ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 16日

私は変わらぬ気持ちで松井秀喜選手を応援します。

辛辣なNYファンとメディアから、これほどまでに惜しまれてチームを去る選手が松井秀喜選手であることを、心の中でずっと応援して来た者として誇りに思います。

ビジネスとして、人の生き様として考えても、私は最善の対応をしたと受け止めています。

松井秀喜選手の交渉には、いかにしたたかでも「がめつい」印象が無く、「守りに行った」消極的な姿勢もなく、常にフェアで挑戦的な印象を受けます。だからこそ、NYファンから素直に惜しまれるのだと思います。

そして、代理人のテレム氏の対応も松井秀喜選手を良く理解し、本人の意向にそったもので、テレム氏自身の目先のビジネスで「がめつく、がっつく」事なくフェアで合理的に対応したのではないでしょうか。そうであれば、私はテレム氏に感謝したい気持ちです。

本人が取材で語っている通り、DH専門の選手として定着するほど選手としての価値が低下して、将来の選択肢がどんどん限定されて行くでしょうから、とにかく来季は守備も打撃も高い価値のある選手としてアピールすることが最優先だと思います。

たとえ契約金額がヤンキース時代の半分になり、巨人時代より低くなっても、そして1年契約というリスクを背負ってでも、来季に打撃と守備で結果を出して、選手成績としてもトップに名を連ね、何と言ってもチームの優勝に貢献して、ワールド・シリーズで二年連続MVP・・・という結果になれば、もはや「マツイ」の価値と地位は不動になると思います。

そんな結果と実績を引っさげてヤンキースと再び契約し、再来年にファンに熱狂されながらNYへ凱旋して来る・・・といったシナリオだって、期待できると思います。DHとして買い叩かれてヤンキースにしがみつくよりも、ずっと建設的でチャレンジングな生き様と受け止めました。しかも、妙に欲張ってズルズルと交渉を長引かせずに、あらかじめ定めた骨太な考え方にそって素早く決着させたことに、来季を見据えて集中力を高める意図さえ感じます。

本人は、マツイならではの打撃の勘所を磨き上げて、それと共に、身体の衰えと怪我に負けない対応に集中し、徹底しているのではないでしょうか。

ということであれば、リスクを恐れず前向きで挑戦的な生き様が魅力的ですし、改めて尊敬できるのです。


「松井は赤い運命」テレム氏が激白した“決断の裏側”
2009年12月18日 17時00分 ( 2009年12月18日 19時29分更新 )

 最後はレッドソックスかエンゼルスだった-。エンゼルスに移籍した松井秀喜外野手(35)の代理人、アーン・テレム氏が16日、米ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」に手記を発表し、松井の苦渋の決断について生々しく語っている。16日に入団発表した松井がエンゼルス入りを決めたのは13日の夜。決断の裏には、こんな出来事があった。
 テレム氏が発表したのは、「ゴジラが南カリフォルニアを揺るがせる」と題する手記。ヤンキースに残留を強く希望しながらも、厳しいFA情勢と自分の野球観を慎重にすり合わせて決断を下した松井の心情が詳しく説明されている。
 「ピンストライプを着たまま、現役を終えることを希望していたヒデキにとって、(ヤンキースタジアムのある)ブロンクスを去る決断は難しいものだった。ジーター、ポサダ、リベラ、ペティットら前の仲間を敬愛し、ニューヨークを自分の街として愛していたからだ」
 自らとの契約がヤンキースにとって優先事項でないことが分かった松井。重視したのは、勝つことと、勝てる良質のチームでプレーすることだった。
 「ヒデキはヤンキースでなければ、エンゼルスかレッドソックスを希望していた。レッドソックスはDHがいるので選択肢としては難しかった。エンゼルスはゲレロがFAだったので魅力的な選択となった。打って守るという完璧な選手でいたいという特別なプライドも持ち続けていた」
 13日の昼、松井とエンゼルスのソーシア監督(51)がテレム氏の自宅で会食したことが決定打となった。希望する外野守備のチャンスがあることを伝えられたことで、松井の気持ちは固まったという。
 「最終的にヒデキは、ヤンキースからの残留条件の提示を待つよりも、エンゼルスの提示した条件を受諾することを選択した。早く決めないとエンゼルスがオファーを引っ込めてしまう可能性もあり、結果的にもっと弱いチームに行く危険性もあった。そうなると、ワールドシリーズには出ることができない。ヒデキは13日の夜は寝ないで熟考し、FA市場というイス獲りゲームの中で、最後の結論を出した」
 第一条件とした「守備機会」とともに、ワールドシリーズMVPまで登り詰めた松井のプライドが、エンゼルス移籍へと突き動かした。


電撃移籍!!松井エンゼルスへ即断
2009年12月16日 08時00分 ( 2009年12月16日 08時21分更新 )

 【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)14日(日本時間15日)】米大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)になっていた松井秀喜外野手(35)が、イチロー外野手(36)が所属するマリナーズと同じア・リーグ西地区のエンゼルスへ移籍することになった。年俸650万ドル(約5億8000万円)の1年契約で電撃合意した。年俸は半減して巨人時代を下回るが、希望していたDH兼任での外野復帰を最優先。前夜、ヤ軍のブライアン・キャッシュマンGM(42)と最終交渉して決別を決意した。
 即断だった。前夜まで候補を3球団に絞っていた松井秀が、エンゼルス移籍を決意した。
 1年契約で年俸は650万ドル(約5億8000万円)。今季の1300万ドル(約11億5700万円)から半減するばかりか、巨人時代の年俸さえ下回る額で合意したのは、外野復帰の希望を最優先させたからだ。
 一昨年は右、昨年は左と両ひざにメスを入れたのも守備復帰のためだった。
 「守備をやるんだ、という気持ちは一時も薄れたことはない。今はできないけど、ひざがよくなれば必ずやる。その気持ちは常にあったし、今も薄れていません」とMVPを受賞したワールドシリーズ直後のインタビューでも外野への思いを吐露。1週間前にニューヨークからロサンゼルスに入り、自主トレを開始していた。
 そんな松井秀の要求に応えたのがエ軍だった。外野にはゴールドグラブ賞を9年連続で受賞しているトリー・ハンター(34)を筆頭に、元ヤンキースのボビー・アブレイユ(35)、フアン・リベラ(31)にゲリー・マシューズ(35)とベテラン4人が在籍。それでもトニー・リーギンスGM(42)はFAとなったウラジーミル・ゲレロ外野手(34)に代わるDH兼任ながら、左翼でも積極的に起用することを前夜までに確約した。
 ただ、今オフの補強で出遅れているエ軍は、松井秀に対して返答期限を設けた。今週中にもヤ軍が条件提示をしてマネーゲームになれば不利という読みもあった。
 ニューヨークに愛着がある松井秀は、代理人のアーン・テレム氏に対して、ヤ軍のブライアン・キャッシュマンGM(42)との最終交渉を要請。同氏は「(ウインターミーティング後の)週末はのんびりする」と日曜日の夕食中だったキャッシュマンGMに電話を入れて、残留オファーの有無を尋ねた。それだけ急いでいた。長期戦を想定していた同GMのDH固定の方針は変わらず、オファーには至らなかった。
 「自分たちが条件提示の準備をする前に、エ軍が積極的にアプローチして、厳しい決断を迫ったようだ。松井は素晴らしい人間だし、移籍したら寂しくなるだろう」。7年前に巨人からゴジラを獲得した同GMは、サンケイスポーツの取材に決別を認めた。
 日付が月曜日に代わり“ダークホース”だった球団からも返答が届いた。ジェーソン・ベイ外野手(31)がFA移籍すれば左翼が空くレッドソックス。最終候補の3球団に残っていたが、レ軍はブルワーズからFAのマイク・キャメロン外野手(36)と2年契約。同地区の宿敵に移籍してヤ軍と戦うプランは消えた。
 このままヤ軍からの残留オファーを待ち続けても起用法はDH専任。外野復帰を最優先するならエ軍しかなかった。今回のFA権を取得したときの初心を貫くため、ゴジラはピンストライプを脱ぐ決断を下した。
 前夜の「テレム-キャッシュマン会談」からおよそ24時間後、米メディアが『合意』の一報を流した。舞台裏はまさしく“電撃移籍”だった。


NY各紙「サヨナラ、ヒデキ」 惜別の記事掲載
2009年12月16日 09時40分 ( 2009年12月16日 09時41分更新 )

c0019485_11151987.jpg 

ヤンキースからフリーエージェントとなり、エンゼルスとの契約に基本合意した松井秀喜外野手を取りあげたニューヨーク各紙(共同)

 【ニューヨーク共同】ニューヨークの新聞各紙は15日、ヤンキースからFAとなり、エンゼルスとの契約に基本合意した米大リーグの松井秀喜外野手を取りあげた。「サヨナラ、ヒデキ」(ニューヨーク・デーリーニューズ)、「ゴジラはディズニーランドへ」(ニューヨーク・ポスト)などの見出しを掲げた。ニューヨーク・タイムズはヤンキースでの7年間を記録や出来事で振り返る表を添えた記事を掲載した。

More
[PR]

# by azatsu0422 | 2009-12-16 11:47 | スポーツ(特集・松井秀喜)
2009年 11月 26日

救いのあるドラマであって欲しい・・・と願います。

軽い青春モノから、シリアスなテーマの映画やドラマにシフトさせる事務所の方針なのだろうと思います。派手なトレンディドラマや重厚な大河ドラマには、ビジュアル面や演技力のインパクトで起用しにくい事情があるのかも知れません。今の彼女は使いにくいポジションだと思いますが、たとえビジネス面でスベろうとも今の彼女に習作というか修行になるようなドラマを9時代という枠でプロデュースさせてしまったのであれば、事務所の気合の入り方は凄いなと思います。

正直なところ、今度のドラマは最初から観たくありません。不条理に虐められるドン底シーンばかり執拗に見せられても気が滅入るばかりです。一方、被害者・加害者にかかわらずリアルでイジメを経験した人にしてみれば、共感よりも「現実はもっと酷い」と不満に思うことでしょう。

という訳で、「ドン底シーン」はそこそこにして欲しいものです。

それよりも、いかに建設的に這い上がるか、観る側に「ありえねー」と哂わせながら、観る者の心の底で一縷の望みとなるようなリアリティを期待させる・・・といった、そんな救いのあるドラマであって欲しいです。

榮倉奈々は、あと2~3年でゴクセンみたいな教師モノがハマり役になると期待しています。彼女は運チということになっていますが、本来は相当なアスリートだと思っています。嫌味がなくてフレンドリーでスキだらけ、アツい気持ちを秘めながら根はクールなプロ気質の指導者。そんな未来的な体育会系の先生像を演じて欲しいと願っています。


榮倉奈々、いじめられ新人OLに挑戦!
2009年11月26日 08時00分 ( 2009年11月26日 10時26分更新 )

 女優、榮倉奈々(21)が1月スタートのフジテレビ系主演ドラマ「泣かないと決めた日」(火曜後9・0)で、初のOL役に挑戦することが25日、分かった。一流商社に就職した新人OLが、壮絶な社内いじめに遭う物語。榮倉は、「OLの制服を着るのは初めてなので新鮮でした」と劇中衣装を初披露。トレードマークの笑顔を封印し、耐えてはい上がる女で勝負する。
 OLドラマといえば、職場に渦巻く悪を成敗する同局系「ショムニ」が有名。ショムニでは笑いもたっぷり描かれていたが、「泣かない-」はリアルな社内いじめを真正面から描く。
 今年1月放送の同局系「メイちゃんの執事」などに代表されるように、明るいヒロインがハマリ役の榮倉が、今回は“笑顔なし”のいじめられ役だ。
 榮倉扮する主人公は、二流大学を卒業後、運良く超一流の総合商社に入社。あこがれの会社で働く日々に胸をときめかせていたが、そこは閉ざされた世界だった。
 コピーの取り違えという小さなミスをきっかけに、ストレスを抱えた上司や先輩社員からいじめの標的にされ、心身ともに追いつめられていく。
 無視や仕事上の嫌がらせ、虚偽ブログを立ち上げられてしまう“ネットいじめ”など、ゾッとするような行為の連続だ。
 橋本芙美プロデューサーは「テーマは『はい上がる女』。決してスーパーヒロインではない、等身大の新入社員が、必死にもがきながら『働くこと』『生きること』の意味を問えたら…」と重厚なテーマをアピール。「優しさ、強さ、明るさを併せ持つ榮倉さんの負けない姿が、見る人に勇気と元気を与えられる作品になると確信しています」と意気込んだ。
 1年ぶりの連ドラで初のOL役に挑む榮倉は、「OLの制服を着るのは初めてなので、ちょっと恥ずかしさもありましたが新鮮です」。続けて「今回、いじめられる役で緊張しますが、追いつめられていく中で成長していく姿を演じていけたら」と気合の表情で“健闘”を誓った。
[PR]

# by azatsu0422 | 2009-11-26 19:58 | 芸能(特集・榮倉奈々)
2009年 11月 05日

私は燃費に応じた課税に賛成です。

私は、燃費に応じた自動車税制こそ、環境対応とマクロ経済や市場の活性化、技術力の進歩、産業振興と戦略的な国際競争力を促す有効な方策と思っていました。

「燃費が悪いクルマ」という概念は、基準が流動的で普遍性が乏しく、一部のクルマを狙い撃ちにするような税制は反発もあるでしょうから、もっと包括的な仕組みにすべきと考えます。

往年のジャガー12気筒や3ローターのコスモなど、世には実用燃費が5km/Lにも満たぬ(全開で走ると2~3km/Lになるという話も・・・)劣悪な燃費でも、味わいのあるクルマがあります。一人のクルマ好きとして後世に遺したいと考えますが、今後は実用車として乗り回すべきクルマではなく、喩えれば蒸気機関車のようにマニアックな位置づけになるべきと思います。

そして、5年から10年以内といった近い将来には、実用燃費が20km/L未満の乗用車は、実用車として所有し乗り回すべきでなく、経済合理性が無いほどのコストを要するように税制で誘導すべきと考えますし、少なくとも20年後には化石燃料の内燃機関で走る乗用車の全てがそうなるようにすべきでしょう。

一人のクルマ好きとして、化石燃料の内燃機関で走るクルマは、これからも存在して欲しいと思いますが、もはや莫大なカネを持つマニアのクラシカルな収集品になるべきで、庶民が持つべきモノではないと思います。

それよりも、トラックや長距離バス、産業機械のように、トルクや大出力、長距離運転を要する車両のエンジンをどうするのか、庶民のクルマで長距離ドライブに耐える安い電気自動車が現実になるのか、気になります。少なくともバッテリーは今の延長線上では限界を感じます。蓄電できる容量と充電時間、劣化に伴う交換の負担は実用上、致命的と思います。そうなると水素を用いた燃料電池・・・位しか思い浮かびませんが、果たしてコスト・安全性・信頼性・社会インフラなど、どうなることやら・・・。



「燃費悪い車に増税検討」 峰崎財務副大臣
2009年11月5日 12時04分

 峰崎財務副大臣は5日の記者会見で、自動車関連の税制について「環境に対して悪い数値のものは、むしろ少し税を重くするのが基本的な考え方だ」と述べ、燃費が悪い車などを対象とした増税を検討することを明らかにした。峰崎氏は、自動車重量税などの暫定税率廃止に伴い、逆に重い負担も導入することで環境性能に応じた課税方法をさらに拡充する考えをにじませた。自動車業界などが反発する可能性がある。
[PR]

# by azatsu0422 | 2009-11-05 17:25 | クルマ
2009年 11月 05日

有終の美!

最高の結果で本当に良かった。感激した。涙腺が緩んだ。マツイは苦境にくじけず、あらゆる雑音にも動じず辛抱して淡々と誠実に最善を尽くし、監督やチームメイトの信頼を得て、自らのバットでヤンキースをWシリーズ制覇に導いた。マツイは人生の夢を叶えた。

いかなる賞賛の言葉を尽くしても言い足りない。

良かった。本当に良かった。これまでの試練を思い起こすと・・・涙腺が緩む。

何てドラマチックなんだろう・・・。マツイと同じ時に生きていられて、誇りに思う。


松井秀、大活躍でMVPに ヤンキース、9年ぶり優勝 
2009年11月5日 14時07分 ( 2009年11月5日 14時52分更新 )

c0019485_16441441.jpg フィリーズを破ってワールドシリーズ優勝を果たし、喜ぶ松井秀(右から3人目)らヤンキースの選手たち=4日、ヤンキースタジアム(共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制=4戦先勝)は4日、ニューヨークのヤンキースタジアムで第6戦が行われ、ヤンキース(ア・リーグ優勝)が松井秀喜外野手の6打点の活躍で2連覇を狙ったフィリーズ(ナ・リーグ優勝)を7―3で下し、4勝2敗で9年ぶり27度目のワールドチャンピオンに輝いた。松井秀は、同シリーズで日本選手初の最優秀選手(MVP)に選ばれた。

<大リーグ>ヤンキースがWシリーズ優勝 松井秀がMVPに
2009年11月5日 13時52分 ( 2009年11月5日 14時04分更新 )

 【ニューヨーク小坂大】米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は4日、当地のヤンキースタジアムでヤンキース(ア・リーグ)とフィリーズ(ナ・リーグ)の第6戦が行われ、ヤンキースが松井秀喜(35)の1試合3安打6打点の活躍で7―3とフィリーズを降し、通算4勝2敗として9年ぶり27回目の優勝を果たした。松井秀はワールドシリーズ通算打率6割1分5厘、打点8の活躍で日本人初の最優秀選手(MVP)に選ばれた。松井秀の1試合6打点は、1960年のボビー・リチャードソン(ヤンキース)に並ぶワールドシリーズ・タイ記録。

 ◇松井秀、1試合6打点…Wシリーズ・タイ記録

 ヤンキースは第3戦から中3日の左腕ペティット、フィリーズは右腕マルティネスの両ベテラン投手が先発した。松井秀は二回無死一塁で迎えた第1打席に今シリーズ3本目、プレーオフ4本目の本塁打となる右越え2ランを放った。

 フィリーズは三回、1点を返した。ヤンキースは三回2死満塁から松井秀が2点適時中前打を放った。五回にはテシェイラの中前適時打、松井秀の右中間2点適時二塁打で3点を加点。フィリーズは六回、ハワードの左越え2点本塁打で2点を返した。ヤンキースは守護神・リベラを投入し、逃げ切った。

 松井秀はプロ野球・巨人からヤンキースに移籍した03年以来2度目のワールドシリーズ出場で7年目にして悲願の世界一に輝いた。

 ▽松井秀喜の話 最高ですね。この日のため1年間頑張ってきた。自分でも納得です。(MVPに)夢みたいです。長かったですね。どんなときも野球がしたい、いいプレーしたいとやってきた。つらいときはなかった。

More
[PR]

# by azatsu0422 | 2009-11-05 14:12 | スポーツ(特集・松井秀喜)
2009年 06月 11日

事務所による絶妙なアレンジ。

榮倉奈々の仕事は絶妙にコントロールされていると思います。事務所のマネジメントがしっかりしていて、榮倉奈々がキチンと応えているのだろうな、と思います。


“幸運の女神”榮倉奈々がロッカトレンチPVに出演「ちょっと照れた」=Fj
2009年6月11日 14時07分

c0019485_16191389.jpg女優の榮倉奈々が、フジテレビ系ドラマ「メイちゃんの執事」(今年3月まで放送)の主題歌を手掛け話題を集めたロックバンド、ROCK’A’TRENCH(ロッカトレンチ)のミュージックビデオに初出演することが分かった。(サーチナ&CNSPHOTO)

 女優の榮倉奈々が、フジテレビ系ドラマ「メイちゃんの執事」(今年3月まで放送)の主題歌を手掛け話題を集めたロックバンド、ROCK’A’TRENCH(ロッカトレンチ)のミュージックビデオに初出演することが分かった。曲は6月24日発売の「真夏の太陽」。
 榮倉のミュージックビデオ出演が実現したのはこれまでの彼らとの関係にある。ロッカトレンチが提供し、100万ダウンロードを超える大ヒットを記録した楽曲「My SunShine」は「メイちゃんの執事」の主題歌であり、このドラマでは榮倉が主演を務めている。最新曲「真夏の太陽」では、清涼飲料水「C1000レモンウォーター」(ハウスウェルネスフーズ)のCM曲に起用され、現在放送されているが、このCMキャラクターとして出演をしているのが偶然にも榮倉なのだ。
 ロッカトレンチからすれば、榮倉は大ヒットに押し上げた「幸運の女神」と言ったところだ。ともなれば「幸運の女神」に寄り添ってもらいたいのは本音の部分。ロッカトレンチが榮倉にコラボレーションを持ち掛け、CDジャケットとミュージックビデオの出演が実現した。榮倉がCDジャケットのアートワークに起用されることも、ミュージックビデオに出演する事も初の試みだ。
 CDジャケットには、サーフボードに乗った榮倉を水中から狙ったショットを採用。マーメイド(人魚)感溢れる榮倉越しに真夏の太陽がキラキラ輝く幻想的なアートワークに仕上がっている。撮影は都内のプールのあるスタジオで行われ、榮倉はサーフボードに初挑戦した。不安定なボードでの撮影に、榮倉は怖がりながらも奮闘。なんとか撮影を乗り切ったという。
 また、ミュージックビデオのテーマは「はじける光と水しぶき」。随所にハイスピードカメラを使った撮影で、榮倉のはじける演技にシンクロしてスローモーションではじけ飛ぶ水しぶきにキラキラまぶしく反射する光が、まさに真夏の太陽を表現。榮倉奈々とロッカトレンチの爽快感あふれるイメージにぴったりのミュージック・ビデオに仕上がった。
 榮倉は「ロッカトレンチさんは以前私が出演していたドラマの主題歌を歌っていただいたので、勝手にステキなご縁を感じています。とても丁寧で気さくなロッカトレンチさんとお仕事ができてありがたく思います。撮影はハイスピードカメラを使用したり、ドラマや映画の現場とはまた違う雰囲気の中進んでいたので、ちょっと照れ臭い感じもしました。でもきっと!ステキな作品になってると思うので、たくさんの方に届いてほしいです」撮影を振り返っている。
 一方のロッカトレンチはボーカル山森大輔が「榮倉奈々さんとの2回目のコラボレーションが出来てとても嬉しいです。撮影当日は気温が低く、水に濡れる過酷な環境だったのですが、榮倉さんは全く寒そうなそぶりを見せず、キラキラ輝いた演技をしてくれました。特に極寒の中、アイスキャンディを美味しそうに食べる姿は、逆に鬼気迫るほどの役者魂を感じました。けれど普段の姿は一転して、周りを幸せにする笑顔いっぱいの女の子で、そのギャップに現場の人間はみんな魅了されました。いつかまた共演できることを楽しみにしています」と満足気だ。
 このロッカトレンチの新曲「真夏の太陽」は、6月24日にシングルとして発売される。また7月22日には待望の 1stアルバム「ACTION!」をリリースすることが決定しているほか、今年は数多くの夏フェス・イベントへの参加と、秋の全国ワンマンツアーが決定している。(情報提供:Fj・meVIEWsa radio)
[PR]

# by azatsu0422 | 2009-06-11 16:19 | 芸能(特集・榮倉奈々)