ボロは着れども心は錦。

pkitm.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 14日

株主代表者訴訟をにらんだ、つばぜり合い?

法律に違反しないのか?その2

teshape_p氏が技術的な解説を早速、調べていますが、堀江社長や村上氏が株主代表者訴訟をチラつかせて来ると想像できます。あとは訴訟を起こすだけの「役員が会社に損害を与えた」という事実を巡っての「つばぜり合い」が続くだろう思います。世論が疲れなければ良いのですが…。

ただ、これは堀江社長、日枝会長の双方とも「想定内」の展開だと思いますし、最低この程度のつばぜり合いをした上でなくては、対等な立場での和平交渉が出来ないということでしょう。

堀江社長は最初の段階でケンシロウのように「もはやニッポン放送(&フジテレビ)は詰んでいる」と、自信満々で「乗っ取り」を宣言していましたが、堀江社長に想定「外」があったとすれば、「ニッポン放送を通じたフジテレビの乗っ取り」から「提携」になりつつあることかも知れません。

しかし、そんな冷やかしを言いたいわけでなく、私としては新旧双方の良い部分が相乗効果になって成功して欲しいと思います。そして、成功の勢いでNHKを買収して民営化させて(受信料を廃止して)欲しいと思います。
[PR]

by azatsu0422 | 2005-03-14 16:01 | 経済


<< 本丸はフジ      株主代表者訴訟をにらんだ、つば... >>