ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 25日

この大きさで350円なら、一度は食べたくなる。

とにかく、メガマックは初めて店頭で見かけたとき、大きさと値段で一度は食べてみたくなりました。

ただ、私がファーストフード店に寄るのは、明け方まで仕事してから翌朝のアポへ向けて移動する道中のドライブスルー。食べ損ねていた夕食と朝食を兼ねているのですが、この時間は当然のようにメガマックはなく、残念ながら未だ食べる機会がありません。

吉野家の小出しな牛丼復活作戦がヒントなのかも知れませんが、こういう報道がされて認知が広まり、「とりあえず一度は食べたい」人が増えて、ますます品薄になり、来店者がエスカレートする…、という焦らし作戦は、とりあえず成功しているように感じました。少なくとも破滅的な価格破壊キャンペーンよりは未来があると思います。

それから味について。私の場合、ファーストフードに美味いかどうかを求めません。つい、リピートするような「クセになる味」かどうかが関心事です。美味しい食事がしたければ、高級な食材で丁寧に作られたハンバーガーに高いカネを出すよりも、最初から時間と予算をとって、それなりの店で食事をするか、自宅でそれなりに作って食します。ファーストフードの「高質化」は必要ですが、ファーストフードの「高級化」はビジネスモデルに矛盾があると思うのです。せいぜいモスバーガーが限界でしょうし、そのセグメントはモスに任せておけば良いのです。

マクドナルドは、「メガマックの如き肥満に直結するハイカロリー食を目先の利益を追求するために平気で市場へ出して来るマクドナルドに社会良識があるのか?」という非難を心配しているのかも知れませんが、それを言うならファーストフードの存在そのものが既に社会悪ですから、居直るべきでしょう。世間の判断は消費行動に委ねれば良いのです。

それよりも、ファーストフードが及ぼす肥満や大腸ガンの発症リスクを真面目に疫学調査して公表したり、それを踏まえた新メニューの開発や、肥満を予防したり解消するサービス事業を起こして、さらなる社会貢献を考えて欲しいものです。

得意なチケットでも使って、一定以上マクドナルドを食べた人は、マクドナルドのフィットネス施設やエステ施設、ダイエットのコンサルタントを優待利用できます…、って具合にすれば、新たなビジネスモデルが出来るかも?


<マクドナルド>「メガマック」異例の数量限定販売 [ 01月24日 17時59分 ]

 日本マクドナルドは、期間限定の特大ハンバーガー「メガマック」(350円)が予想を上回る人気を呼んでいることから、異例の数量限定販売に切り替えた。各店舗では、買えなかった客におわびとして190円で買える割引券を配っているほか、来月4日までと決めていた販売期間を最低1週間延長する。
 メガマックは今月12日から発売。ビーフパティ(肉の部分)がビッグマックの2倍の4枚入っている。最初の4日間で予想の2倍の332万個が売れ「安定供給できない恐れがある」として、17日から店舗ごとに数十~数百個の限定にした。
 それでも東京都心では、販売開始前に行列ができたり、午前中で売り切れる店舗があるという。1個754キロカロリーと通常の3倍の高カロリーでもあり、同社もこの人気は“想定外”。「ハンバーガーが品切れ状態になったのは初めて。若い男性を中心に、片手でしっかり食事ができる便利さが受けたのでは」と話している。【谷口崇子】
[PR]

by azatsu0422 | 2007-01-25 10:04 | 経済
2007年 01月 19日

これは違うと思います。

雪印は同族企業じゃなかったと思いますが、お役所みたいなサラリーマン経営の弊害は何故、問題にされないのでしょうか。社民的・共産主義的な偏見を感じます。

サラリーマン経営の会社だって、影響力の強い実力社長の志が低くて会社全体のモラルをおかしくさせてしまう場合があるでしょうし、強い意志と実力をともなう責任者が不在の、お役所みたいな組織が目先の無難さばかり考えて、問題を先送りし続けて大変なことになる場合があると思います。例えば総会屋問題とか談合問題へ向き合わずに自爆した企業は、同族経営の企業ばかりだったでしょうか?

全ての責任を背負った一人の人間が強い意志でトップダウンによって一枚岩の強靭な企業体質を作るためには、むしろオーナー経営者の方が迅速な意思決定と機動力を期待できるので向いている、という考え方もあると思います。

風通しが良い会社なら、高いモラルと相互監視による緊張感の維持、状況や情報の共有化、といった企業風土が期待できると思いますが、同族企業でもサラリーマン経営の企業でも時の経営者が風通しに気をつかわなければ社内は腐敗して行くはずですし、経営者の力量不足で社員によって社内情報から隔離されたり裸の王様にされてしまう場合もあるでしょう。社員自身がセクショナリズムなど偏狭な了見で社内の風通しを悪くする場合もあります。

企業体質は一人一人の高い志に支えられた資質によるものと思います。


不二家をめぐる「同族経営」が論議に [ 01月18日 19時59分 ] J-CASTニュース

不二家が消費期限切れの原材料を使用し、品質や衛生管理がずさんなまま営業を続けてきた一連の問題で、企業体質に対する批判が集まっている。この問題に対し、単純な同族企業バッシングは避けるべきとしながらも、企業体質の風通しの良し悪しが根本問題だ、という論調で新聞各社は報じている。たとえば、2007年1月16日の毎日新聞の記事では、「食品業界では、同族企業の弊害について「社内の風通しが悪くなる」(食品卸)などの指摘があるが、同族企業で非上場のサントリーは、社内の全部署に法令順守担当者を設置。「日常から品質管理や法令順守の重要性を意識できる風土」(同社幹部)を作っており、一概に同族企業の持つ弊害を指摘することは難しい」と報じ、2007年1月18日の朝日新聞の記事では、「1917年創業のキッコーマンで04年に初めて創業家以外から社長に就任した牛久崇司社長も「トップは創業家が続いたが、風通しもよかった」と、同族経営そのものが「悪」とする見方には否定的だ」と報じた。不二家では1910年に藤井林右衛門が創業して以来6人の社長が藤井林家出身。1月15日に行われた会見で藤井林太郎社長は「同族会社ということが法令順守の欠如につながるとは考えていない」としながらも、辞任の意向を表明した。次期社長は、「同族であるかどうかは現時点で答えられない」としている。
[PR]

by azatsu0422 | 2007-01-19 07:46 | 経済