<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 13日

はたち?

年々、着実にメジャーになって行く榮倉奈々の姿を見ていると、年齢も着実に重ねている様子が伝わって来るように感じます。

ただ、今どきの女性なら「17歳?」、といった雰囲気でもあります。

「今どき、はたちの女の子が、こんな風だったらいいな、こんな孫娘がいたらいいな、」、という「年寄りの願望」を満たしてくれるビジュアルと、誰にも媚びない爽やかな物腰こそ、榮倉奈々が年寄りのクライアントに好まれてオファーが相次ぎ、そして今後、老若男女を問わず幅広く支持されるポイントになるだろうと思われます。

そうは言っても、事務所の売り方に従順なんだろうな、という「痛々しい感じ」が無きにしも非ず、といったところです。

もし、実年齢が20歳よりも若いなら、人目につく場での飲酒は我慢しておくことを勧めます。


連続テレビ小説『瞳』のヒロイン、榮倉奈々が見せた笑顔と涙
2008年2月13日
c0019485_1235248.jpg






 NHKの朝の顔ともいえる連続テレビ小説のヒロイン。半年間という長きにわたって全国にほぼ毎日放送されるので、自然とヒロインの知名度は上がる。このため、“連続テレビ小説のヒロイン”というブランドは芸能界でも広く浸透しており、ここを登竜門に大きくブレイクした女優は数知れない。最近でも2006年に『純情きらり』でヒロインを務めた宮崎あおいは、歴代最年少でNHK大河ドラマの主演を務めるなど若手を代表する女優に成長している。
 3月31日からスタートする連続テレビ小説『瞳』の主人公の一本木瞳を演じるのは榮倉奈々。身長170cmで9頭身のプロポーションが魅力だ。テレビドラマの主演は『ダンドリ。~Dance☆Drill~』(フジテレビ系/2006年)に続き、今回が2度目となる。女性ファッション誌『セブンティーン』(集英社)の専属モデルとして活躍するほか、2007年は、映画『阿波DANCE』の主演をはじめ、4本の映画に出演するなど女優としても急成長。演技力にも定評があり、今回の瞳役は、ダンス実技や台本に基づく芝居など3度のオーディションを経て、1608人の中から選ばれている。テレビCMでの活躍も目立ち、現在(2008年2月)、ロッテやコスモ石油など5本のCMに出演中だ。
 2月12日は榮倉奈々の二十歳の誕生日ということもあり、誕生日を祝うイベントがNHKホールで行われた。イベントには、榮倉に花束やケーキが贈られたほか、祖父役の西田敏行や母親役の飯島直子ら共演者からビデオでお祝いのメッセージが寄せられた。予想外の共演者からの温かいメッセージに感激し、涙を見せた。
 今日のイベントを受けて、榮倉は「温かい人たちに囲まれて20歳の誕生日を迎えられたことを一生忘れないと思う」と笑顔で答えた。瞳と同じ20歳になったことについてきかれると「“今日飲みに行こう”という会話をしてみたい」とコメント。さらに、「仕事もプライベートも夢はあるが、マイペースに自分らしく進んで、本当に楽しめる20代にしたい」と語った。
 NHKの連続テレビ小説は、1961年から現在まで続く人気ドラマ。総合テレビで月曜から土曜の朝8時15から15分間放送されるため、朝ドラと呼ばれている。現在は、『ちりとてちん』が放送されており、次回作の『瞳』は78作目となる。
 榮倉が演じる主人公の瞳は、札幌でヒップホップダンスに熱中する普通の少女。だが、月島に住む祖母の訃報を受け、17年ぶりに上京する。上京先には、写真でしか知らない祖父(西田敏行)と、祖父を「おとうさん」と呼び、養育を任された3人の里子がいた。瞳は祖母の死で心のバランスを欠いた里子たちの面倒を見るため、月島に残り、祖父の「養育家庭」を手伝うことを決断。新しい土地でさまざまな困難にぶつかりながら、“ダンス”と“里親”を両立していく。
 プロデューサーの尾崎充信は、榮倉について「里子の親となるので、演技力が求められる役だが、細やかな部分も理解しており、祖父と里子を含めて、いい家族になりつつある。瞳が持っている優しさもすでに自分のものにしている。ニュートラルで目の前で起こったことに敏感に対応できる」と安定した演技力を褒め、「(このイベントで)初めて彼女が19歳だったんだと気づかされるぐらいしっかりしている」と語った。
 『瞳』は、3月31日から9月27まで全26週にわたり放送される予定。1608人の中から選ばれた榮倉の演技力と魅力が朝の顔になる。


榮倉奈々「今日を忘れません」 - 20歳の誕生日に感激の涙
c0019485_12275552.jpg
女優・榮倉奈々が12日、20歳の誕生日を迎え、主演を務めるドラマ『瞳』の撮影現場で誕生会が行われた。
『瞳』の撮影現場に登場した榮倉に、スタッフから花束とケーキが贈呈された。これを受け取った榮倉は「皆さんに祝ってもらえて、幸せです。一生忘れません」と感激の涙を流しながら挨拶した。
続いて、ドラマの共演者たちから、お祝いのビデオレターが流される。まずは、瞳の祖父・一本木勝太郎役の西田敏行が「奈々ちゃんと出逢えて幸せです。誕生日おめでとう」と愛情溢れるメッセージが。そして、瞳の母親・一本木百子役の飯島直子は「女性にとって大事な20代を充実したものにして欲しい。これからは、みんなと一緒にお酒が飲めますね」と大人の仲間入りした榮倉にエールを送った。
20歳になった気分について榮倉は「『今日、お酒を飲みにいこう』という会話をしてみたいです」と無邪気な笑顔で語った。また、20代の目標に関しては、「夢や希望はたくさんありますが、仕事でもプライベートでも、マイペースで楽しく20代を過ごして行きたい」とコメントした。

c0019485_12242124.jpg








貫地谷から栄倉にエール NHK連ドラのヒロイン [ 02月26日 19時46分 ]
共同通信
c0019485_12152471.jpg
 「ちりとてちん」のヒロイン貫地谷しほり(左)と「瞳」のヒロイン栄倉奈々=26日、東京・渋谷のNHK放送センター

 NHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」のヒロイン貫地谷しほりが、東京・渋谷のNHK放送センターのスタジオを訪れ、3月31日スタートの次期連続テレビ小説「瞳」のヒロイン栄倉奈々にエールを送った。貫地谷は、長丁場を無事に乗り切る秘訣についてズバリ「寝ることです」。昨年11月から撮影に入っている栄倉も「30分(の空き時間)でも寝るようにしています」と既に実践中でニッコリ。


本気度8割7分!NHK朝ドラ「ちりとてちん」SPでカムバック [ 02月27日 08時05分 ]
サンケイスポーツ
c0019485_12114642.jpg
現ヒロイン、貫地谷しほり(左)と新ヒロインの榮倉奈々。高人気のバトンも渡したい?

 3月29日に最終回を迎えるNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」(月~土曜8・15)のスペシャルドラマが企画されていることが26日、分かった。東京都渋谷区の同局で、朝ドラのヒロインバトンタッチのセレモニーがあり、「ちりとてちん」の遠藤理史チーフプロデューサーが、「本気度、8割7分でやりたい」と明らかにした。
 朝ドラが放送終了後に独立したドラマになるのは、平成13年上期に放送され、2年後に“パート2”が月曜ドラマシリーズ枠で放送された国仲涼子主演の「ちゅらさん」以来(最終的にパート4まで放送)。
 「ちりとてちん」は、将来に悲観的でネガティブ志向のヒロイン喜代美が、大阪で落語家を目指す物語を、落語を交え、涙と笑いで描き人気に。遠藤CPによると、視聴者から「早くパート2を作って欲しい」「DVDには特典映像を入れて欲しい」などの声が寄せられているという。
 主演の貫地谷しほり(22)は今月22日に全撮影を終え、すでに4月スタートのテレビ朝日系主演ドラマ「キミ犯人じゃないよね?」(仮題、金曜後11・15)の撮影に入っているが、朝ドラへの愛着は強く、「ぜひぜひ、やって欲しい」と熱望した。
 また、最終回翌日の3月30日午前8時から25分間、「ちりとてちん」関連番組の放送(関西地区)が決まり、落語をテーマに、ドラマの出演者が登場する可能性もある。
 バトンタッチ会で貫地谷は、次期朝ドラ「瞳」(3月31日スタート)のヒロイン、榮倉奈々(20)に劇中に登場した手ぬぐいと扇子をプレゼントし、撮影を乗り切る秘訣を「よく寝ることが一番」とアドバイス。榮倉は衣装のパーカーとキャップを渡し、「のびのびと撮影していて、(悩みはなく)気持ちはすっきりとしています」とはつらつとした笑顔を見せた。


榮倉奈々が献血アピール「冬に血が足らなくなることがないように」
[ 01月12日 15時17分 ] J-CASTニュース
c0019485_14113380.jpg
献血キャンペーンに登場した榮倉奈々さん


日本赤十字社などが若者に献血を呼びかける「はたちの献血キャンペーン」の記者発表会が2008年1月12日、都内のホテルで開かれ、女優の榮倉奈々(えいくら・なな)さん(19)がイメージキャラクターとして登場した。08年春スタートのNHKの朝の連続ドラマ「瞳」で主役を演じる「旬の女優」が、自身の体験をもとに献血の大切さを訴えた。
2月12日に20歳の誕生日を迎えるという榮倉さんは、渋谷の献血ルームにひとりで出かけ、初めての「献血体験」をしたばかり。
「献血ルームには堅いイメージがあったのですが、実際に行ってみると、初めての人でも丁寧に接してくれて安心しました。沢山の人に献血の大切さを伝えていきたいです。『冬になると血が足らなくなる』ということがなくなるといいと思います」
とアピールしていた。
同キャンペーンでは、献血者が減少する冬に若年層に向けて、主に成分献血や400ml献血を呼びかける。期間は08年1月1日から2月29日までの2ヶ月間。


榮倉奈々1人で献血!「不安なかった」 [ 01月13日 06時11分 ]

c0019485_14134683.jpg
自分の献血カードを手に「はたちの献血キャンペーン」広報キャラクター就任を報告する榮倉奈々

 女優の榮倉奈々(19)が若者に献血を呼びかける「はたちの献血キャンペーン」の広報キャラクターを務めることになり12日、都内で発表会を行った。先日、渋谷で献血に参加したという榮倉は「最初は怖いなというイメージがあったけど、献血ルームはきれいだし、スタッフの方も丁寧に案内してくれたので不安はなかったです。でも注射は苦手ですね」と笑顔。献血には1人で行ったそうだが「友達同士やカップルで来ていた人もいました。私も今度はお友達と行ってみたい」と話していた。
[PR]

by azatsu0422 | 2008-01-13 14:19 | 芸能(特集・榮倉奈々)