ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 31日

石原真理子の二の舞?

石原真理子と印象が重なってしまうのは、私だけでしょうか…?
芸能人は所詮、「個人」である前に、所属事務所の「商品」。個人との折り合いをつけられずにキレてしまったとき、居直って強くなれるのは「女性」であることを思い知らされます。
こういう女性の半生を気の毒に思い、醜聞や肉体を売り物にする「したたかさ」が物悲しくもありますが、私自身はこういう女性に最初から関わりたくないなぁ…と感じてしまうのでありました。


エロエロなこと告白本 奥菜恵が復帰 [ 03月31日 06時12分 ]

 昨年5月に所属事務所を離れ、休業していた女優奥菜恵(28)がフォト&エッセーの自叙伝「紅い棘(とげ)」を4月8日に双葉社から発売する。休業の理由や結婚、離婚の真相を初めて告白。“魔性の女”と言われたこれまでの男性遍歴についても赤裸々に明かし、自ら撮影したセルフポートレートではメイド&着物姿でエロスを表現するなど衝撃的な内容だ。
 “魔性の女”奥菜が衝撃的な自叙伝を引っさげて芸能界に復帰する。
 筆を執ったのは今年はじめ。出版社の依頼に「何も言わずに芸能界を離れたこともあり自分の生の声を記したい」と承諾。ペンネーム・小茉莉(こまり)としての執筆家デビュー作にした。
 191ページにわたる内容は生々しくショッキング。特に、05年7月に離婚したサイバーエージェントの藤田晋社長(34)との結婚から離婚までの真相は詳細。藤田氏から「これだけ買い与えて不自由ない生活をさせてるじゃないか」と言われた時に「買い与えて!?あなたの幸せってお金?肩書?世間体?」などと口論になった様子まで細かく明らかにし、価値観の違いが離婚の最大の理由だったと説明。夫婦間の亀裂により、酒量が増えた上に、夫の無反応、無関心な態度から子供が巣立った後の主婦に起こる“空の巣症候群”のような「一種のうつ状態になった」としている。
 10代の頃に押尾学(29)と交際し、その後、ロックギタリストや若手俳優との交際も取りざたされた“恋多き女”だけに男性遍歴も興味深い内容。「愛の原型」として「10代後半から約4年の歳月を共に過ごした人がいる。車好きな人だった」と紹介。年上だったが「自分の怒りをコントロールできず、怒りの矛先を暴れるという形で私や物に向けた」という“DV愛”だった。
 離婚後にIT社長らとの噂もあったが「事実ではない」と完全否定。「一緒にいたのは年下の彼。07年の秋に別れた」とし、三角関係が理由で破局した瞬間の様子も赤裸々に告白。現在「信頼できる人がいる」と恋人の存在を明かし「もしかしたらこの先、結婚しようという気になるのかもしれない。子供が欲しい」と再婚の可能性も示唆している。
 ≪「セミヌード」「危ない衣装」≫事務所を離れ、休業した理由については「自分にとっての生きる意味を考えていた。一度自分をリセットする必要があった」と説明。関係者によると、この間にデザインや舞台の演出など多くの創作活動を勉強。今後は女優業だけでなく「創作人・小茉莉」として写真、詩、デザイン、演出などを手掛けていく意向で、過去の人生をリセットするという意味で自叙伝の出版は再出発への大きな区切りとなった様子。そこに収めた計32ページにわたる102点の写真はすべて自分で撮影したセルフポートレートで、創作家としての才能をいかんなく発揮。ペイントのタトゥーを入れ背中を露出させたセミヌードや胸元が開いた妖艶(えん)な着物姿などインパクトのある内容だ。
[PR]

by azatsu0422 | 2008-03-31 17:00 | 芸能
2008年 03月 31日

NHK朝ドラ「瞳」スタート

いよいよ「瞳」が始まりました。

彼女が以前からインタビューで良く語る「ナチュラルな演技」の意識が伝わって来ました。
肩の力を抜いて、わざとらしいオーバーアクションを抑えつつ、気丈に前向きで元気に振る舞う「芯の強い」様子は、おそらく彼女の「素」だと思います。

瞳が「仲良くするべっ!」と里子に近づき、「ベーっ!」と拒否られるシーンでは、彼女の戸惑う表情を一瞬でサラっと流し、次の父娘喧嘩のシーンへ展開するスピード感に安堵しました。

たとえ複雑な背景があっても、サラっと爽やかで元気に振る舞う、という彼女のイメージがドラマに折り込まれていて、逆に言えば彼女が役に入り易いドラマにしている様子です。

そういう意味では、タケダやホンダのCFも一貫した雰囲気です。何と言ってもNHKが番組の合間に流すNHK自身の宣伝に彼女を登場させて、同様のイメージを演出しているのは、凄いです。NHKの連ドラに合わせてCFや番宣でこれほどまでに露出させるケースがあったでしょうか?あらゆるメディアをコントロールする事務所の力がいかに絶大かということを思い知らされます。

お通夜で酒席に誘われるシーンのとき、ギリギリお酒を飲まずに済んで良かったです。新年のNHKの特番に新成人として出演した榮倉奈々をはじめ、日本赤十字社の献血キャンペーン、そして朝ドラと、20歳であることが前面に押し出されていますが、事務所が表立って飲まないように配慮しているのだろうと思います。飲んじゃダメだよ?(笑)

ダンスのトレーニングは、このドラマのオーディションを受けるずっと前からやって来たことが彼女のDVDから窺われます。事務所の戦略と本人の努力が結実して良かったです。リアルにダンスをやってる第一線の人と比べたとき、動きの切れ味が少々見劣りするのは、ご愛嬌。

ガンバっ!


榮倉奈々“最愛の2人”と一緒に写真 [ 03月31日 06時12分 ]

c0019485_1551573.jpg 女優の榮倉奈々(20)が30日、フォトエッセー「207 ハタチノナナ」(集英社)の発売イベントを都内で行った。自身の出身地でもあり、母方の祖父母が住む鹿児島県で昨年秋に撮影。「おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に撮った写真が一番気に入ってるし、宝物です」と笑顔。先月12日に20歳になったことを記念して、振り袖姿も収録されている。結婚願望については「あまりない。30歳くらいでいいかな」と話した。
[PR]

by azatsu0422 | 2008-03-31 16:26 | 芸能(特集・榮倉奈々)
2008年 03月 10日

篤姫の評判は、宮崎だけじゃない。

これまで断片的に知った上っ面の知識からは、天璋院(篤姫)は、大奥のドロドロした所を仕切った、薩摩出身の気が強くて強面のオバチャンだろう、という先入観を抱いて来ました。そのような先入観で想像する篤姫は、つまらない話になってしまいます。

それにしても、大河ドラマは所詮エンターテイメントだから、史実に忠実かどうかは別ですが、そういう細かい詮索がどうでも良くなり、素直に「こんな解釈だったら、いいな~・・・」と思わせるものを感じています。

ちなみに、報道は篤姫の評判(視聴率)を、「宮崎あおい」で語ろうとしているようです。それはそうかも知れませんが、大河ドラマの成否は、もっと重厚に捉えて、語るべきだと思います。

長塚京三の島津忠剛、樋口可南子のお幸、佐々木すみ江の菊本が醸し出すホームドラマは、ついつい於一(篤姫)を育て、見送る親心として、我が事のように感情移入させられて、涙が出ました。

そして、何と言っても高橋英樹。島津斉彬を極めて素敵な殿様として、魅せてくれます。バラエティ番組で見せるリアルな父親像と、先進的でクールな仕事人、島津本家当主の殿としての威厳。これらが全て無理なく絶妙に重なって来て、高橋英樹の演技にも感情移入させられてしまいます。高橋英樹は三回の流産の末に得た愛娘を溺愛して来て、娘が「理想のパパ」と言うほどだそうですが、高橋英樹の骨太な強さと優しさが満ち溢れ、これほどの演技になっている気がしてなりません。

松坂慶子の幾島も勿論、素敵です。ただ、天璋院の実像は、宮崎あおいよりも、美しく知的で重厚、しかも女性の可愛らしさを併せ持つ、幾島を演じる松坂慶子の方が近かったのでは?と思わせてしまいます。もしかすると、松坂慶子が張り切り過ぎなのか、宮崎あおいの線の細さによるものでしょうか?


驚き!!宮崎あおい主演「篤姫」25%超えの理由 [ 03月09日 10時00分 ]
ゲンダイネット

 異常事態発生か。宮崎あおい(21)主演の大河ドラマ「篤姫」(NHK)の2日放送分が25.3%の高視聴率をマーク。ここ3年間でトップの数字をたたき出した。
 宮崎は3日に高岡蒼甫との結婚式を挙げて騒がれているが、こっちの方がよっぽど“大事件”である。
 同ドラマは薩摩藩主・島津家の分家に生まれながら、13代将軍・徳川家定の御台所になり、大奥を統率した天璋院篤姫を描いた“シンデレラストーリー”。当初は「宮崎が姫というより町娘にしか見えない」と評判はイマイチで、初回視聴率21.0%と昨年の「風林火山」より出遅れた。
 しかし、回を重ねるごとに視聴率がアップして、25%超えだ。
「『篤姫』はホームドラマや恋愛ドラマの要素を取り入れたカジュアルな時代劇です。分家の娘が教育を受けてお姫様になるという『マイ・フェア・レディ』的な部分もある。そうした要素が女性や若い世代に受け入れられているのでしょう。これまでの大河といえば、時代がかった重々しい芝居や内容が多かったのですが、今回は間口が広がって新しいファン層が見ているのです。“はたして宮崎が姫を演じられるのか”という不安要素も逆に宣伝になりましたね」(テレビウオッチャーの一本木剛氏)
 今後は篤姫が大奥に入り、堀北真希が演じる和宮親子内親王との“嫁姑バトル”を繰り広げる。これも、ホームドラマの王道パターンなだけに、さらに支持を集める可能性は高そうだ。
[PR]

by azatsu0422 | 2008-03-10 19:51 | 芸能