際的にさらに孤立するだろう」と述べた。
 これについてニューヨーク・タイムズは6日、米政府が対北朝鮮への貿易制裁を要請した以外に、北朝鮮船舶の臨検など、より「対決的な」措置を広範囲にわたって検討していると報じた。
 同紙によると、米政府は漸進的な対北朝鮮制裁案を検討中で、7月のミサイル発射により採択された国連安保理決議に基づいて全ての北朝鮮貨物に対する臨検を実施する案も含まれていると報じた。
 産経新聞は「日本政府が韓半島(朝鮮半島)周辺の公海上で核関連物資運搬の疑いがある北朝鮮船舶への臨検を実施する案を米国が提示し、国連安保理の決議案として推進することを協議中」と報じた
 また日本経済新聞は8日、米政府が中国に対して北朝鮮による実験阻止に向けた働き掛けを強化するようする求めていると報じた。
東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員  朝鮮日報


日本は北朝鮮への新たな制裁発動を検討=麻生外相 [ 10月09日 15時50分 ]

c0019485_16465560.jpg 10月9日、麻生外相は日本が北朝鮮への新たな制裁発動を検討する可能性を示唆。先月26日撮影(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)



 [東京 9 ロイター] 麻生太郎外相は9日、北朝鮮が核実験を実施したと発表したことに対し、事実が確認できた場合、北朝鮮に対する新たな制裁措置を発動することになるとの見解を示した。外務省内で記者団に答えた。
 麻生外相は、北朝鮮の核実験の実施は「確証が取れていない」としながら、事実が確認されれば「日米韓の3国が連携を密に取り、断固とした対応をしていくことになる」と語った。
 そのうえで日本政府が新たな制裁措置の発動に向け検討をしていることを明らかにし「どれを選択するかまだ、決まっていないだろう」と述べた。
 また、国連の安全保障理事会で新たな対北朝鮮決議案を求めていくことになるとの見通しも示した。


北朝鮮の核実験、国際社会への挑発的行為=ホワイトハウス [ 10月09日 16時51分 ]

 [ワシントン 9日 ロイター] 米ホワイトハウスは9日、北朝鮮の核実験は挑発的行為であり、国連安全保障理事会が早急な行動をとることが予想される、との見解を示した。
 スノー報道官は「米国と韓国の情報機関は9日、北朝鮮の核実験場所とみられる地点で地震性の動きを観測した」との声明を発表。「北朝鮮は地下核実験の実施を発表した。北朝鮮の核実験は、国際社会の意志と、北東アジアの緊張を増大させる行為の自制の呼びかけを無視した挑発的行為である」とし、「国連安保理は、この行為に対して速やかな行動をとるだろう」と述べた。
 北朝鮮はこの日、地下核実験が成功したと発表した。
 さらに同報道官は「米国は状況を注視しており、周辺地域の同盟国の防衛に対するコミットメントを再確認する」と述べた。


中国、「国際社会の反対無視」と北朝鮮を批判 [ 日経 ]

 【北京=飯野克彦】中国外務省は9日昼、北朝鮮の核実験実施発表について「朝鮮民主主義人民共和国は国際社会の普遍的な反対を無視して、横暴にも核実験を実施した。中国政府はこれに断固反対する」と批判する声明を発表した。北朝鮮に対する批判としては異例に素早く、厳しい表現で、強いメッセージを出した形だ。
 声明は北朝鮮に対し、非核化という約束を守り「情勢をさらに悪化に導く可能性のある一切の行動」を停止するよう求め、6カ国協議に復帰するよう要求した。同時に、関係各国に対し「冷静な対応」と「対話を通じた平和的に解決」を改めて呼び掛け、中国自身も努力を続けると表明した。 (16:14)


ロシア、北朝鮮に対し核拡散防止条約への即時復帰を求める [ 10月09日 18時52分 ]

 [モスクワ 9日 ロイター] ロシア政府は9日、北朝鮮に対し、核拡散防止条約への即時復帰と、世界の主要国との対話再開を求めた。 
 外務省は、声明で「北朝鮮が、核拡散防止条約と6カ国協議への復帰に向け即刻措置をとることを要求する」とした上で、「ロシア外務省は、現在の難局に関わるすべての国に対し、自制と忍耐を示すよう促す」と述べた。


韓国政府「断固とした措置とる」、国家安全保障会議を開催 [ 日経 ]

 【ソウル=峯岸博】韓国政府は9日、北朝鮮が核実験を実施したと発表したことを受け、国家安全保障会議を開催した。終了後、青瓦台(大統領府)スポークスマンは政府声明を発表。「断じて容認できない挑発行為であり、冷徹で断固とした措置をとっていく」と強調。国連安全保障理事会での緊急協議開催への支持を明らかにした。 (15:46)


中国へ北朝鮮から通告、実験20分前に [ 日経 ]

 ロイター通信は9日、中国政府が北朝鮮から核実験の実施20分前に通告を受けていたと報じた。これを受け中国政府は日米韓に即座に通報したという。米政府高官の話として伝えた。 (12:52)


北朝鮮核実験:識者はこうみる [ 10月09日 14時49分 ロイター ]

●今後の情勢によって円への売り圧力さらに強まる
<三菱UFJ証券 シニア投資ストラテジスト 服部隆夫氏>
 事実関係がはっきりしていないので正確な判断ができる状況ではないが、地政学的なリスクの高まりを受けて、外為市場では地理的に近い日本円や韓国ウォンが売られている。今後の情勢によってではあるが、円には売り圧力がさらに強まるだろう。ドル/円は120円を目指す動きとなる可能性がある。ユーロ/円も史上最高値を再びうかがう値動きとなりそうだ。
 核実験を実施したとなれば、影響は様々な広がり方が考えられる。例えば放射能漏れはないのか、実施場所によっては日本への影響があるかもしれない。北朝鮮に理解を示してきた中国が実験の実施で態度を硬化させるようなことになれば、孤立した北朝鮮がさらに何をするかわからない。日本や韓国など近隣諸国にとっては、何かしらの経済負担が発生する可能性がある。
 実験が事実なら、安倍首相の訪中・訪韓中に行ったことにも、何かしらの意図があるかもしれない。安倍首相はこれまでの言動から、北朝鮮から強硬派と見られていてもおかしくない。安倍首相も来年の参院選までにポイントを稼ぎたいと思っているはずで、ファンダメンタルズを抜きにすれば、安倍首相の存在がアジアの地政学的リスクを高めやすくなる側面があるかもしれない。
 米商品先物取引委員会(IMM)によると、10月3日までの週の円売りポジションはネットで10万4151枚と、史上最高水準にある。円売りの平均コストは116円から117円付近とみられ、119円台を超えると利益確定の円買い戻しが強まることも考えられる。しかし、これも今後の情勢次第。続報に注目したい。
●危険度の高まりは円売り材料になる
<日興シティグループ証券 為替ストラテジスト 山本雅文氏>
 放射能漏れなどの危険はないとしているが、危険度の高まりは円売り材料になると思う。米国や中国にとっても、核実験は一線を越えたことになり、イラク開戦前の時のように緊張感が高まると金融市場には良くない影響を及ぼしそうだ。ドル/円は119円ぐらいが上値のめどだと思っていたが、今後の展開によっては昨年末につけた121円台の高値が視野に入ってくる可能性もあるだろう。
●追加の円売り材料になりそう
<三井住友銀行 市場営業推進部ストラテジスト 宇野大介氏>
 安倍首相が中国・韓国を訪問しているタイミングで、核実験を強行したのは若干サプライズ。だが、近々に核実験を実施する可能性を表明していたし、事前に伏線はあったので、内容自体に驚きはなかった。
 北朝鮮は、交渉相手としてアジアよりも、米国を引き出すためにやっていることだと思う。国連安保理などを通じた北朝鮮に対する対応は、変わらないだろう。北朝鮮に対して国際的な制約が強くなるだろうが、それによって北朝鮮の行動を束縛することにはならないと思う。
 金融市場では、為替相場は1ドル=119円台に円安が進んでいる。これまで円売り地合いだったが、追加の円売り材料になりそう。円安が進む可能性があるとみている。
 株式相場は、米国株につれて上値を試す地合いとなっていたのに、若干水を差す材料になるかもしれない。ただ、核実験実施表明の第1報の時にも、あまり反応はなかったので、影響は限定的なものにとどまるのではないか。
 債券には直接的な影響はなく、株価の動向にらみだろう。もし、株安に振れれば「質への逃避」で買われる可能性もある。
 小泉前政権の時だったらかなり緊迫感が高まってバタバタしたかもしれない。しかし、安倍政権は発足してすぐに中国・韓国を訪問し、外交努力をしていたので良かったと思う。 
●為替市場への影響は今後の展開次第
<野村証券 金融市場部・次長兼為替課長 河野文彦氏>
 為替市場への影響は今後の展開次第だが、北朝鮮への国際的な圧力は強まると予想され、とりあえず円は買いづらいだろう。 ドル/円は118円前半のレジスタンスを完全に上抜けたので上昇しやすい状況にあり、テクニカル的な要因がもう一段の上昇のきっかけになる可能性もある。
 次のドル高/円安方向のターゲットは昨年12月の高値(121.40円)だ。ユーロ/円も上昇する可能性はあるが、すでに最高値圏にあるため、一段と上昇していくかは不透明だ。北朝鮮の核問題が実験終了で一段落するのか、それとも強い制裁措置が取られ、より大きな国際問題に発展していくかによって決まるだろう。 (東京 9日 ロイター)


米原油先物が上昇、北朝鮮の核実験実施や減産観測などで [ 10月09日 13時49分 ロイター ]

 [シンガポール 9日 ロイター] 9日の米原油先物は、北朝鮮が核実験を実施したことに加え、石油輸出国機構(OPEC)加盟国が減産を実施するとみられることから、一時は1バレル=60.48ドルまで上昇した。
 朝鮮中央通信(KCNA)がこの日、北朝鮮が地下核実験を実施したと報じたことを受け、米ドル/円は7カ月ぶり高値まで上昇したが、原油相場は小幅な上昇にとどまった。北朝鮮は産油国ではなく、主要な消費国でもないため、原油関係者は、北朝鮮情勢よりも、イランやイラク、ナイジェリアなどの原油生産が落ち込む可能性に注目している。
 米原油先物は0320GMT(日本時間午後零時20分)現在、1バレル=60.44ドルで推移。
 OPECは9日、生産枠を日量100万バレル引き下げ、日量2800万バレルとすることを、正式に発表する見通し。


人民日報、安倍首相を知者と絶賛 [ 日経 ]

 【北京=宮沢徹】中国共産党機関紙、人民日報は8日付で、訪中した安倍晋三首相を「情勢に応じて事をはかる智者」と絶賛するコラムを掲載した。小泉純一郎前首相については「自己を賛美し独断専行だった」と批判し両者の違いを強調。「今回の訪中は中日双方が利益を勝ち取るための選択」として今後の関係改善へ期待をにじませた。
 コラムでは安倍首相が就任後すぐに訪中を実現した背景には(1)小泉前首相の負の遺産を返還すべきという周囲の意見をよく聞いた(2)首相就任前後で靖国神社参拝などについての発言を変化させた(3)日本にアジア外交立て直しを求める国際情勢の流れに乗った――3点があると指摘している。 (07:00)


韓国、対日強硬に影響も・中国の姿勢を注視 [ 日経 ]

 【ソウル=峯岸博】韓国政府は8日、北京で開いた日中首脳会談を注視した。日本の首相の靖国神社参拝や領土問題などを巡って共に日本と対立してきた中国の動向は強硬路線を貫いてきた盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の対日政策にも微妙な影響を与える。韓国内には日中関係改善の動きで韓国が孤立しかねないとの焦りもあり、中国との連携にも力を入れる。
 盧大統領の視線の先には当面の外交日程がある。日中首脳会談の翌9日にソウルで11カ月ぶりの日韓首脳会談があり、13日には北京で中韓首脳会談を控えている。 (07:00)


【核開発】核実験行われた咸鏡北道花台郡とは? [ 朝鮮日報 ]

c0019485_1765968.jpg 北朝鮮が9日に核実験を実施した咸鏡北道花台郡は外信が核実験可能な場所として挙げてきた吉州郡と隣り合わせの東海岸地域の都市だ。
 花台郡は北朝鮮が今年7月5日、テポドン2号ミサイルを発射した舞水端里があることで有名な場所。
 吉州地域は1990年代末から北朝鮮が地下坑道を建設しているという事実が確認され、韓米情報当局が核実験の候補地に挙げてきた。
 北朝鮮はこれに先立ち、1980年から寧辺と吉州などで、核実験の前段階である高性能爆発実験を約100回にわたり実施してきたとされている。
 ハンナラ党の鄭亨根(チョン・ヒョングン)議員はこれに先立ち、某ラジオ放送に出演し、「北朝鮮の核実験を行う場所は国境からかなり離れた地下坑道。地盤が固くなければならないため、かなりの奥地になるはず」とし、「韓米情報当局がここ20年間注視した結果、咸鏡北道吉州郡萬塔山が最も有力だという分析が出ている」と明らかにしている。
 英国のデイリー・テレグラフ紙はこれに先立ち、「北朝鮮の核実験を強行するとすれば、米国の軍事衛星が関連の動きを探知した北朝鮮咸鏡北道吉州で行われ、深さ1マイル地点の地下ではなく、横断式のトンネルで実施する可能性が高いとロシア軍関係筋が明らかにした」と報道している。


安倍首相に14時間遅れで盧大統領やっと言及 [ 朝鮮日報 ]

c0019485_1763237.jpg
 今年7月の北朝鮮による大量ミサイル発射に続き、今月3日の北朝鮮の核実験宣言に対する反応は、やはり韓日の間でかなりの違いがあることが分かった。
 北朝鮮外務省の声明が報道されたのは同日午後6時。両国政府はほぼ同時に非常会議を召集したが、会議の主宰者は違っていた。韓国政府は午後6時40分、宋旻淳(ソン・ミンスン)大統領府安保政策室長が次官級の出席する会議を開いた。続いてユン・テヨン大統領府報道官が同8時ごろ「北朝鮮核実験の警報体制を強化する」と発表した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は同6時5分に報告を受けたが、何も公式に言及していない。
 日本は韓国よりも8分遅い午後6時48分、安倍晋三首相が直接緊急会議を開いた。状況報告を受け、指示もした。そして同7時に麻生太郎外相は「北朝鮮の核実験の可能性がある。ミサイル発射よりも深刻だ」と発表した。同7時30分には安倍首相が記者会見で「北朝鮮の核実験は許さない」との談話を発表した。
 4日午前7時、韓国政府は宋旻淳室長の主宰で長官級が出席する安保政策調整会議を開いた。しかし、声明は大統領府ではなく、外交部からのものとして発表された。盧大統領がこれについて初めて言及したのは午前9時30分頃の国務会議で、「冷徹かつ断固とした対処をせよ」だった。それも宋室長が伝えたものだ。
 一方、アメリカの対応もかなり早かったことが分かった。米のボルトン国連大使は、声明が報じられた4時間30分後に、国連安保理の定例会議でこれを議題に挙げた。米国家安全保障会議(NSC)のジョーンズ副報道官は4日午前1時(ワシントン時間3日午後12時)、北朝鮮の核実験宣言について「アジアと世界の平和に対する脅威」と批判した。
東京=鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)特派員
李河遠(イ・ハウォン)記者 朝鮮日報
[PR]

by azatsu0422 | 2006-10-09 17:29 | 政治