<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 28日

46年ぶり「夏」の甲子園に出場した慶應の強さは本物か?

「陸の王者慶應~♪」と誇らしげに歌う慶應の応援歌「若き血」は、相応の結果がついて来ないと、古豪の年寄り臭い回顧趣味に過ぎません。かといって、相応の結果があったとしても、慶應関係者以外の立場にしてみれば、「若き血」は自己讃美の嫌味な歌です。

ただ、この半世紀に限って言えば、慶應は高度成長期が始まる頃から加山雄三が演じた「若大将シリーズ」の爽やかなヒーローの雰囲気で世間を押しまくり、そして、鼻持ちならぬ嫌味を自身に対するプレッシャーに転化しながら、独立自尊の精神で、独自の私学の道を歩んでいたように感じています。
これは、この半世紀に限らず、創立以来150年間ずっとブレずに徹して来たことが義塾の誇りのようですが、何はともあれ、国内の私学としては比較的磐石な経営状況、学術面をはじめとする様々な社会的成果、そして安定した志願者数の確保と卒業後の進路実績、そして各界における一部OBの派手な活躍、といった、誇らしい結果の自負があるのでしょう。

さて、1学年で18クラスあり、往年は800人余、近年でも720人前後の慶應少年を毎年輩出して来た慶應高校(塾高)ですが、スポーツについては各地の逸材をスカウトして来る他の強豪校と比べて人材面の劣勢はどうしようもなく、また神奈川県は高校数も多くて激戦区でもあり、「ドカベン」が連載されていた頃には、既に甲子園が遠い存在だった気がします。

そんな塾高が2005年の春の甲子園(第77回選抜高校野球大会)へ45年ぶりに出場してベスト8に進出、今年(2008年)も春の甲子園(第80回記念選抜高校野球大会)に出場しましたが初戦で敗退しました

塾高にとって激戦区の神奈川が南北の2地区に分かれたことは、夏の甲子園をリアルに感じさせて、モチベーションを盛り立てたのだろうと思います。「慶應の強さは本物か?」という疑問に対して、「春(選抜)だからなぁ…」と半信半疑でしたが、着実に全国区の強さを身につけているように感じていました。それが、今回の県大会決勝戦で確信できました。

慶應はスポーツの逸材であっても、それだけでは入れない学校なので、将来、プロ野球でドラフトの目玉になる、といった超高校級のスター選手が何人もいるような派手なチームは編成できませんし、ハンカチ王子のような王子様も現れそうにありません。地味な選手ばかりで、カネ持ちボンボンが集まる慶應、といった連想から、軟弱なイメージもあるでしょう。応援歌は嫌味だし、中身が乏しいくせにキザな感じの慶應OBが排他的な集団になって周りの迷惑に配慮せず盛り上がる場面も多々あるでしょうから、周囲にそのような先入観を与えていることもあるでしょう。

でも、「心を一つにした平凡な選手達の挑戦」という志こそ、高校野球の夢の一つでもあるわけです。そういう面で、慶應は、実は泥臭くて応援しがいのあるチームです。

巨人軍の若大将だった原辰徳を輩出した、名門・東海大相模を相手に、決勝戦の9回で追いつき、延長戦で破った粘り強い野球は、慶應ラグビー「炎のタックル」に通じる気力の賜物。甲子園で5回、できれば6回ほど、こういう試合を再現して欲しいな、と願っています。


夏の甲子園、55代表校が決定 慶応、関東一、近大付が決まる
共同通信 2008年7月27日 17時47分

 第90回全国高校野球選手権大会(8月2日から17日間・甲子園)の代表校に27日、慶応(北神奈川)関東一(東東京)近大付(南大阪)が決まり、55の出場校が出そろった。地方大会の最後を飾るにふさわしく東西で息詰まる試合が繰り広げられた。北神奈川では9回に2点差を追いついた慶応が延長13回に3点を奪い、46年ぶりの出場。南大阪では近大付が延長12回、サヨナラ勝ちした。


北神奈川代表は慶応に決定!(7月27日)
2008年07月27日

夏の高校野球・北神奈川大会は27日、決勝が行われました。センバツに出場した慶応と、3年連続決勝進出の東海大相模との一戦は大熱戦となりました。31年ぶりの夏の甲子園を狙う東海大相模は4回、主砲・大田の本塁打で先制します。大田は今大会5本塁打で、神奈川県新記録。さらに通算65本塁打として清原和博内野手(現オリックス)の記録を超えました。東海大相模が2点リードで迎えた9回に慶応が追いついて延長戦へ。そして13回、慶応は3番手として登板した大田から山崎の本塁打などで3点を奪って、46年ぶり17度目の甲子園出場を決めました。

▽決勝
慶応 9-6 東海大相模
慶応は46年ぶり17度目の出場

■関連リンク
第90回全国高校野球選手権北神奈川大会・大会情報(スポーツナビ)
第90回全国高校野球選手権北神奈川大会・過去データ(スポーツナビ)
スポーツナビ「第90回全国高校野球選手権地方大会」特集


<夏の高校野球>古豪対決は慶応に軍配、松商を制す 
2008年8月5日 15時58分

 第90回全国高校野球選手権記念大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)第4日の5日、第3試合は、46年ぶり17回目出場の慶応(北神奈川)と、全国最多の35回出場を誇る松商学園(長野)の古豪対決となり、6-4で慶応が勝った。
 1点をリードされた慶応は二回2死一、三塁から斉藤の右前適時打で追いつくと、続く溝口が中越えの2点三塁打を放ち、逆転。さらに、内藤の内野安打で、この回計4点を奪った。さらに、三回と四回にも1点ずつ挙げ、試合を決めた。
 松商学園は二回2死三塁から丸山の中前適時打で先制。九回も無死二、三塁と攻め、小原の左犠飛などで2点差まで詰め寄ったが、あと一歩及ばなかった。【デジタルメディア局】


<夏の高校野球>慶応、零封リレーで高岡商降す
2008年8月11日 14時04分

 第90回全国高校野球選手権記念大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)第10日の11日、第2試合は慶応(北神奈川)が高岡商(富山)を5ー0で降した。慶応は第13日の第2試合で青森山田(青森)と対戦する。
 慶応は三回、1死二、三塁から福富が三遊間を破る適時打と鈴木裕の中越え2点二塁打で3点を先取。五回にも福富の左翼への適時二塁打で加点した。
 高岡商は三回2死二、三塁の好機に得点できず。慶応の田村、只野の継投に打線が沈黙した。【デジタルメディア局】


慶応5-0高岡商 慶応が必勝リレーで快勝
共同通信 2008年8月11日 14時32分

c0019485_15224167.jpg  慶応-高岡商 3回表慶応2死一、二塁、鈴木裕が中越えに2点二塁打を放つ=甲子園

 投打がかみ合った慶応が快勝した。3回に福富の左前打と鈴木裕の二塁打で3点を先制。5、8回にも加点し、突き放した。好機に打席が回った右打者が、左腕福島から全打点を挙げた。投げては先発の田村が変化球を低めに集めて6回を無失点。7回以降を只野が抑えた。岡商は打線が的を絞りきれず、5安打に封じ込まれた。
[PR]

by azatsu0422 | 2008-07-28 12:40 | スポーツ
2008年 07月 19日

タイヤの空気圧ちゃんとチェックしてる?

タイヤの「ころがり抵抗」は、かなり燃費に影響します。
タイヤ自身の特性で、ころがり抵抗も様々ですが、同じタイヤでも例えば規定空気圧より 0.3kgf/cm2 (約29.4KPa)も低くなると、燃費が明らかに悪くなります。

特に意識しないと0.3キロの違いはわかりませんが、ちょっと意識すると乗心地の突き上げ感や、コーナリングで操舵したときの手応えや腰の感じが「グニャ」って感じになるのがわかると思います。それから、高速道路の直線の下り坂でアクセルを閉じたとき、速度低下が心なし早まるような気がします。

いくらケチケチ運転を心がけても、タイヤの空気圧が低過ぎると効果もイマイチ。
車検の整備を済ませてから何ヶ月も空気圧をチェックしてない人には、是非お勧めです。私の場合、月イチは給油のついでに空気圧をチェックしています。ちなみに、経験的には冷間始動時の空気圧から数キロも走ると、約0.2キロほど空気圧が高くなるので、測定条件を揃えておくのが良いと思います。

それから、規定空気圧を守らないと、操安性や乗心地に影響するので公的な立場の人には言えませんが、私は自己責任で規定空気圧よりも0.5キロほど高くしています。高速道路の下り坂でアクセルを閉じても速度が落ちずに、すぅ~っと走る感覚で、いかにも抵抗が少なくなった感じがします。

あと、私にとって燃費の良い運転法は、「結果的にブレーキをかけずに済むような運転をすること」だと思っています。

すなわち、アクセルを踏んでから、ブレーキをかけるということは、「アクセルを踏む」→「燃料を噴射してエンジンを回す」→「クルマを加速させて速度が高まる」→「クルマの運動エネルギーが高まる」→「ブレーキをかけて摩擦させる」→「ブレーキから熱を出す」→「クルマの運動エネルギーを捨てる」、ということですから、ブレーキをかけずに済むような走り方は、無駄に加速しないで済ませることになりますから、自ずと燃料の消費を節約しながら目的地に到着することになります。

極端な話、ある速度まで余計に燃料を噴射させずにジワジワと加速してから、スパっとアクセルを閉じて、あとはブレーキを踏まず自然に止まった所が目的地、というのが私の理想です。

片側2車線以上の道で、目の前の赤信号が青になると、つい周囲のクルマを意識してシグナルグランプリのように加速させてしまい、その挙句、すぐ先の信号や渋滞で急ブレーキ…という運転は、目的地の到着時刻が早くなるわけでもなく、燃費は悪いし、ブレーキもタイヤも早く磨り減ってしまうので、愚の骨頂だと思います。

そうは言っても、「交通の流れに乗る」という現実がありますから、周囲のクルマをイライラさせない程度に、先々の状況を見ることで、むしろ交通の流れよりも速く走りながら実行するのがドライバーの腕の見せ所だと思います。

あと、長い下り坂でギアをニュートラルにして惰性で走れば燃費が良くなると考える人がいますが、大昔のキャブレター式のエンジンならともかく、今どきの電子制御の燃料噴射式なら、アクセルを閉じて惰性走行する方がマシだと思います。
というのも、エンブレ状態は燃料噴射がカットされるからです。ニュートラルで惰性走行すると、エンジンをアイドリングさせておくのに燃料を噴射する分、エンブレよりもかえって燃料を消費するはずだからです。

いっそのことエンジンを切って惰性走行すれば良いのですが、数回もブレーキを踏めば、すぐにブレーキの倍力装置が効かなくなるので、未経験な人だとビックリするほどブレーキが利かなくなります。その分、ブレーキを強く踏めば良いのですが、慣れないと、いくら強く踏んでも「利かない!止まらない!!」と焦ってパニックになるかも知れません。エンジンをかければ良いのですが、それも忘れて、運が悪ければ衝突するでしょうから、お勧めしません。

ひどい渋滞で止まってしまった時や、長い赤信号待ちの時に、エンジンを止めてしまうことがありますが、あまり続けてセルを回すと、セルモーターへの負担もさることながらバッテリーがあがってしまいそうで不安になります。ハイブリッド車がうらやましい…。買い換えるカネがありません。

あとは、上り坂の加速ではエアコンをオフにします。

エンジンオイルやエアフィルターもフレッシュな方が良いのでしょうが、私の場合はクルマにカネをかけられないので、そこまで踏み込めません。

私の場合、旧い3リッターエンジンのクルマで市街地走行の燃費が約6.5km/L前後でしたが、以上の積み重ねで、常に8.0km/L以上、ベストで約9km/Lまで改善しました。

もっと改善するとなれば、余計な積荷を降ろして、燃料も満タンにしないようにして、少しでも車重を軽くすることと、夏の高速道路でも窓を閉め切ってエアコンをつけないようにしなくちゃ…。

クルマを手放して乗らないようにするのが一番か…?


エコ運転でCO2削減を 燃費15%改善の試算も 共同通信
2008年7月18日 19時10分

 地球温暖化につながるCO2削減策として、燃費の良い運転「エコ安全ドライブ」の普及を呼び掛けるフォーラムが18日、都内で開かれた。日本損害保険協会や全国地方新聞社連合会などが主催した。環境省の試算では、国内のCO2排出量のうち、乗用車からの排出は約10%を占める。車の発進時にゆっくりと加速し、減速時は早めにアクセルから足を離すなど、運転の仕方を少し変えるだけで燃費が15%ほど改善できるという。
[PR]

by azatsu0422 | 2008-07-19 01:19 | クルマ
2008年 07月 18日

「NHK朝ドラ」とEXILEのミスマッチ

西田敏行、眞木大輔…というキャスティングについて、私は、事務所が榮倉奈々のために以前の仕事で馴染みのある俳優を起用させたものと受け止めています。

それから、NHKの朝ドラには、全国の保守的な中高年層を含む、幅広い視聴者がついているので、特に保守的な中高年層に「今どきの若い人」の姿を好意的に受け止めてもらうために苦慮したのだろう、と思います。

自ずと、ダンスにハマっている人やEXILEファンにしてみれば、ドラマや眞木大輔に期待するイメージからは、脚本・演出共々さぞギャップが大きいことでしょう。ネット上の低評価は、そもそも脚本家やプロデューサーが「元々、朝ドラ視聴者としては圏外」と割り切った視聴者による、想定内のクレームなのかも知れません。
EXILEファンには不本意かも知れませんが、ダンスが何だか知らず、「クラブ」に通う不良としか受け止められないような中高年層に、「眞木大輔を貸してやる!」といった大らかさも必要と思います。

一方、榮倉奈々の良さは、素の「素朴なひたむきさ」が、あらゆる不器用さを上回っていることです。確かにビジュアル的には胸や顔立ちの華が乏しいかも知れませんが、今どき美容整形もしないで、髪でさえ素のままでいること自体、物凄い存在感になっていると思うのです。せいぜいピアスは仕方ありません。
演技力も器用でないかも知れませんし、時々「(気持ちが)抜けちゃってるかな?」と感じる場面もありますが、それも今どきの若い人の表情としては、むしろフツーな感じです。要所の集中力は素晴らしく、私は決して「棒」とは思いません。

このドラマに期待すべきはダンスや下町情緒のリアリティ、ドラマティックな感動というよりも、忘れていた「人情を思い出して、感じること。」に尽きると思うのです。そして、ベテラン俳優陣と子役の堅実な演技に支えられて、広く世間にウケるかどうかは別にしても、私は十分に表現できていると感じています。


NHK連続テレビ小説で話題! EXILEメンバーの“棒”っぷり
2008年7月17日 21時22分

c0019485_1115185.jpg ヤフーユーザーレビューでは、5段階で最低の星1つが果てしなく並ぶという、異例の低評価を誇る、NHK朝ドラ『瞳』。コメント欄では、「感動する場面が皆無」「すべてが面白くない」「台本がめちゃめちゃで雑」「最低のドラマ」「NHKどうしちゃったの?」「不視聴運動」などなど、かつてないほどの惨憺たる評価が相次いでいる。そして、主人公役の榮倉奈々はじめ、「棒読みだらけ」と評される出演者たちのなかでも、ひときわ輝く棒読みぶりを披露している人物がいる。EXILE MAKIDAIこと眞木大輔が演じる「伝説のダンサー・KEN」だ。
 ドラマは、まるでエイベックスとのタイアップではないかと思うほど、「伝説のダンサー」を祭り上げているにもかかわらず、彼の演技力については「伝説級の棒(読み)」「聞いてても観てても恥ずかしくなる」「棒ダンサー」などの声が続出。
 EXILEファンの間でも「ダンスだけ踊っていればかっこいいのに」「しゃべらなくて良い」「(演技は)全然知らない、必要ない」などという評判が聞こえてくるほどなのだ。
 だが、これには大いに反論するファンもいる。
「MAKIDAIは、映画『渋谷区円山町』に出演していたときや、ドラマ『ホットマン2』では、もっと自然な演技だったんですよ(怒)。朝ドラの脚本がひどすぎるんだと思う」
 そんな彼、実は6月21日放送のNHK『土曜スタジオパーク』に出演した折、ちらりと気になるこんな発言をしていた。
「僕のセリフ、『……』ばっかりで、セリフがちゃんとないんですよ(苦笑)」
 なんとあの棒読み演技は、脚本のせいだったということ!? だとしたら、「伝説の棒ダンサー」の称号は、気の毒な気もするが……。だが、一方で、ある演劇ファンはこう話す。
「『劇団EXILE』として彼らが出ていた舞台には、目立って『棒読みの人』が何人かいて、EXILEを全然知らない人でも、すぐに誰がメンバーなのか(その棒読み具合から)わかりましたよ(笑)」
 8月には、そんなMAKIDAIが吹き替え版の声優を務めた米映画『ハンコック』の公開が控えている。
 ヒット曲を連発し、「めちゃイケ」の企画から生まれた「オカザイル」人気などでも、ファンの幅を広げているEXILEだが、演技のほうはまだまだ不安要素だらけのようだ。
(田幸和歌子)
[PR]

by azatsu0422 | 2008-07-18 12:17 | 芸能(特集・榮倉奈々)